2019年11月28日 05時00分 公開
特集/連載

「TensorFlow Enterprise」の実力とは? Googleが企業のAI活用を支援全てオープンソースで提供

Googleの新しい「TensorFlow Enterprise」(β版)は、「Google Cloud Platform」に最適化された「TensorFlow」ディストリビューションを長期サポートと共に企業に提供する。

[Mark Labbe,TechTarget]
画像 《クリックで拡大》

 Googleは2019年10月、人工知能(AI)技術をビジネスに利用する企業のニーズに応えるため、オープンソースの機械学習(ML)ライブラリ「TensorFlow」をベースにした新サービス「TensorFlow Enterprise」(β版)をリリースした。同社のクラウドサービス群「Google Cloud Platform」(GCP)の一サービスという位置付けだ。

 TensorFlow Enterpriseは企業向けのサポートやマネージドサービスを提供し、ソフトウェア開発を加速させるとともに、AIアプリケーションの信頼性を確保する。TensorFlowは、Googleが2015年にオープンソース化したもので、AI業界で広く使われている。

 TensorFlow Enterpriseは、GCPに最適化されたTensorFlowディストリビューション「TensorFlow Enterprise Distribution」を長期サポートと共にユーザー企業に提供する。

 TensorFlow Enterprise Distributionには、カスタムビルドされたTensorFlowバイナリと関連パッケージが含まれる。TensorFlow Enterprise Distributionの各バージョンは、TensorFlowの特定のバージョンをベースに作成される。このディストリビューションに含まれるパッケージは、全てオープンソースで提供されている。TensorFlow Enterprise Distributionの各バージョンは3年間にわたって、セキュリティパッチと重要度の高いバグ修正を提供する。

 AI技術をビジネスの中心に据える顧客向けに、TensorFlow Enterpriseには最上級のサポートを提供する「ホワイトグローブサービス」というサービスも用意されている。このサービスでは、GoogleのGCP、TensorFlowチームのエンジニアが、ユーザー企業のエンジニアを支援する。

「3年間サポートがTensorFlowの企業導入を促進する」と専門家

ITmedia マーケティング新着記事

news156.jpg

サイロ化の現実 75%の企業は部門間が連携せず、むしろ競争関係にある――Accenture調査
デジタル変革(DX)における不十分な事業部間連携は業績低下につながるというAccentureの...

news052.png

ゲーム業界がコロナ禍でTwitterを活用したコミュニケーションに注力した理由
コロナ禍において「巣ごもり消費」が拡大し追い風が吹いているといわれるゲーム業界だが...

news139.jpg

コロナ禍の観光に見える20の兆しとは? TBWA HAKUHODOなどが「観光復興ガイド」を公開
SNS上の旅行に対する価値観の激しい変化を分析し、そこから見えた20の新たな兆しとその後...