MetaのAIチャットbot「BlenderBot 3」が公開直後に“バッシングの嵐”に“未成熟なAI”を公開する難しさ【第1回】

Meta Platformが公開したAIチャットbot「BlenderBot 3」が物議を醸している。何が起きているのか。インターネットユーザーの声から実態を探る。

2022年11月15日 10時00分 公開
[Esther AjaoTechTarget]

関連キーワード

機械学習


 Meta Platforms(旧Facebook)は、人工知能(AI)技術ベースのチャットbot「BlenderBot 3」を一般向けに公開。2022年8月5日(現地時間、以下同じ)、公式ブログのエントリ(投稿)で発表した。

MetaのAIチャットbotに批判が殺到 その理由は?

 BlenderBot 3はMeta Platformsの言語モデル「Open Pretrained Transformer」(OPT-175B)をベースに構築したAIチャットbotだ。インターネットを検索して、あらゆる話題についての会話ができるという。エンドユーザーが増えて対話を重ねることで獲得したデータは、同社がシステム改善のために利用する。

 Meta PlatformsによるBlenderBot 3の発表に対して、米国のインターネットユーザーはすぐに反応。BlenderBot 3との会話の内容について、批判的な意見を次々に寄せた。「このAIチャットbotは反ユダヤ主義で、なおかつ元大統領ドナルド・トランプ氏の支持者であり、2020年の選挙の陰謀について言及した」「このAIチャットbotがMeta PlatformsとそのCEOをバッシングしている」など、報道媒体やソーシャルメディアでさまざまな意見が飛び交った。

 BlenderBot 3に対する否定的な意見が相次いだことで、Meta Platformsは2022年8月9日に公式ブログを更新。未成熟な状態でBlenderBot 3を公開したことは戦略の一部だと主張した。

 Meta Platformsの基礎AI研究マネージングディレクターを務めるジョエル・ピノー氏は、公式ブログのエントリで次のように記した。

これらの攻撃的な反応を見るのはつらいものです。しかしシステムのデモを公開することは、真に堅牢(けんろう)な対話型AIシステムを構築し、製品化の前に存在する課題を明らかにするために重要です


 第2回は、Meta PlatformsのBlenderBot 3への姿勢に対する、専門家の見解を紹介する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...