2020年06月03日 05時00分 公開
特集/連載

「新型コロナでのデータ分析ツール無料化は無意味」と考える専門家の言い分新型コロナとデータ分析【後編】

世界的な被害をもたらしている新型コロナウイルス感染症に対抗するため、さまざまなデータ分析ツールベンダーが分析に役立つツールやデータを提供している。こうした取り組みに懐疑的な専門家もいる。それはなぜか。

[Eric Avidon,TechTarget]

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大を受け、状況を把握するための支援策として、さまざまな分析ツールベンダーがデータ分析に役立つリソースを提供している。前編「新型コロナでTableau、SAS、Qlikが無料提供したデータ分析ツールとは?」はTableau Software、SAS Institute、Qlik Technologiesの取り組みを紹介した。

 他にもログ分析ツールベンダーSplunkは、インストール不要の分析ダッシュボードを公開している。Google傘下でデータ分析モデルのコンペティションサイトを運営するKaggleは、情報提供用のWebページを作成した。グラフデータベースベンダーのTigerGraphは、新型コロナウイルス感染症に対抗する企業向けに自社サービスを無償提供している。

 このような分析ツールベンダーによる取り組みにもかかわらず、新型コロナウイルス感染症の拡大を実際に遅らせ、阻止する上でこうしたベンダーが果たす役割について、アナリストは懐疑的だ。

専門家による“納得”の言い分

ITmedia マーケティング新着記事

news153.jpg

「広告をきっかけにアプリをダウンロード」 回答者の46%――Criteo調査
コロナ禍におけるアプリユーザー動向調査レポート。日本のモバイルアプリユーザーはコン...

news088.jpg

「ウェビナー疲れ」 参加経験者の約7割――ファストマーケティング調べ
ウェビナーに参加する目的や参加頻度など、ウェビナー参加者の最新動向に関する調査です。

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...