2021年03月25日 05時00分 公開
特集/連載

Javaのプロが「Kotlin」「COBOL」を学びたくなる理由特選プレミアムコンテンツガイド

「Java」エンジニアの間で、次に習得すべきプログラミング言語の候補として「Kotlin」「COBOL」を検討する動きがある。その背景には何があるのか。JavaエンジニアがKotlinおよびCOBOLを習得する意義とは。

[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 プログラミング言語「Java」を扱うエンジニアがキャリアアップを目指したり、開発を効率化したりする上で、次に習得すべきプログラミング言語の候補には何があるだろうか。モバイルOS「Android」用アプリケーション開発を手掛けるJavaエンジニアの間で、Javaの代替先として有力視されているのが「Kotlin」だ。Javaの普及前から企業の基幹システムを支えてきた「COBOL」に関心を寄せるJavaエンジニアもいる。

 本資料は、JavaエンジニアがKotlinやCOBOLに注目する背景と、習得する意義を整理する。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

ITmedia マーケティング新着記事

news041.jpg

「ECプラットフォーム」 売れ筋TOP10
コロナ禍によりオンラインショッピングが拡大する中、Eコマース構築プラットフォームが好...

news122.jpg

コロナ禍の旅行と“情報”について――JTB調査
旅マエ、旅ナカの情報収集で活用されるのは「旅行会社やOTAサイトの旅行情報」「旅行口コ...

news057.jpg

データドリブンで設定された目標だから組織が一体となれば必ず達成できる 逆に組織がバラバラだと……
今回は、データドリブン経営を指揮するGTM(Go To Market)チームの変遷を振り返りつつ、...