Amazonが「Amazon Care」で医療サービスに本腰 遠隔医療市場が拡大へ医療分野に勝機を見るAmazon【前編】

Amazon.comは北米向け医療サービス「Amazon Care」の提供地域を拡大させ、米国全土で遠隔医療サービスを利用できるようにする。これにより遠隔医療市場の潜在顧客が大きく広がる可能性がある。

2022年04月08日 05時00分 公開
[Mike GleasonTechTarget]

関連キーワード

Amazon | 医療IT


 Amazon.comは、米国で提供している医療サービス「Amazon Care」の提供地域を全米に拡大する意向を、2022年2月8日(現地時間)に公式ブログで発表した。Amazon Careのサービス内容は、オンライン診療、在宅医療、対面診療を組み合わせたものだ。

Amazon Careに本腰を入れるAmazon

 2022年末までに米国全域でAmazon Careのオンライン診療が利用可能になる。対面診療の提供可能エリアは米国8都市から28都市以上に拡大する。Amazon Careを利用できるのは、Amazonの従業員か、Amazon Careに加入している企業の従業員。半導体メーカーSilicon Labsやソフトウェア会社TrueBlue、自然食品小売り大手Whole Foods Marketをはじめとする企業がAmazon Careに加入している。

 Amazonは2019年9月に、本社所在地であるワシントン州シアトルでAmazon Careのサービス提供を開始。当初のAmazon Careは同社従業員向けのサービスだったが、米国のあらゆる企業が加入できるようになった。対面診療サービスの提供地域はシアトルの他、メリーランド州ボルチモア、マサチューセッツ州ボストン、テキサス州のダラスとオースティン、カリフォルニア州ロサンゼルス、ワシントンD.C.、バージニア州アーリントンなどがある。Amazonの発表によれば、2022年以降には対面診療サービスの提供地域を拡大し、カリフォルニア州サンフランシスコ、フロリダ州マイアミ、イリノイ州シカゴ、ニューヨーク州ニューヨークを含む20都市以上に新規展開する。

 調査会社Precedence Researchが2021年11月に発表した予測によると、世界の遠隔医療市場は2030年までに年平均成長率(CAGR)18.8%の成長を遂げ、市場規模は2250億ドルに達する。これだけの成長が見込まれる遠隔医療市場において、Amazon Careのサービス拡大は潜在顧客基盤を大きく広げる可能性がある。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news076.jpg

オラクルが広告事業から撤退へ ポストCookie時代の業界地図は変わるか?
Oracleは「Responsys」「Moat」「BlueKai」などの買収を重ねて広告部門を構築してきた。...

news068.jpg

琉球泡盛「残波」「海乃邦」の海外展開を例に考える日本のブランドが持つべき視点
日本のブランドが海外展開で持つべき視点とはどのようなものか。2024年4月にI&CO APAC代...

news131.jpg

メッシやベリンガム、ヴィルツも登場 アディダスが世界で展開する豪華過ぎるサッカー推しキャンペーンの中身
Adidasが夏のサッカーシーズンに向けて新キャンペーンを世界各地で展開する。デビッド・...