Microsoft 365管理者が「Teams」導入前に検討すべきチェックポイントMicrosoft 365ユーザー向け「Teams」基礎ガイド【後編】

「Microsoft 365」のユーザー企業が「Microsoft Teams」を利用する際、IT管理者が考える必要のあることとは何か。長期的な利用を踏まえた場合の主要なチェックポイントを解説する。

2021年01月19日 05時00分 公開
[Reda ChouffaniTechTarget]

 ユニファイドコミュニケーション(UC)ツールの「Microsoft Teams」(以下、Teams)のライセンスは、サブスクリプション形式の製品・サービス群「Microsoft 365」のどのプランに含まれているのか。Microsoft 365の各プランで利用できるTeamsの機能はどう違うのか。少し分かりにくいこれらの要点は、前編「『Microsoft 365』を契約すれば『Teams』を使えるのか? プランによる違いは?」に簡単にまとめている。

 Teamsの導入を検討する際にもう一つ注目したいのは、IT管理者向けの機能だ。本稿はMicrosoft 365の法人向けプランでTeamsを利用する際に発生するIT管理者の役割を考察する。

Teamsを扱うIT管理者が注意すべきこと

 既に述べた通り、無料版のTeamsでもコラボレーションのニーズの一部はかなえられる。ただし企業が長期的に利用するには、Teamsの展開に必要なデータガバナンスと権限管理についてIT管理者がよく理解しておくことが必要だ。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...