IoTデバイスで「IEEE 802.11」無線LANを採用すべき理由と、注意すべき限界「IEEE 802.15.4」の方が適している場合も

IoT(モノのインターネット)デバイスの通信手段として、低コストでの通信を可能にする無線LANが広く利用されている。ただし、その通信範囲や消費電力には課題がある。

2020年06月03日 05時00分 公開
[Paul NikolichTechTarget]

関連キーワード

IEEE | IoT(Internet of Things) | 無線LAN


 IoT(モノのインターネット)デバイスの導入が急速に進み、新技術と旧技術の融合が課題となる中、「IEEE 802.11 Standard」準拠の無線LANはシンプルで安価な通信手段になっている。IEEE 802.11 Standardは、無線LANのOSI参照モデルの物理層と、データリンク層の一部であるメディアアクセス制御層のさまざまな技術を定義した規格群だ。

 広く普及しているIEEE 802.11 Standard準拠の通信モジュールは、コストが非常に低いため、センサーなどのIoTデバイスの安価な通信手段として採用されている。ネットワーク接続型のサーモスタット(温度を一定に保つための自動調節器)や防犯カメラ、電気・ガス・水道メーター、生体センサーなど、さまざまなIoTデバイスがIEEE 802.11 Standardに準拠した通信モジュールを組み込んでいる。

 IEEE 802.11 Standardは、デバイスが通信前に、同じ周波数帯で既に電波を発信しているデバイスがあるかどうかを確認する「Listen Before Talk」(LBT)の仕組みを採用。効率的な周波数帯の利用を実現している。

IoTデバイスでの無線LAN利用には限界も

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

メッシやベリンガム、ヴィルツも登場 アディダスが世界で展開する豪華過ぎるサッカー推しキャンペーンの中身
Adidasが夏のサッカーシーズンに向けて新キャンペーンを世界各地で展開する。デビッド・...

news058.jpg

Web広告施策に課題を感じている企業は9割以上――リンクアンドパートナーズ調査
企業のWeb広告施策を推進している担当者約500人を対象に、課題と今後の取り組みについて...

news183.jpg

TikTokマーケティングの最適解へ スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団M2DKと業務提携
スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団であるM2DKと業務提携。生活者に向けて訴求...