自動車大手とネット家具店は「Slack」で社内の信頼関係をどう築いたかFordやWayfairも効果を実感

ビジネス界のリーダーたちは言う。社員間の信頼を築きコラボレーションを支援するため、企業の経営陣はコラボレーションツールの「Slack」を導入すべきだと。

2019年08月09日 05時00分 公開
[TechTarget]
画像 《クリックで拡大》

 Slack Technologiesの「Slack」は一般的な職場向けのメッセージングおよびコラボレーションツールだ。これを使用すると組織間、グループ間、さらには会社とサプライヤー/パートナーとの間のオンラインチャットができる。Slackはチームが製品戦略やその他の問題を非公式に議論するのに役立つ。ただしCEOなど企業幹部は、そのチャットに参加するのをためらうことがある。

Slackの効果的な使い方

 2019年4月にSlack Technologiesが開催したカンファレンス「Frontiers 2019」で、大手自動車メーカーFord Motorと家庭向け家具販売サイトを運営するWayfairの経営幹部は、従業員がSlackの使用に前向きになる方法と、Slackを効果的に使用する方法について説明した。

 Fordのエグゼクティブモビリティディレクターであるラウル・シン氏によると、同社ではSlackを導入したことで、より活気のある職場が生まれた。シン氏は「従業員は、異なる地域やチームをまたがって、これまでになかった方法でつながっている」と説明する。

 Slackのチャンネルに参加することで「チームがさまざまなことで苦労していることを知ることができる」とシン氏は述べる。「チャンネルにアクセスできないと重要なものを見逃してしまい、その間に他の人が先にその価値を知ることになる」(同氏)

 より快適にSlackを使用できた方がいいのは、幹部チームも同様だ。「幹部チームへのSlackの導入はまだ進行中だが、間もなく完了する」とシン氏は述べる。

 Slackのシニアカスタマーサクセスマネジャーでパネルディスカッションのモデレーターを務めたシェリー・ローゼンクランツ氏は、幹部が最初にSlackを使い始めるときに戸惑いを感じる可能性を指摘する。チャンネルに参加してメッセージが表示されたら、返信すべきなのかどうか、といった戸惑いだ。

 他のメッセージングツール同様に、絵文字はSlackのチャンネルでもよく使用されている。これを幹部が使うのは抵抗があると、ローゼンクランツ氏は言う。「ダンスペンギン絵文字はどのような場合に使用するのか――といった疑問が浮かぶ」(同氏)

「AMA」を使用した経営陣の信頼関係の構築

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。