2019年01月29日 05時00分 公開
特集/連載

これから必要な統合運用管理の方法アプリ統合を楽にする「iPaaS」、主要ベンダーの特徴と製品選びのポイントは?

ハイブリッドクラウドのアーキテクチャが広がるのに伴い、アプリケーションやデータの統合に有用な製品へのニーズが高まっている。iPaaSがその助けになる可能性がある。

[Kenneth Milberg,TechTarget]
画像

 アプリケーションがオンプレミスとクラウドにまたがる複雑なシステム環境の導入が進む中、一部の企業はシステム環境の複雑さを緩和するためにiPaaS(integration Platform as a Service:インテグレーションPaaS)製品を検討している。

 iPaaS製品は、データマッピング機能や構成済みのコネクターなどから成る、クラウド型のツールを集めたスイート製品の総称だ。企業はiPaaS製品によってフローを統合し、アプリケーションをクラウドやオンプレミスのどこで利用しているかを意識しなくてもよい環境を構築できる。iPaaSの最大のユーザーは、ハイブリッド化した複雑な環境においてアプリケーションを統合する必要がある大企業やB2Bのビジネスを展開する企業だ。大学もiPaaS製品の大口ユーザーになる。大学ではレガシーシステムにおいてITアーキテクチャが混在することあるためだ。

 企業はiPaaS製品の導入に踏み出す前に、それに伴う潜在的なメリットと注意点を慎重に検討することが不可欠だ。ここではiPaaS製品選びのポイントと、MuleSoft、Dell Boomi、SAPといった主要ベンダーについて紹介する。

ITmedia マーケティング新着記事

news033.jpg

社名に「令和」を含む企業は全国で何社ある?――東京商工リサーチ調べ
即位礼正殿の儀を前に新設法人334社、社名変更で97社の「令和」企業が生まれています。

news033.jpg

ブランドは信頼に値するか? 「イエス」は日本ではわずか38%――エデルマン・ジャパン調査
エデルマン・ジャパンは、世界8カ国、1万6000人を対象に実施した消費者意識調査の日本に...

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...