2016年06月22日 15時00分 UPDATE
特集/連載

オールフラッシュはどこまで普及する?SSDの利用容量が2倍に、“爆買い”進むフラッシュストレージ利用の実態 (1/2)

SSDが企業で急速に普及している。関係者の間では「オールフラッシュが当たり前」と言わんばかりの勢いだが、ユーザーに調査した結果は「まだまだ」なようだ

[Rich Castagna,TechTarget]
企業システムにおけるソリッドステートストレージの普及が急激に進んでいる。「オールフラッシュ以外の選択はあり得ない」とまで強調する関係者も多い中、企業の利用実態調査で意外な姿が分かってきた

 ほとんどの企業がストレージの増大傾向を抑制するのに依然として、そして、明らかに苦労している。

 加えて、こうした企業の多くが、今では必要容量の増加とパフォーマンスの向上という2つの課題に対処しようとしている。この場合、パフォーマンスを高める一番簡単で安価な方法はソリッドステートストレージの導入だ。

 ソリッドステートストレージに関する米TechTargetの最新調査結果は、ユーザーが既存ストレージの拡張または代替に使っているソリッドステートストレージの容量が急増していることを示している。

       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...

news103.png

オムニバス、「セゾンDMP」を活用したターゲティング広告を提供
クレディセゾンの100%子会社オムニバスは、クレディセゾンが保有するクレジットカードの...