SSDを購入、その前に知っておきたい最新メモリ技術と“価格問題”フラッシュメモリのフォームファクタ、インタフェースなどを解説(1/4 ページ)

従来のストレージでは解決できなかったサーバサイドストレージの諸問題が最新のフラッシュストレージで解決できる。しかし、そのためにはフラッシュメモリに関する最新知識の習得が必須だ。

2016年06月15日 12時00分 公開
[Dennis MartinTechTarget]
最新フラッシュストレージでは、フォームファクタからインタフェース規格、プロトコルまで幅広い分野で進化が進んでいる。その全てにおいて最新知識を習得しておくことが必要だ

 今日、ソリッドステートストレージ(SSD)をサーバに組み込む方法は数多く存在する。また、この種のフラッシュストレージ技術を利用するデバイスも用途もこの数年で増えてきた。

 OSコードや、重要な業務データなど、サーバに入っているものは何であれ、フラッシュメモリの高いパフォーマンスと少ない遅延時間の恩恵を享受できる。フラッシュメモリがCPUの近くに接続している場合、そのメリットはさらに大きくなる。

 だが、SSDの購入では、判断しなければならないことがたくさんある。さまざまなフォームファクタ、インタフェース、プロトコルおよび容量について把握するとともに、サーバサイドフラッシュストレージの長所と短所ならびに制限を理解しておく必要がある。

       1|2|3|4 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「インクルーシブマーケティング」実践のポイントは? ネオマーケティングが支援サービスを提供
ネオマーケティングは、インクルーシブマーケティングの実践に向けたサービスを開始した...

news135.jpg

Xが新規アカウントに課金するとユーザーはどれほど影響を受ける? そしてそれは本当にbot対策になるのか?
Xが新規利用者を対象に、課金制を導入する方針を表明した。botの排除が目的だというが、...

news095.jpg

Googleの次世代AIモデル「Gemini 1.5」を統合 コカ・コーラやロレアルにも信頼される「WPP Open」とは?
世界最大級の広告会社であるWPPはGoogle Cloudと協業を開始した。キャンペーンの最適化、...