2016年06月17日 12時00分 公開
特集/連載

速いだけのストレージなら要らないオールフラッシュストレージベンダーが熱望される「とんでもなくすごい」機能とは

オールフラッシュストレージが企業ITシステムにおいてごく当たり前の存在となる中、IT管理者はデータアクセスの効率化だけでなく、アナリティクスやデータ保護といった高度な機能も必要としている。

[George Crump,TechTarget]
オールフラッシュストレージが企業の基幹システムに進出するにつれて、ユーザー企業が求める機能も高まっている

 オールフラッシュストレージは、収益を生み出すアプリケーションのためのニッチでハイパフォーマンスなストレージシステムから、多様なワークロードを処理するメインストリームのストレージシステムへと移行しつつある。

 ただしオールフラッシュデータセンターを実現するためには、オールフラッシュストレージベンダーはスナップショットやシンプロビジョニングといった基本の機能だけでなく、アクティブ/アクティブコントローラーやレプリケーションといった企業向けの機能を提供する必要がある。

 さらに、サービス品質(QoS)やパフォーマンス解析、他のデータストレージプラットフォームとの統合など、オールフラッシュストレージに固有の機能も必要となる。

ITmedia マーケティング新着記事

news113.jpg

新型コロナウイルス感染拡大に関する不安 「経済への打撃」が「多くの死者が出ること」を上回る
McCann Worldgroupが世界14カ国で実施した意識調査の結果、政府の対応体制が「整っている...

news145.jpg

「70歳までの就労意識」をテーマとした調査を実施――富国生命調査
長期的に働く上でのリスクトップ3は「病気」「就業不能状態」「入院」。