2019年10月03日 05時00分 公開
特集/連載

Azureのサードパーティーバックアップ製品を賢く選ぶなら検討すべき5項目Azureバックアップの純正とサードパーティー比較【後編】

Microsoft Azureのデータをバックアップするなら、サードパーティーのAzureバックアップ製品/サービスにも豊富な選択肢がある。ただし、できることとできないことをよく見極める必要がある。

[Brien Posey,TechTarget]
画像

 Microsoftのクラウドサービス「Microsoft Azure」(以下、Azure)のバックアップには、同社純正サービス「Azure Backup」の代わりにサードパーティーの製品/サービスを使うこともできる。前編「Microsoft純正のAzureバックアップサービス『Azure Backup』の利点と注意点」に続き、後編となる本稿はサードパーティーのAzureバックアップ製品/サービスにスポットを当てる。

 こうしたサードパーティーのAzureバックアップ製品/サービスは、利用できる機能が製品/サービスごとに異なることに注意が必要だ。中には、Azureをバックアップのターゲットにすることはできても、Azureのリソースを保護する機能が十分ではない製品/サービスもある。

 サードパーティーのAzureバックアップ製品/サービスを探す最善の方法の一つは、オンラインマーケットプレースの「Azure Marketplace」で検索することだ。Cohesity、Veeam Software、Veritas Technologiesなど、著名なバックアップベンダーの多くは、Azure MarketplaceにAzureバックアップ製品/サービスを公開している。

検討すべき5要素

 サードパーティーのAzureバックアップ製品/サービスを評価する際は、以下の5つの要素を検討する。

ITmedia マーケティング新着記事

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...