2021年03月25日 05時00分 公開
特集/連載

Javaのプロが「Kotlin」「COBOL」を学びたくなる理由特選プレミアムコンテンツガイド

「Java」エンジニアの間で、次に習得すべきプログラミング言語の候補として「Kotlin」「COBOL」を検討する動きがある。その背景には何があるのか。JavaエンジニアがKotlinおよびCOBOLを習得する意義とは。

[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 プログラミング言語「Java」を扱うエンジニアがキャリアアップを目指したり、開発を効率化したりする上で、次に習得すべきプログラミング言語の候補には何があるだろうか。モバイルOS「Android」用アプリケーション開発を手掛けるJavaエンジニアの間で、Javaの代替先として有力視されているのが「Kotlin」だ。Javaの普及前から企業の基幹システムを支えてきた「COBOL」に関心を寄せるJavaエンジニアもいる。

 本資料は、JavaエンジニアがKotlinやCOBOLに注目する背景と、習得する意義を整理する。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

「6G」の特許出願レースは中国がリード、日本は追い付けるか?
2020年台後半には実用化が始まるといわれる6Gの技術。日本は世界で存在感を示せるでしょ...

news016.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年9月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。

news018.jpg

アフリカFinTech事情 初のキャッシュレス大陸への勢いが止まらない
FinTechのユニコーンが続々と生まれるアフリカ大陸。砂漠の南が燃えています。