2023年04月27日 08時15分 公開
特集/連載

ChatGPTは結局、人事部門の仕事を奪うの? 専門家が出した答えはこれだ「ChatGPT」は人事の仕事を脅かすのか【後編】

いつかAIに仕事を奪われるのではないか――。しばしば起こるこの議論が、OpenAIの「ChatGPT」登場によって再燃した。ChatGPTは人事部門の仕事を奪うのか、奪わないのか。専門家の答えは。

[Patrick ThibodeauTechTarget]

関連キーワード

人事


 「『ChatGPT』は人事部門の仕事を奪うのか」――。人事専門メディアHuman Resource Executive主催のオンラインイベント「HR Technology Conference & Exposition 2023」の基調講演で、参加者から挙がった質問だ。人工知能(AI)技術ベンダーOpenAIのAIチャットbot(AI技術を活用したチャットbot)であるChatGPTは、人事部門の業務にどのような影響を及ぼすのか。

結局、「ChatGPTは人事の仕事を奪う」のか?

 基調講演に登壇したフリーのテクノロジーアナリスト、ジョシュ・バーシン氏は「どの技術も、誰かの仕事を奪うことはないと信じている」と回答。「ITの役割は、繰り返しの単調な作業を、より良い仕事にすることだ」と続けた。

 バーシン氏は「人事の雑務の多くは既に、セルフサービスポータル(ユーザー自身が必要な申請をするためのWebページ)や、その他の技術によって効率化が進んだ」と説明する。同氏は「ジェネレーティブAI」(生成型AI:テキストや画像などを自動生成するAI技術)が人事担当者の仕事を奪うとは考えていない。むしろジェネレーティブAIがあることで、人間はより高度な業務に時間を割くことができるようになるというのが、同氏の見方だ。「AIツールの能力が向上し、こなせる業務の種類は増える」と同氏は語る。

 ChatGPTは間違った回答を生成する場合がある。「人事担当者はChatGPTを訓練するだけではなく、従業員がChatGPTにどのような質問をしているのかを把握する必要がある」とバーシン氏は指摘する。同氏は人事部門に「ChatGPTの管理と改善」という新種の仕事が生まれると考えている。人事担当者が職を失うことについては「あまり心配していない」と同氏は語る。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news150.jpg

新進D2CコスメブランドのCMOが激推し 「Meta Advantage+ ショッピングキャンペーン」とは?
Meta幹部はD2CコスメブランドJones Road BeautyのCMOとのラウンドテーブルで、2024年に広...

news091.jpg

2023年の動画広告市場は前年比112%の6253億円 縦型動画広告が高成長――サイバーエージェント調査
サイバーエージェントが10回目となる国内動画広告市場の調査結果を発表しました。

news077.jpg

バーガーキングがまた発明 “ワッパー生成AI”でブランドの伝統を現代に
Burger Kingが米国で開始した生成AIを使ったユニークなコンテストは、カスタマイズできる...