2019年11月28日 05時00分 公開
特集/連載

全てオープンソースで提供「TensorFlow Enterprise」の実力とは? Googleが企業のAI活用を支援

Googleの新しい「TensorFlow Enterprise」(β版)は、「Google Cloud Platform」に最適化された「TensorFlow」ディストリビューションを長期サポートと共に企業に提供する。

[Mark Labbe,TechTarget]
画像 《クリックで拡大》

 Googleは2019年10月、人工知能(AI)技術をビジネスに利用する企業のニーズに応えるため、オープンソースの機械学習(ML)ライブラリ「TensorFlow」をベースにした新サービス「TensorFlow Enterprise」(β版)をリリースした。同社のクラウドサービス群「Google Cloud Platform」(GCP)の一サービスという位置付けだ。

 TensorFlow Enterpriseは企業向けのサポートやマネージドサービスを提供し、ソフトウェア開発を加速させるとともに、AIアプリケーションの信頼性を確保する。TensorFlowは、Googleが2015年にオープンソース化したもので、AI業界で広く使われている。

 TensorFlow Enterpriseは、GCPに最適化されたTensorFlowディストリビューション「TensorFlow Enterprise Distribution」を長期サポートと共にユーザー企業に提供する。

 TensorFlow Enterprise Distributionには、カスタムビルドされたTensorFlowバイナリと関連パッケージが含まれる。TensorFlow Enterprise Distributionの各バージョンは、TensorFlowの特定のバージョンをベースに作成される。このディストリビューションに含まれるパッケージは、全てオープンソースで提供されている。TensorFlow Enterprise Distributionの各バージョンは3年間にわたって、セキュリティパッチと重要度の高いバグ修正を提供する。

 AI技術をビジネスの中心に据える顧客向けに、TensorFlow Enterpriseには最上級のサポートを提供する「ホワイトグローブサービス」というサービスも用意されている。このサービスでは、GoogleのGCP、TensorFlowチームのエンジニアが、ユーザー企業のエンジニアを支援する。

「3年間サポートがTensorFlowの企業導入を促進する」と専門家

ITmedia マーケティング新着記事

news135.jpg

LINE広告ネットワークで「動画リワード広告」の提供を開始
新たな広告収益源の創出に加え、インセンティブ付与によるアプリ内の活性化も促進。

news102.jpg

福田康隆氏がアドビ退社後初めて語ったB2Bマーケティング&セールスと自身の「これから」の話
アドビ システムズ専務執行役員の座を退いた福田康隆氏が新天地ジャパン・クラウドで再始...

news084.jpg

「応援消費」についてジャパンネット銀行が調査 共感できるものにお金を使いたい人が6割
人や企業、地域などを応援する目的の「応援消費」に関する調査です。