不正アカウントを早期発見 「UEBA」のセキュリティ用途とは?異常行動を検出する「UEBA」の10大用途【第2回】

「UEBA」は、どのような脅威への対処を容易にするのか。UEBAの主な用途のうち、セキュリティに関する用途を整理する。

2022年10月12日 05時00分 公開
[John BurkeTechTarget]

 エンドユーザーとシステム(エンティティ)の異常な行動を検出する「UEBA」(User and Entity Behavior Analytics)を使うことによって、企業はセキュリティの強化を図ることができる。具体的に何ができるのか。UEBAの10大用途の4個目と5個目として、セキュリティ対策に関する2個の用途を紹介する。

4.不正アカウントの検出

 複数のシステム管理者アカウントの作成や、既存アカウントのアクセス権限の喪失など、アカウントの作成、削除、変更が通常よりも頻繁に発生していることが、UEBAによって明らかになることがある。この場合は、悪意のある人が攻撃を仕掛けるために、不正なアカウントを作成している可能性がある。

5.アカウント共有の監視

 UEBAは、エンドユーザーがアカウントのクレデンシャル(資格情報:IDやパスワードといった認証に必要なデータ)を他者に共有したことを明らかにすることがある。こうした事象は、攻撃者による侵害を示す可能性がある。

「プロスペクティブUEBA」と「レトロスペクティブUEBA」の違い

 セキュリティ分野では、UEBAの用途を「プロスペクティブ」(先見的)な用途と「レトロスペクティブ」(回顧的)な用途に分類できる。プロスペクティブな用途では、UEBAは攻撃を検出し、被害が広がる前に対策を講じることを目指す。これはセキュリティ対策の自動化につながる。

 レトロスペクティブな用途では、UEBAは発生してしまった攻撃の詳細を把握し、次の攻撃に備えるための知識を得ることを目指す。例えば警察などの法執行機関が攻撃の経路を分析し、攻撃者を特定するといった用途がある。システムの復元や防御の強化を図るためにも、UEBAによって得た情報が有効だ。


 第3回は、UEBAのシステム運用管理に関する用途を見る。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...