「プライベート5G」活用に乗り出す英国の“格差問題”とは?公共部門の「プライベート5G」活用法【後編】

公共部門における「プライベート5G」の利活用を目指す英国政府。狙いは同国内で広がる“ある格差”の解消にある。

2022年09月08日 05時00分 公開
[Joe O’HalloranTechTarget]

 英デジタル・文化・メディア・スポーツ省(DCMS)は、「5G」(第5世代移動通信システム)の実証実験プロジェクトに取り組んでいる。その一環のプロジェクトが、「Liverpool 5G Create: Connecting Health and Social Care」(Liverpool 5G Create)だ。このプロジェクトは、5Gをプライベートネットワークとして使う「プライベート5G」の用途を開発する。

“あの格差”解消を目指す英国の「プライベート5G」活用方法

 ロンドンのケンジントン地区で地域住民を支援する非営利団体Kensington Community Learning Centreは、5Gを活用した以下の技術のデモンストレーションイベントを実施した。

  • 医療用監視ツールベンダーDocoboが提供する、浮腫(水泡や腫れ)の患者をリモートで監視する技術。メンタルヘルスサポート団体Mersey Care NHS Foundation Trustがこの技術を使用している。
  • 医療用分析ツールベンダーMySenseが提供する、患者の栄養や水分補給などの活動を人工知能(AI)技術を用いて把握し、同時にスマートウォッチを用いて心拍数を監視する技術。

 リバプール市議会は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的大流行(パンデミック)後の公約として「健康と教育、包摂(インクルージョン)における不平等に対処すること」を掲げている。その一環で同市は市内のデジタルデバイド(情報格差)解消に取り組む。Liverpool 5G Creatはこの取り組みを支える。

 Liverpool 5G Creatのディレクターを務めるローズマリー・ケイ氏は、「リバプール市議会とのパートナーシップのおかげで地域のボランティアへ5G接続を無償で提供できている。この取り組みを多くの閣僚に知ってほしい」と語る。

 プロジェクトではよりサステナブル(持続可能)な方法を選択するために、リバプールの既存の資産を土台にネットワークを構築する。同時に、従来は信頼性の高いネットワークに接続できなかった人に対してもネットワークを提供し、公共部門の先進的な技術を全ての市民が利用できるようにする。

 リバプール市議会の議員で、社会福祉を担当するフレイザー・レイク氏は、市内におけるデジタルデバイドの解消を重要視している。「技術がなければ人々は日常の仕事をこなすことが困難になる。幸福度の高い生活には技術が大きく貢献する」(レイク氏)

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...