2021年01月19日 05時00分 公開
特集/連載

AI×データプライバシーが実現する「異常検出」「応対自動化」「消費者知識の強化」とはプライバシー保護にAIを生かす【第4回】

データプライバシー管理に関わる業務を効率化し得るのがAI技術だ。どのような用途があるのか。

[George Lawton,TechTarget]

 データへのアクセス権限を誰が所有するか、誰がそのアクセス権限を認定するかといった「データプライバシー」の管理ツールは、機械学習をはじめとするAI(人工知能)技術をさまざまな用途で役立てることができる。第3回「AI×データプライバシーの主な用途『データ特定』『フェデレーテッドラーニング』とは?」に続き、AI技術を活用したデータプライバシー管理ツールの具体的な用途を紹介する。

  1. データの特定(第3回で紹介)
  2. フェデレーテッドラーニング(第3回で紹介)
  3. 異常な挙動の検出
  4. 応対の自動化
  5. 消費者の知識の強化

3.異常な挙動の検出

 AIモデルは、機械学習によって通常の挙動を認識し、異常を検出できるようになる。データプライバシー管理ツールはAIモデルのこうした特性を生かして、センシティブなデータへのアクセスに対する監視を強化できる。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

ファイザーCEOが語る企業文化 コロナ禍から世界を救う製薬会社が重視する4つのコアバリュー
新型コロナウイルスワクチンの開発で一躍脚光を浴びることとなったファイザー。不可能を...

news012.jpg

「マーケティングオートメーション」 売れ筋TOP10(2021年5月)
2021年5月も国内マーケティングオートメーション(MA)市場は順調に成長しています。「Sa...

news035.jpg

日本のエンターテインメント&メディアビジネスが「サブスク」の時代に生きる道とは?
メディアの時代からコンテンツの時代へ。コロナ後のエンターテインメント&メディア業界...