“AI PC”の登場で「PCがまた売れまくる日」がすぐそこに?2024年以降のPC市場と「AI PC」【後編】

世界PC出荷台数の減少傾向が続いてきた中で、2024年以降のPC市場をけん引するのではないかと期待を集めているのが「AI PC」だ。PCベンダー各社の動きを踏まえて、PC市場に与える影響を探る。

2024年02月06日 08時15分 公開
[Cliff SaranTechTarget]

関連キーワード

人工知能 | ビジネスPC


 世界的なPC出荷台数の減少傾向が続いてきた。調査会社Canalysが2023年10月に発表したデータによれば、2023年第3四半期(7月〜9月)の世界PC出荷台数は6560万台で、前年と比べて7%の減少だった。ただし同社はこの状態を「PCベンダーにとっては悪くない状態」と見ており、主要なPCベンダーは慎重ながらも楽観的な見解を示しているという。PCベンダーは、どのような起死回生の策を用意しているのか。

ベンダー各社が本腰を入れる「AI PC」

 Canalysのデータによると、2023年第3四半期で最大の出荷台数(1600万台)を記録したのはLenovoだ。前年と比べて年間成長率は4%減少したが「減少傾向は比較的落ち着いた」とCanalysはみる。第2位はHPで、出荷台数1350万台、年間成長率は前年比6.5%増だった。第3位のDell Technologiesは出荷台数1026万台で、年間成長率が前年比14.3%減に大幅下落した。第4位のAppleは出荷台数640万台で年間成長率は29%減となり、前年比下落率は他社よりも高い傾向にあった。第5位のASUSTeK Computer(ASUS)の出荷台数は490万台、年間成長率は11%減だった。

 Apple製品の出荷台数が落ち込んだ主な理由は、Canalysによれば前年同期の出荷台数が伸びたことにある。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)の影響で滞っていた需要に応えた結果、前年同期は出荷台数が増加したのだ。

 Canalysでリサーチアナリストを務めるキーレン・ジェソップ氏は今後について「高性能で新機能を持つPCへの期待をAI(人工知能)技術が押し上げる可能性がある」と話す。推論演算をPCで実施する「AI PC」製品の市場投入に向けて、PCベンダー各社が準備を進めている。

 例えばHPは2023年10月5日(現地時間)に開催した製品イベント「HP Imagine 2023」で、発売予定のAI PCを公開した。Googleも、クライアントOS「Chrome OS」を搭載したノート型デバイス「Chromebook」の新モデルとして、AI機能を搭載した「Chromebook Plus」を2023年10月2日(現地時間)に発表した。

 AI PCの普及は2025年以降加速し、2027年には出荷される全PCの約60%を占めるようになる、とCanalysは予測する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...