誕生してしまった「ヨタバイトを超える単位」に使い道はあるのか?データが増えて出てきた新単位【後編】

「SI接頭語」が新たに定められ、ヨタバイト(YB)よりさらに大きいデータ量を簡単に言い表せるようになった。だがこうした単位は、企業が直面するデータ保管の課題を解決するわけではない。業界関係者の見方は。

2023年07月03日 05時00分 公開
[Adam ArmstrongTechTarget]

関連キーワード

データ | データセンター | ストレージ


 「SI接頭語」(SI:国際単位系)の最大は、これまでヨタ(Y)だった。2022年秋に開催された、単位体系を決める会議「国際度量衡総会」(CGPM)で新たなSI接頭語が決定したことで、状況は変わった。SI接頭語とは、10の累乗(同じ数字を繰り返し掛け算すること)の大きさを表す接頭語のことだ。

 世界のデータ量が増大する中で、ゼタバイト(ZB)の単位を目にするようになった。その先にはヨタバイト(YB)、さらには新たに決定したSI接頭語を使用する将来が控えている。データ量の増大はどのような状況なのか。業界関係者の見方とは。

「ヨタバイトの次の単位」は何のための単位なのか?

 国際度量衡総会で新たに決定したSI接頭語は、以下2つだ。

  • ロナ(R)
    • 10の27乗
  • クエタ(Q)
    • 10の30乗

 ITコンサルティング会社Dragon Slayer Consultingのプレジデント、マーク・ステイマー氏によれば、ロナバイト(RB)やクエタバイト(QB)の前に、YBが必要になる場面はまだほとんどない。そもそも現存するストレージの容量で、YBを格納することは現実的ではない。ステイマー氏は、「もしある年に発生する全てのデータを取得して格納することができたとしたら、1RBの数値を見る瞬間が来る可能性はある」と話す。

 「世界のデータセンターにどれだけのデータ量があるのかという問いに答えるために、RBやQBといった単位が必要になることは否定できない」。調査会社Objective Analysisの半導体アナリストであるジム・ハンディ氏は、こう語る。

 今後データ量が増え続けた場合、例えば「2000YB」と言うよりも「2RB」(SIで2000YBに相当)と言う方が簡単だ。だが、その単位によって規模感を正しく把握できるかどうかは別問題で、「もっと良い言い表し方があるはずだ」とハンディ氏は語る。

 SI接頭語ではなく「10の累乗」そのものを使って表現する方法も考えられる。だがハンディ氏は「10の累乗にすれば正確な数値を示すことができるものの、いずれにしても混乱する人は出てくる」と話す。

 米TechTargetのアナリストであるスコット・シンクレア氏は、単位の表し方とは別の視点で、次のように指摘する。「企業は保有するデータ量が増大することに応じて、より高密度かつエネルギー効率良くデータを保管する方法を見つけなければならない」。SI接頭語が増えたとしても、そのことに変わりはないということだ。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...