TechTargetジャパン

製品資料
限られた予算でIT環境を改善、最短で課題解決を目指すハード選びのポイント
 企業のIT部門は、複雑なIT環境の運用管理やメンテナンスに日々頭を悩ませているが、その間も経営部門やユーザーから困難な要求が次々と寄せられる。そのため、課題はなんとなく理解できていても、限られたIT予算の中で、どのように解決を図ればよいのか分からなくなるこ...(2017/3/24 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

製品資料
AWSで構築するビッグデータシステム――低コスト分析基盤で顧客の好みを把握
 顧客の好みに合わせて、リアルタイムに製品/サービスを提案することは、近年のビジネスにおける主要課題となっている。この処理を大規模に実行するためには、Hadoopのような分散型コンピュータクラスタが必要となるが、多くの企業にとって、このような製品は簡単に手が...(2017/3/14 提供:Talend株式会社)

レポート
「社長、大変です」ではもう遅い 今すぐ始めるセキュリティ3原則と重要10項目
 サイバー攻撃による被害リスクは、今や国や地域、組織の大小に関わらず存在する。手口は巧妙化し、既存の対策が容易に突破されるまでになってきた。情報漏えいなどの被害が発生すれば、金銭や信用問題のみならず、経営者の法的責任も問われる時代になった。 サイバーセ...(2017/2/14 提供:日本電気株式会社)

製品資料
「モバイル業務は好みのデバイスで」 ID一元管理で安全性と生産性を両立
 複数のアプリケーションへのシングルサインオン(SSO)は、あらゆるユーザーから歓迎される機能だろう。クラウドプラットフォームやSaaSアプリケーションなどIT環境が拡大したことで、ID管理は複雑化し、ユーザーと管理部門の双方に負担がかかっている。 そこで、注目...(2017/2/23 提供:日本マイクロソフト株式会社)

事例
Yahoo! Japanが200以上の重要データベースをオールフラッシュに移行
 ストレージの入出力性能は大規模システムほどボトルネックになりがちな要素だ。そこで登場するのがオールフラッシュストレージである。原理上、高速性のみならず、故障しにくさ、省スペース、低発熱などメリットが多い。 かつては容量当たりの価格がディスクよりも高か...(2017/1/30 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
AI導入が現実的な選択肢に――ASP・SaaS型Watsonではじめるテキストマイニング
 人工知能「IBM Watson」の登場により、これまで困難とされてきた自然言語解釈技術を活用したテキストマイニングを一般企業でも手軽に行えるようになった。その結果、クレーム、問い合わせ、SNSなどの顧客の声を分析し、傾向把握や課題発掘をする手法が一般的なものとな...(2017/1/10 提供:株式会社イーネットソリューションズ)

講演資料
Office 365とID統合とアクセス制御、三者のベストな関係はIDaaSで構築
 クラウド上で複数の組織が協働作業を行うケースは多い。その際、複数組織をどのように1つにまとめ、コミュニケーションを取り、ユーザーが利用しやすく、管理者も管理しやすい環境を構築するか、が課題になる。 解答の1つが「Identity Management as a Service(IDaaS...(2016/12/22 提供:日本マイクロソフト株式会社)

事例
IoT活用を見据えた、“SSDを超える”オールフラッシュ基盤の選び方
 クラウドサービスが普及し、ビッグデータやIoTの活用も進むなか、旧来のシステムリソースに限界が見え始めている。特にストレージは、今後のビジネスの成長を支える基盤となるだけに、多くの企業がビジネスの成長に対応するための製品選びに頭を悩ませている。 自然災...(2016/11/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
オールフラッシュ導入事例:スマートバリューが多数のVMを高速稼働できる理由
 自社運営の企業向け仮想データセンター「SmartVDC」を基盤に、プライベートクラウドサービス「VMホスティング」などを提供しているスマートバリュー。VMホスティングでは、利用者の増加に合せてストレージを拡張してきたものの、従来使用してきた機種では、拡張を続けて...(2016/11/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
読み込みを90%短縮、第一生命保険が“時代が変わった”と感じたオールフラッシュ
 激しい競争が続く生命保険業界で、業務のWeb化によるビジネスの成長を目指す第一生命保険。同社は、顧客を訪問して保険の提案をする際、タブレットを使って契約状況に応じた最適なプランを案内している。このスタイルは顧客から支持され、業績向上にも貢献しているとい...(2016/11/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
事例:Oracle DBの処理速度が10倍以上に高速化、フラッシュとSoftware Defined Storageによる待ち時間削減は554時間/日を達成
 システムの基盤強化に継続して取り組んでいる企業のシステムにおいても、期末といった特定期間にレスポンス悪化を起こすケースが散見される。この場合、一時的なトランザクション増加に、I/O性能がついていけないことが原因だ。 トランザクションが増加するということ...(2016/11/14 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
先進企業のビジネス戦略をリードするCFOはテクノロジーをどう使うのか?
 近年、CFO(最高財務責任者)に対して、他部門の競争力強化のための先見性、洞察力が求められている。クラウドコンピューティングなどによる、リアルタイムのデータ活用により、ITコストが予測可能となり、経理部門がIT予算やプロジェクトのマネジメントに関する高度な...(2016/10/27 提供:日本オラクル株式会社)

製品資料
次世代データ分析のストレージ基盤はSDSが本命? 非構造化データ急増で再注目
 IoTの発展やスマートデバイスの普及により、企業が収集可能なデータはかつてないほど増大している。しかし、現在のITシステムでは、デジタル技術の進化によってもたらされた膨大なデータの88%は活用できていないという。 だからといって、企業はこれらのデータを不要...(2016/10/17 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
法改正で対応を迫られる保険会社の管理システム、どう見直す?
 2014年5月、保険業法の一部が改正された。施行は2016年4月だが、既に金融庁では不適切な営業を排除する目的で、代理店から再委託して保険商品を販売する「委託型募集人」を問題視。保険会社に取引の実態把握と改善策を求める報告命令を出している。保険会社への影響は大...(2016/10/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
老舗損保会社が、迅速で効果的な意思決定を実現した「セルフサービス分析」とは?
 160年の歴史を持つ米国の老舗損害保険会社Westfield Insuranceは、保険市場で競争力を維持するために、全てのレベルの従業員が、迅速で効果的な意思決定を行うための情報を自分で得られるようにしたいと考えた。CEOの後押しもあり、同社はBI、分析、データガバナンスを...(2016/10/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
不安定な経済の時代を生き抜く鍵は「収益性分析」活用にあり
 今や企業の全ての部門で、急増する大量のデータを戦略的で価値ある資産と見なし、活用することが求められている。財務部門も例外ではない。収益性の鍵を握る要素をモニターし、限りあるリソースを収益性の高い機会を追求できるよう配置する必要がある。この課題対策とし...(2016/10/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
洞察力と予測分析能力がもたらす、ビジネスイノベーション IBM Cognos Business Intelligence
 本資料で紹介するIBM Cognos BIツールは、ビジネスインテリジェンス(BI)に広く一般的に求められる機能要件を満たすのみならず、全社規模での企業情報の分析・活用・共有を想定した基盤機能や、プランニング、シナリオモデル分析、リアルタイムモニタリング、コラボレ...(2016/10/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
プライベートクラウドの仮想サーバ構築を自動化、コストはどこまで削減できるか
 酒類・飲料メーカーのキリングループ約230社のシステム開発・運用・保守などを行うキリンビジネスシステムでは、2015年からグループ全体で稼働する400のシステムと2000台のサーバの移行に取り組んでいる。 同社に課せられた使命は、サーバの老朽化対策と増え続ける運用...(2016/9/1 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
改正電子帳簿保存法に対応、契約書や領収書の電子化で経理業務のペーパレス化
 経費精算の書類に領収書をのり付けして提出するようなアナログな管理や作業が多く行われる日本企業。特にさまざまな証憑書類を扱う経理部門では、こうした紙ベースの管理や煩わしい作業に頭を抱えている人は多いはずだ。 このような状況に大きな影響をもたらしたのが...(2016/9/29 提供:株式会社日立システムズ)

製品資料
個々の属性をリアルタイムに把握、顧客ニーズを捉える分析基盤の条件は?
 マーケティングや開発戦略において、個々の顧客属性に合わせたサービスを展開することの重要性は以前から指摘されていた。そこで多くの企業では、年齢、職業、性別、家族構成などの属性データを集めてグループ分けをし、顧客分析を行ってきた。 しかし、多くの顧客は必...(2016/9/20 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
使いやすく強力な認証ソリューションが必要な「5つの理由」
 ユーザーIDとパスワードを使う認証方式は、利便性とセキュリティ確保の両方で限界が指摘されている。新しい2要素認証では、指紋などの生体データ、GPSの位置情報などを使うことで、安全で素早いシステムへのアクセスと確実なデータ保護を実現できる。 効果的な2要素認...(2016/9/14 提供:株式会社シマンテック)

事例
ムラウチドットコムを支えるシステム基盤――10年以上も止まらない秘訣を探る
 ムラウチドットコムは、PC、家電、家具、アパレル、DIY、生活雑貨など幅広い商品をネット通販で提供する企業だ。販売窓口であるECサイトに不具合が生じたり、レスポンスの遅延が起きたりすることは、売り上げに直結する経営問題となる。従って、24時間365日にわたる安定...(2016/9/7 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
場所やデバイスを問わないリモートアクセス、安全性を確保する簡単な方法とは?
 PCやスマートフォン、タブレットなどで場所を選ばずに仕事をできる環境や、私物デバイスの業務利用(BYOD)を求めるユーザーの声は日増しに強まっている。このようなワークスペース拡散につながる要望に応えるためには、セキュリティ上の課題をクリアする必要がある。 ...(2016/8/3 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

製品資料
バックアップの諸悪の根源を絶つ“2階層”ストレージ管理術
 データ活用がビジネスの成否を分ける時代になり、バックアップ対策があらゆる企業に求められている。その一方で、管理すべきデータは年々増大し、従来型のバックアップ/リストア運用がもたらす膨大な手間とコストで身動きが取れない状態も生まれつつある。 まず考えな...(2016/8/17 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
脅威インテリジェンスの活用の基礎知識――未成熟な運用を補うヒント
 2016年6月に大手旅行会社JTBへの標的型攻撃について報道されたが、これらの事件は人ごとではない。業種や規模を問わず標的型攻撃の被害が広がる中、企業が取り得る手段として、脅威インテリジェンスに注目が集まっている。しかし、その運用に課題があるのも事実だ。 IT...(2016/8/5 提供:株式会社シマンテック)

製品資料
端末やユーザーの多様化にアプリケーション/デスクトップ仮想化が強い10の理由
 リモートアクセス環境の浸透は、仕事をする場所、ユーザーの種類、アクセス方式などを一気に多様化させる。ビジネス情報は自宅、企業支給または個人所有のデバイス、パートナー企業、工場の現場など、ありとあらゆる場所に散在することになり、セキュリティ対策も複雑化...(2016/8/3 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

レポート
IT部門のビジネス貢献とは何か? インテル社内の取り組み事例を解説
 インテルのIT部門では、10万人余りの従業員を71拠点/約6000人のITスタッフでサポートしている。こうした業務に加えて、同部門では成長と予算要件のバランスを取りながら、さまざまなビジネス価値を創造している。 同社のIT部門は、さまざまな障壁を地道に取り除きなが...(2016/6/27 提供:インテル株式会社)

技術文書
CIOリーダーシップのための戦略導入ガイド
 最高情報責任者(CIO)は、事業の変革を主導し、実現する存在と見なされる必要がある。 本稿では、“顧客の時代”においてITリーダーがビジネステクノロジーとITの課題の両方に重点を置く必要性、ブログとソーシャルメディアを活用して組織内での存在感や影響力を高め...(2016/6/29 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
従業員セルフサービス製品導入戦略ガイド
 いつでもどこからでも、さまざまな端末を使って会社のITにアクセスしたがるユーザーから、効率向上のための統合を望む組織まで、進むべき道はクラウドベースサービスにある。コンシューマーにとっても従業員にとっても、それはセルフサービスモデルへの切り替えを意味す...(2016/6/1 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
SAP HANA環境を1週間で立ち上げ、NTT DATAが検証したデータ分析基盤
 蓄積したデータを新たなビジネスチャンスに変える手法が定着し、ビッグデータ分析を要としたIT戦略を展開する企業が成功を収めつつある。この流れを受けてDWH(データウェアハウス)はさらなる発展を遂げたが、それに伴いソフトウェアとハードウェアの要求水準はさらに...(2016/4/4 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Loading