TechTargetジャパン

事例で分かる、中堅・中小企業のセキュリティ対策【第13回】
“使い回し”だけが問題じゃない、危険なパスワードだらけの社内をどう守る?
便利なクラウドサービスをあれこれ利用していくうちに、パスワード管理が面倒になったユーザーは、いつしかパスワードを使い回すかもしれません。セキュリティ担当者として打つべき対策は?(2017/11/30)

事例で分かる、中堅・中小企業のセキュリティ対策【第11回】
一人情シスが“Windows Update放置PC”を守るための武器とは?
ウイルス対策ソフトでは防ぎきれないサイバー攻撃の1つが、「Java」や「Adobe Flash Player」などの脆弱性を突いた攻撃です。対策は最新版にアップデートして脆弱性をつぶすこと。一人情シスでもできる対策とは?(2017/8/22)

「Adobe Acrobat」の「Chrome」用拡張機能の教訓から
ありがた迷惑なブラウザ拡張機能の“勝手インストール”、回避策は?
2017年1月の「Adobe Acrobat Reader DC」アップデート時に、「Google Chrome」に新しい拡張機能が自動的に追加され、しかもこの拡張機能に脆弱(ぜいじゃく)性が見つかった。この問題の教訓を考える。(2017/6/15)

アドビシステムズ株式会社提供ホワイトペーパー
PDF活用の極意――全社員が知るとさらに業務効率が上がる機能は?
使いこなしているつもりで意外と知らないことの多いPDF。文書の閲覧や配布ばかりでなく、その編集機能やセキュリティ機能にも注目することで、ビジネスシーンはさらに広がる。そんなPDF活用法の中から、業務効率を向上させる幾つかの方法を紹介する。(2016/12/15)

アドビシステムズ株式会社提供ホワイトペーパー
PDF改ざん被害の背景に「初歩的な誤解」 全社に徹底したい文書セキュリティ
PDFは誰もが使う標準フォーマットだけに小さな誤解が大きなリスクを生む。近年、PDFデータ改ざん被害が相次ぐ背景にも「PDFは書き換えられない」という誤解がある。そこで、今すぐ全社に徹底したいPDFセキュリティの基本を分かりやすく解説する。(2016/12/15)

なぜ今「ネットワーク分離」なのか【第3回】
図解で分かる、「ネットワーク分離」を実現する製品/技術はこれだ
ネットワーク分離を実現するためには、どのような製品/技術が必要になるのか。具体的な製品/技術を挙げながら解説する。(2016/12/9)

身代金を支払うか、データを失うか【後編】
身代金を支払わない組織は6割超、ランサムウェア被害から自社を守る対抗策とは
「ランサムウェア」の被害は増えているが、身代金を支払わない企業が大半を占めていることが、2016年8月に実施されたOsterman Researchの調査で判明した。ランサムウェア攻撃に屈しないためにはどうすべきか。(2016/11/24)

事例で分かる、中堅・中小企業のセキュリティ対策【第4回】
「ネットバンクの残高が少ない」と真っ青になる前に、中小企業が取るべき対策は
インターネットバンキングを利用する中堅・中小企業を狙った不正送金の被害が急増しています。被害に遭ったときに金融機関の補償条件に入りやすくする、最低限必要なセキュリティ対策とは?(2016/9/26)

「丸投げの信頼」はかえって危険
「Acrobat+α」で構築するビジネスドキュメント完全防衛術
ビジネスの成否に影響する“機密”が満載の業務ドキュメントにおいて、セキュリティ保護は最重要課題だ。PDFは安全なファイル形式として絶大なる信頼があるが、「何もしないでも安全」というわけでない。(2016/8/15)

事例で分かる、中堅・中小企業のセキュリティ対策【第3回】
「ランサムウェア」に感染するとどうなる? 最低限ながら有効な対策とは
ランサムウェア被害が企業規模も地域も問わず急増しています。特に中小企業の場合は、被害に遭遇してしまうと泣き寝入りしてしまうケースも。実際にどんな被害が起き、早急に取り組むべき対策は何なのでしょうか。(2016/8/8)

「Java Web Start」などの移行手段を解説
Javaのブラウザプラグインがついに廃止へ、「Javaアプレット」の“終活”は?
Oracleはセキュリティリスクを理由に、JavaのWebブラウザ用プラグインを廃止する。Javaベースのアプリケーションを開発してきた企業は、どう対処すべきなのか。(2016/6/24)

事例で分かる、中堅・中小企業のセキュリティ対策【第1回】
どう防ぐ? 標的型攻撃:「メールの添付ファイルを開いたあと、PCが重い気がする」
中堅・中小企業を狙うサイバー攻撃は年々増加し、実被害に遭遇するケースも増えています。例えば「スピアフィッシング」による標的型攻撃は、どのように仕掛けられ、どう対策すればいいのでしょうか?(2016/6/13)

「サンドボックス」にまつわる疑問を解く【第3回】
ウイルス対策の“魔法のつえ”ではない? 「サンドボックス安全神話」を検証する
未知のマルウェア対策の有力な選択肢と目されるサンドボックス製品。ただし、そんなサンドボックス製品にも課題が少なからず存在する。具体的に検証する。(2015/10/23)

「サンドボックス」にまつわる疑問を解く【第2回】
未知のマルウェアを見つけ出す「サンドボックス」の失敗しない選び方
急速に充実しつつある「サンドボックス製品」。未知のマルウェアへの対策として有望視されるサンドボックス製品をどう選ぶべきか。その基本をおさらいしつつ、選定のポイントを示す。(2015/10/2)

「標的型攻撃対策」の現実解【第2回】
丸分かり「標的型攻撃対策」:未知の攻撃にどう対抗? 「入口対策」基礎の基礎
多層防御が鍵となる標的型攻撃対策。その基本となるのが「入口対策」だ。未知の攻撃にも耐え得る入口対策を進めるために、どのようなセキュリティ製品を導入すべきか。基礎から解説する。(2015/9/11)

「サンドボックス」にまつわる疑問を解く【第1回】
「標的型攻撃」がセキュリティの常識を変えた――“アンチウイルス死亡論”の真実
「アンチウイルスソフトは死んだ」「2014年はセキュリティ対策の“敗北の年”」――。こうした発言の真意を読み解くと、従来のセキュリティ対策の課題と新たに求められる対策の姿が見えてくる。(2015/7/29)

Computer Weekly製品導入ガイド
エンドポイントマシンを守るための多層防御
端末とシステムの安全を守るためには、マルウェア対策の域を越えたセキュリティポリシーやBYOD戦略、ユーザー教育が必要になる。(2015/1/27)

教育ITニュースフラッシュ
奈良の県立高校生なら「Photoshop」「Illustrator」が使い放題に
京都大学が「WiMAX 2+」を使って学内のネットワークに接続できるようにした事例から、「iPad mini」を生徒に無料配布する旭川藤女子高等学校の取り組みまで、注目の教育IT関連ニュースをお届けします。(2014/10/3)

実際の使用感を基に厳選
Adobe Readerだけじゃない「iPadでPDFが読める・編集できるアプリ」8選
iPadでPDFファイルを閲覧、編集したいというビジネスパーソンは少なくないだろう。幸いなことに、使えるアプリは充実している。実際に使ってみた感想と併せて、お勧めのアプリ8種を紹介しよう。(2014/4/9)

組織的導入で効果を最大化
Adobe Acrobatでカンタン実現! 生産性と安全性を向上するペーパーレスオフィス
長年にわたり経営者や総務担当者、IT管理者の頭を悩ませる業務・オフィスのペーパーレス化。生産性と安全性を向上させる“ペーパーレスオフィス”の実現のコツは、身近なツールの活用にある。(2013/12/12)

Microsoftはもはや低セキュリティメーカーではない!
米Oracleの怠慢を批判――「Javaはアンインストールすべき」
米Microsoft製品のセキュリティ強化が急速に進む。反対に、脆弱性発覚が相次ぐJavaを管理する米Oracleの動きは鈍い。セキュリティに関するベンダー各社の取り組みを追う。(2012/12/20)

メモリ保護機能の利用や不要機能の無効化で十分との声も
FlashやAcrobatの使用禁止はマルウェア感染防止に効くのか?
マルウェア感染の主要因はFlashやAcrobatといった定番アプリの脆弱性の悪用だ。こうした“危険な”アプリの使用禁止は、マルウェア感染防止に効果を発揮するのだろうか。(2012/3/6)

CIO Japan Summit 2011リポート(前編)
Officeのパスワードを数秒で解析――専門家が語るサイバー攻撃の現状
CIO向けイベントであるCIO Japan Summit 2011。本稿は、パスワード解析などサイバー攻撃の現状について実演を交えて説明した講演の内容を紹介する。(2011/11/15)

各端末のセキュリティ機能とその注意点
タブレット端末が企業にもたらす課題とチャンス(後編)
iPhone、Androidなどのスマートフォンを始め、iPadなどの各タブレット端末に必要なセキュリティ対策を整理して紹介する。(2010/11/25)

文書のセキュアな流通と保存を実現する「Adobe Acrobat 9」
Adobe Acrobatで実現する文書単位のガバナンスと共同作業の効率化
生産性を優先するためとはいえ、情報漏えいの危険性を放置しておくわけにはいかない。エンドユーザーの業務の効率化を進めながら、情報漏えいの危険を回避するにはどうすればよいのだろうか?(2010/7/26)

Web感染型マルウェア対策【第3回】
Gumblarの最新対策は脆弱性攻撃防御にあり 〜フォティーンフォティ技術研究所〜
パターンマッチでは対応しきれないWeb感染型マルウェア「Gumblar」に、脆弱性攻撃防御はどれだけの効果があるのか。その理由と仕組みを同防御技術の最先端を行くフォティーンフォティ技術研究所に聞く。(2010/6/22)

Web感染型マルウェア対策【第1回】
本当の攻撃はこれから? Gumblarが怖い本当の理由
次々と姿を変えては感染し、Webサイト改ざんを繰り返すWeb感染型マルウェア「Gumblar」。被害拡大の原因は何か。対策はあるのか。そして、Gumblarの真の目的とは何か。(2010/4/28)

Windowsのアップデート
Windows Vista SP1 vs. XP SP3──機能を取るか、安定を取るか
Windows Vista SP1にアップデートするのは正解なのか。それとも、既存のWindows XPをアップデートして、このOSをもう数年使い続ける方が得策なのか。それぞれの内容を吟味した。(2008/6/11)

NEWS
アドビ、Web会議向け機能を強化した「Acrobat Connect Pro」の最新版
議事録の保管/編集機能の搭載や主要IMへの対応などWeb会議機能を強化。「Adobe Presenter」との統合により、PowerPointで作成したプレゼン資料のFlash化も可能だ。(2008/6/5)

ファイアウォールが万全でもダメ
クライアントサイドの脆弱性をテストする
攻撃者の標的がクライアントサイドに移りつつある。クライアントサイド攻撃に対する自社の脆弱性をテストするための方法を紹介しよう。(2008/4/28)

“ストップ”マルウェア
マルウェアの侵入を阻止する――エンドポイント編
前回のネットワーク/システム監視に引き続き、今回は、複数のマルウェア防御層の構成要素であるエンドポイント側の対策で有効なツールを見てみよう。(2008/4/15)

NEWS
「状況は悪化する一方だ」、F-Secureのセキュリティ研究トップがサイバー攻撃に警鐘
フィンランドのセキュリティ企業、F-Secureのセキュリティ研究所責任者がイベントで講演。「ユーザーはウイルス対策製品をパッケージではなくサービスとして利用する時代になった」とした。(2008/2/1)