2020年05月29日 05時00分 公開
特集/連載

新型コロナウイルス感染拡大でも急成長する“あのクラウド”とはクラウドニュースフラッシュ

国内の企業は、重要なシステムにどのくらいパブリッククラウドを使用しているのか。新型コロナウイルスの感染が拡大する中でもクラウド市場が成長を続ける理由は。クラウド関連のニュースを紹介する。

[上田 奈々絵,TechTargetジャパン]

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大は、クラウド市場にどのような影響をもたらしたのか。市場調査結果や感染症対策を支援するためのクラウドサービス導入事例など、クラウドに関する主要なニュースを6本取り上げる。

IaaS/PaaSの国内市場規模は2024年に1兆円超に 富士キメラ総研が予測

 同社は2019年のIaaS(Infrastructure as a Service)とPaaS(Platform as a Service)の国内市場規模を5963億円と見込む。既存ユーザーのリソースの拡張、「Windows Server 2008」のサポート終了に伴うオンプレミスからの移行といった需要が特に高まっているという。IaaSとPaaSは比較的小規模な初期投資で導入が可能なことから、機械学習やIoT(モノのインターネット)などの新技術を導入する際のITインフラとしての需要が高まると同社は指摘。2024年にIaaSとPaaSの市場規模が合わせて1兆3769億円に成長すると予測している。同社はこれらの結果を市場調査レポート「データセンタービジネス市場調査総覧 2020年版 市場編/ベンダー戦略編」にまとめた。(発表:富士キメラ総研<2020年4月21日>)

コロナ禍でもクラウド市場は拡大、3大ベンダー以外の“ニッチクラウド”が急成長

ITmedia マーケティング新着記事

news156.jpg

サイロ化の現実 75%の企業は部門間が連携せず、むしろ競争関係にある――Accenture調査
デジタル変革(DX)における不十分な事業部間連携は業績低下につながるというAccentureの...

news052.png

ゲーム業界がコロナ禍でTwitterを活用したコミュニケーションに注力した理由
コロナ禍において「巣ごもり消費」が拡大し追い風が吹いているといわれるゲーム業界だが...

news139.jpg

コロナ禍の観光に見える20の兆しとは? TBWA HAKUHODOなどが「観光復興ガイド」を公開
SNS上の旅行に対する価値観の激しい変化を分析し、そこから見えた20の新たな兆しとその後...