「離職が止まらない」そもそもの原因 人が定着しない企業に足りないのは?離職率改善に向けてIT部門は何ができるか【第1回】

従業員の離職を食い止める特効薬のようなITツールは存在しない。従業員定着率の改善に向けて、IT部門にできることは何なのか。

2023年08月25日 07時15分 公開
[Cath EverettTechTarget]

関連キーワード

人事


 調査企業Gallupが2023年6月に公式ブログに公開したエントリ(投稿)「Why the World Can't Quit Quiet Quitting」によると、従業員エンゲージメント(組織との信頼関係)の低下は、世界経済に年間8.8兆ドルの損失をもたらす。この額は、世界のGDP(国内総生産)に9%の損失をもたらすことになるという。

 人材不足とスキル不足が常態化している中、現状に不満を感じた従業員が簡単に退職を選択するという事実が、巨額の損失の一因になっている。退職する人材の補充に費用が掛かるのは当然のことだ。英国の平均給与3万2760ポンドの人材を雇用する場合、募集には約6552ポンドのコストが掛かる――金融企業NerdWalletは2023年4月に公式ブログに公開したエントリ(投稿)「What is the Cost of Hiring Someone in the UK?」でこう試算する。

 人事ソフトウェアベンダーRemote Technologyの調査によると、米国および英国での離職率は2019年以降に上昇傾向を示している。2019年以降、英国の離職率は平均7.7%上昇しており、2023年度は35.6%になると同社は推測している。

離職率の上昇を食い止めるには

 調査会社Gartnerのバイスプレジデントアナリストであるジョン・コストウラス氏によると、従業員が退職する理由の上位は以下の通りだ。

  • 報酬への不満
  • 尊重されていないと感じる
  • 上司に不満がある

 離職率が上昇する要因は企業ごとに異なる。大企業ならば拠点の所在地域によっても異なる。IT部門の責任者は、離職率の問題を解決するのに役立つITツールを調べる前に、離職の原因を突き止めることが重要だ。コストウラス氏は以下の取り組みが基本であり、最も重要な手順だと強調する。

  • 解決のためのITツールを検討する前に、答えを見つける必要のある疑問と、解決すべき問題点を明確にする
  • 自部門で離職率が上昇する要因のトップ3やトップ5を確認する

 人事ソフトウェアベンダーMHRで最高デリバリー責任者を務めるイアン・モファット氏は、ツールではなく、結果を重視することが重要だと指摘する。「不適切な人材を採用しているのであれば、『1日100人が簡単に応募してくるポータルサイト』を求めるのではなく、『どのような人材が採用に適しているか』を理解する必要がある」(同氏)


 第2回は従業員エンゲージメントの強化に向けて、IT部門が果たす役割について解説する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...