「突然のSSD故障」を回避するベストプラクティスはこれだ壊れるSSDと上手に付き合う【第4回】

「SSD」の自己診断機能を使うことで、SSDの故障に事前に対処できる可能性がある。それを実現するには、どのような方法を取ればいいのか

2023年07月04日 05時00分 公開
[Jim HandyTechTarget]

 「SSD」には寿命があるため、使い込んでいれば突如として使用できない事態がやってくる可能性がある。幸いにもSSDには「S.M.A.R.T.」(Self-Monitoring, Analysis and Reporting Technology)という自己診断機能があるが、これを有効に生かすにはこつが要る。どうすればいいのか。

「故障しそうなSSD」を見逃さなくなる“余命診断”の方法

 SSDの故障はIT管理者やエンドユーザーにとっては不安の種だ。「S.M.A.R.T.属性」を把握すれば、それほど心配することはない。S.M.A.R.T.属性はSSD内部の状態を知るためのさまざまな統計情報だ。ただしS.M.A.R.T.属性を把握するには、多少の労力が必要になる。

 S.M.A.R.T.属性の標準はないため、その仕様はSSDの製品によって異なる。各ベンダーは、独自の属性リストを持っている。同じベンダーの製品の中でも、属性リストが異なっている場合もある。そのためS.M.A.R.T.属性を利用するIT管理者やエンドユーザーは、使用するSSDのS.M.A.R.T.属性について十分な知識を持って、状態の把握に努める必要がある。

 データセンターにおいては、膨大な数のSSDが使われる傾向にある。そのため、いったんSSDのS.M.A.R.T.属性についての知識を獲得すれば、それを基にデータセンター内のSSDの状況を広く効率的に取得する仕組みを構築できる。エンドユーザーがPC内蔵SSDのS.M.A.R.T.属性を把握するためにも、そのための適切な読み取り方法やツールを見つけなければならない。

 SSDのS.M.A.R.T.属性を読み取るには、そのために設計された専用ツールを使うのが簡単な方法だ。例えばIntelやKingston Technologyが専用のツールを提供している。

 無償で利用できるツールも存在する。ただし前述の通りで、S.M.A.R.T.属性はベンダーによって違いがあるため、数値としてSSDの状態を正しく反映しないことがある。SSDベンダーであるMicron Technologyは、全てのツールを信用することはできないという理由から、自社のSSD製品用のツールを提供している。他のSSDベンダーも同様に、基本的には専用のツールを用意している。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news102.jpg

矢野経済研究所「2024年版 デジタルコンテンツ市場動向調査」を実施
矢野経済研究所は、国内のデジタルコンテンツ市場を調査し、市場概況や主要企業動向を明...

news100.jpg

Salesforceの「Einstein Copilot」は他社のAIアシスタントと何が違うのか?
Salesforceが対話型AIアシスタント「Einstein Copilot(β版)」を日本市場で提供開始し...

news029.png

「サイト内検索」&「ライブチャット」売れ筋TOP5(2024年6月)
今週は、サイト内検索ツールとライブチャットの国内売れ筋TOP5をそれぞれ紹介します。