Javaのプロが「Kotlin」「COBOL」を学びたくなる理由特選プレミアムコンテンツガイド

「Java」エンジニアの間で、次に習得すべきプログラミング言語の候補として「Kotlin」「COBOL」を検討する動きがある。その背景には何があるのか。JavaエンジニアがKotlinおよびCOBOLを習得する意義とは。

2021年03月25日 05時00分 公開
[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 プログラミング言語「Java」を扱うエンジニアがキャリアアップを目指したり、開発を効率化したりする上で、次に習得すべきプログラミング言語の候補には何があるだろうか。モバイルOS「Android」用アプリケーション開発を手掛けるJavaエンジニアの間で、Javaの代替先として有力視されているのが「Kotlin」だ。Javaの普及前から企業の基幹システムを支えてきた「COBOL」に関心を寄せるJavaエンジニアもいる。

 本資料は、JavaエンジニアがKotlinやCOBOLに注目する背景と、習得する意義を整理する。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

「広告のムダ打ち」はなぜなくならない? アドフラウド以外に考慮すべき3つの視点
「アドフラウド」以外に、広告が届けたい相手にきちんと届くようにするために留意すべき...

news014.png

「サイト内検索」&「ライブチャット」売れ筋TOP5(2024年5月)
今週は、サイト内検索ツールとライブチャットの国内売れ筋TOP5をそれぞれ紹介します。

news129.jpg

SNSアカウントのビジネス貢献を明らかにするための調査サービス テテマーチが提供
フォロワーの属性や状態を明確に把握し、彼らの態度や行動を変容させるためにSNSがどう寄...