2015年03月16日 08時00分 公開
特集/連載

業務部門の“勝手IT”をポジティブに捉えよ――アプリ視点で見る企業ITの変化「ガートナー エンタプライズ・アプリケーション サミット 2015」リポート

エンドユーザーが、ITインフラのことを全く気にせずに使いたいアプリケーションをすぐに使え、必要があれば連係できる――そんな世界を目指して、企業のアプリケーション統合が変わろうとしている。

[荒井亜子,TechTargetジャパン]
ガートナー リサーチ イェフィム・ナティス氏

 業務を遂行したいエンドユーザーが、ITインフラのことを全く気にせずに使いたいアプリケーションをすぐに使え、必要があればアプリケーション同士を連係できる――将来的にクラウドコンピューティングで実現するのはまさにそのような世界だ。

 本稿では、2015年3月10日に開催された「ガートナー エンタプライズ・アプリケーション & アーキテクチャ サミット 2015」から、講演「市民統合者向けサービス、API、iPaaS:クラウド・サービス統合の課題を解決する」の模様をリポートする。

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

超リッチなイーロン・マスク氏の「言論の自由」は、あなたのそれと同じなのか?
Twitter買収の大義名分とされる「言論の自由」。しかし、同じことを語っているつもりでも...

news204.jpg

新卒の営業職が仕事をやりたくない時期、最多は「5月」 ―― RevComm調査
新卒営業社員は5月に最初の「壁」を感じるようです。

news069.jpg

「メタバース」でどうやってもうけるの? Meta(旧Facebook)が考える収益化への道
Metaの中核をなすメタバースプラットフォームのマネタイズ計画が明確になりつつある。高...