2021年01月19日 05時00分 公開
特集/連載

「Logic Apps」「Pub/Sub」――SaaS連携に使えるMicrosoftとGCPの主要ツールAWS、Azure、GCPの「SaaS連携ツール」の違い【中編】

MicrosoftやGoogleは、SaaS連携のためにどのようなツールを提供しているのか。両社の主要ツールとそれらの特徴を説明する。

[Ernesto Marquez,TechTarget]

 複数のSaaS(Software as a Service)間でデータを安全に転送するための手段に「SaaS連携ツール」がある。Amazon Web Services(AWS)のSaaS連携ツールを紹介した前編「『Amazon AppFlow』『Amazon EventBridge』の基礎 AWSの2大SaaS連携ツール」に続き、中編はMicrosoftとGoogleが提供するSaaS連携ツールを説明する。

MicrosoftのSaaS連携ツール

 Microsoftの製品やサービスを使用する企業は、同社のクラウドサービス群「Microsoft Azure」のSaaS連携ツール「Logic Apps」を使用して、Salesforce(salesforce.com)のSaaS群やGitHub(Microsoftが買収)の同名ソースコード共有サービスなどと連携させることができる。Logic AppsにはMicrosoft製だけでなく、サードパーティー製アプリケーションと連携させるための数百種類のコネクターがある。こうしたコネクターはAzure向けアプリケーションのマーケットプレース「Azure Marketplace」から入手できる。

 Logic Appsはイベントをトリガーにして機能する。開発者はスケジュールやポーリング(周期的な問い合わせ)の間隔、SaaSの動作に基づいてトリガーを作成できる。Azureは認証や認可のためにMicrosoftのID管理サービス「Azure Active Directory」(Azure AD)を利用する。そのためAzureのユーザー企業はLogic AppsとAzure ADの組み合わせで、SaaSの認証と認可の仕組みを一元管理できる。

Google Cloud PlatformのSaaS連携ツール

 Googleのクラウドサービス群「Google Cloud Platform」(GCP)は、SaaSの連携に特化したツールを用意していない。Googleが同様の用途でIT部門に使用を推奨するのは、メッセージキューサービス「Pub/Sub」だ。Pub/SubはSaaSから「メッセージ」(プログラムが他のプログラムに送信するデータ群)を受信して、あらかじめ設定した処理をGCP内外で実行するためのシステムを作成できる。

 Pub/Subを使えば、GCPでホストするアプリケーションをSaaSと連携させることは可能だ。ただしPub/SubはSaaSの連携に特化したツールではないことに注意する必要がある。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news144.jpg

動画の重要性 「増している」が85% 動画コンテンツの内製化率は前年比倍増――アライドアーキテクツ調査
アライドアーキテクツが「企業のDX推進における動画活用の実態調査 2021」を実施。デジタ...

news066.jpg

これもアマゾンエフェクト? 米国で激減するあの人名の話
マーケターの頭の片隅を刺激するトピックをインフォグラフィックスで紹介。

news154.jpg

電通「2020年 日本の広告費」 総広告費は大幅減でもインターネット広告費は成長を維持
2020年の日本の総広告費は6兆1594億円で前年比88.8%。東日本大震災があった2011年以来9...