2021年01月18日 05時00分 公開
特集/連載

「Chromeをアップデートしないで」――Salesforce“異例のお願い”の真相「混合コンテンツ」による問題の回避策

Webブラウザ「Chrome」で発生する問題の回避策として、Salesforceが示した手段は非難を浴びた。それは「Chromeのアップデート適用を見送ること」だ。Salesforceはなぜ“異例の助言”をしたのか。その後の行動は。

[Arielle Waldman,TechTarget]

 Salesforce(salesforce.com)は「混合コンテンツ」(mixed content、「混在コンテンツ」とも)の問題に関する情報発信で迷走している。混合コンテンツとは、エンドユーザーとWebサーバ間の通信が「HTTPS」で暗号化されているWebサイトにおいて、平文の「HTTP」通信でやりとりされているコンテンツを指す。

 GoogleのWebブラウザ「Chrome」が混合コンテンツをブロックすることで発生する問題を受け、Salesforceは「Chromeの最新アップデートの適用を見送るか、旧バージョンにロールバックすること」を推奨した。

 アプリケーションセキュリティエンジニアのイアン・キャロル氏は2020年12月7日、ミニブログ「Twitter」で、Salesforceの示した回避策に疑問を呈した。「Salesforceは混合コンテンツを理由にChromeを古い状態にしておくようエンドユーザーに勧めている。これはひどい助言だ」とキャロル氏はツイート(書き込み)をした。

なぜSalesforceは“異例の助言”に踏み切ったのか

ITmedia マーケティング新着記事

news089.png

中小企業のDX支援へ「HubSpot CRM」と「Eight 企業向けプレミアム」が機能連携
名刺情報をコンタクト情報と同期させることでユーザー企業は社員が個別に蓄積してきた名...

news065.jpg

「E-Waste」最新事情 国民一人当たりで最も多くの電子廃棄物を排出しているのは?
マーケターの頭の片隅を刺激するトピックをインフォグラフィックスで紹介。

news154.jpg

「不祥事によって購入・利用意向が下がる」 回答者の6割以上――ネオマーケティング調査
20〜69歳の男女1000人に聞いた、広報のリスク管理に関する調査の結果です。