5Gを「セキュリティバイデザイン」で安全に使おう5Gに必要なセキュリティ【前編】

新しい技術を導入するときは新しいセキュリティ戦略が必要になる。それは「5G」にも当てはまる。そこで登場する考え方が「セキュリティバイデザイン」だ。

2021年04月27日 05時00分 公開
[Wendy Frank, Shehadi DayekhTechTarget]

 米国では「5G」(第5世代移動通信システム)の普及が加速している。早期に導入した企業(アーリーアダプター)は技術的、財務的利点などの競争優位性を獲得し始めている。

 レイテンシ(遅延)が小さく高速な5Gのデータ伝送特性を生かすべく、企業はIoT(モノのインターネット)デバイスのデータなど、さまざまなデータを5Gでやりとりするようになると考えられる。それと同時に、攻撃対象も拡大する可能性がある。

5Gを「セキュリティバイデザイン」で保護する

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。