2019年09月27日 05時00分 公開
特集/連載

Azureバックアップの純正とサードパーティー比較【前編】Microsoft純正のAzureバックアップサービス「Azure Backup」の利点と注意点

「Microsoft Azure」のバックアップならば、まずMicrosoftの純正バックアップサービス「Azure Backup」を検討するのは一つの考え方だ。ただし、あらゆる状況に最善の選択肢というわけではない。

[Brien Posey,TechTarget]
画像

 Microsoftの「Azure Backup」はクラウドのバックアップサービスだ。これを同社のクラウドサービス「Microsoft Azure」(以下、Azure)にあるデータの保護に使用できる。同社はサードパーティーが提供するオンプレミスのバックアップ製品やクラウドベースのバックアップサービスの代わりとして、Azure Backupを市場に送り出している。

Azure Backupのメリット

 Azure Backupを使う主なメリットは、これがMicrosoftのさまざまな製品やクラウドサービスをバックアップするためにMicrosoftが提供しているサービスだという点にある。ただしAzure Backupは「Linux」の保護にも利用できる。Microsoftの製品/サービスは、Azureのクラウド環境やオンプレミスで運用されている場合が少なくない。同社は恐らくどの企業よりも、自社のサービスで運用されている自社の製品/サービスを保護する最善の方法を認識している。同社が開発したという点において、Azure Backupを検討する価値がある。

 もう一つのメリットは、Azure Backupはサービスとして提供されるため、利用した分だけ課金されるという点だ。そのため、高額なライセンス料がかかるサードパーティーのAzureバックアップ製品/サービスと比べれば魅力的な選択肢となる。

Azure Backupのデメリット

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...