2020年02月20日 05時00分 公開
特集/連載

「マイクロサービスアーキテクチャ」アプリ開発者が重視すべき3項目とは?柔軟なシステム構築を支える

「マイクロサービスアーキテクチャ」に基づくアプリケーションを開発する際、重視すべきこととは何だろうか。主要な3つの項目を紹介する。

[Clive Longbottom,TechTarget]

 独立性の高い小規模のサービス(マイクロサービス)を組み合わせる「マイクロサービスアーキテクチャ」に基づいたアプリケーション(以下、マイクロサービスアプリケーション)開発では、アプリケーション全体を一度に作成してプロビジョニング(本番環境に配備)することはない。特定の機能を実現するマイクロサービスを必要に応じて組み合わせるので、モノリシック(巨大な一枚岩)のアプリケーションよりも簡単に機能を追加したり更新したりできる。

 マイクロサービスアーキテクチャのメリットは自動的に生まれるわけではない。メリットを引き出すためには、以下の3つの項目を重視する必要がある。

  1. 包括的なディレクトリ
  2. マイクロサービスの容易な入れ替え(会員限定)
  3. 旧バージョンとの互換性の確保(会員限定)

1.包括的なディレクトリ

 開発者は、全てのマイクロサービスを包括するディレクトリを設ける必要がある。このディレクトリに含めるマイクロサービスは、オンプレミスかクラウドかを問わない。開発ツールはこのディレクトリと連携し、各マイクロサービスを拡張機能のように利用できるようにしなければならない。これを可能にするプロビジョニングツールの例としてはサーバ設定管理ツール「Puppet」、継続的インテグレーション(CI)ツール「Jenkins」、ソースコード管理ツール「GitLab」などがある。

 必要なマイクロサービスを適切なタイミングで利用できるようにするオーケストレーション機能も必要だ。プロビジョニングツールの中にはオーケストレーション機能を持つものがある。コンテナオーケストレーションツール「Kubernetes」のようなオーケストレーションに主眼を置いたツールの導入を検討するとよいだろう。

2.マイクロサービスの容易な入れ替え

ITmedia マーケティング新着記事

news014.jpg

マーケティング担当者を消耗させる「商品情報」の取り扱い どうすれば解決できる?
デジタルマーケティングに携わる人にとって頭痛の種になりがちなのが、商品情報に関する...

news165.jpg

日本のデジタル広告はビューアビリティーが低くフラウド率が高い――IAS調査
日本におけるモバイルWeb環境のアドフラウド率はディスプレイで2.3%、動画で2.9%に達し...

news010.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。