“本当に売れなくなったPC”はこれだ 出荷台数の実態から明らかに縮小する世界のPC市場【後編】

“PC不況”とはいえ、あらゆる地域で、あらゆるPCの出荷が伸びなくなったわけではない。特に成長が鈍化しているPCとは何なのか。世界PC出荷台数の上位ベンダーの実態から探る。

2022年11月23日 10時00分 公開
[Cliff SaranTechTarget]

 調査会社Gartnerが2022年10月に発表した、2022年第3四半期(7月〜9月期)の世界PC出荷台数シェアは、一見すると前年同期からの大きな変化はない。ただし細部には見逃せない動きがある。それは何なのか。

世界中で売れなくなった“あのPC”

 2022年第3四半期のPCベンダーの出荷台数シェア上位3社は、Gartnerの調べでは下記の通りだ。顔触れは前年同期における同社の調査結果と変わらない。

  • 1位:Lenovo(シェア25.2%、前年同期比1.3ポイント増)
  • 2位:HP(同18.7%、同2.2ポイント減)
  • 3位:Dell(同17.7%、同0.3ポイント減)

 シェアを落としたHPとDellに共通するのは、ノートPC出荷の苦戦だ。Gartnerによると、2021年第3四半期から2022年第3四半期にかけての出荷台数成長率について、HPは約28%のマイナスを記録した。HPは一部の地域でデスクトップPCの出荷が伸びたが、ノートPCの出荷が振るわず、全体として落ち込んだ形だ。

 Dellは、シェアが前年同期と比べて微減したものの、HPとの差を縮めることができた。Dellはアジア太平洋(APAC)地域を除き、全地域でデスクトップPCの出荷が伸びた。一方ノートPCの出荷は、日本を除いて全地域で減少した。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news205.png

広告の「No.1」表記の実態 購入動機の約60%に影響
GMOリサーチ&AIは広告の「No.1」表記に対する消費者の捉え方を把握するために調査を実施...

news188.png

香り体験をデジタル化する「香りリテールメディア」 東芝テックとスコープが提供開始
店頭に香りリテールメディア用のタブレットと香料噴射器が付いた商品棚を設置して、消費...

news182.png

電通と電通デジタル、電通プロモーションプラス3社横断のCX専門チームが発足
dentsu Japanの3社は、分散しがちだったCXの施策、ノウハウ、データをつなげるストック型...