2015年03月16日 08時00分 公開
特集/連載

業務部門の“勝手IT”をポジティブに捉えよ――アプリ視点で見る企業ITの変化「ガートナー エンタプライズ・アプリケーション サミット 2015」リポート

エンドユーザーが、ITインフラのことを全く気にせずに使いたいアプリケーションをすぐに使え、必要があれば連係できる――そんな世界を目指して、企業のアプリケーション統合が変わろうとしている。

[荒井亜子,TechTargetジャパン]
ガートナー リサーチ イェフィム・ナティス氏

 業務を遂行したいエンドユーザーが、ITインフラのことを全く気にせずに使いたいアプリケーションをすぐに使え、必要があればアプリケーション同士を連係できる――将来的にクラウドコンピューティングで実現するのはまさにそのような世界だ。

 本稿では、2015年3月10日に開催された「ガートナー エンタプライズ・アプリケーション & アーキテクチャ サミット 2015」から、講演「市民統合者向けサービス、API、iPaaS:クラウド・サービス統合の課題を解決する」の模様をリポートする。

ITmedia マーケティング新着記事

news088.jpg

「ウェビナー疲れ」 参加経験者の約7割――ファストマーケティング調べ
ウェビナーに参加する目的や参加頻度など、ウェビナー参加者の最新動向に関する調査です。

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...

news021.jpg

中国Z世代の心をつかむ「bilibili」、越境マーケティングにどう活用する?
「bilibili」のKOL(インフルエンサー)を活用したマーケティング手法と事例について、ア...