TechTargetジャパン

技術文書
IoTプラットフォームの変遷から、IoTの今を知る〜エッジコンピュティングの概念から最新のTSN対応機器まで〜
IIoTを実現するため一貫してプラットフォームを強化してきたナショナルインスツルメンツが、これまでどのような取り組みをしてきたのか?そして、これから何を進めるのか。本資料の前半では、直近のIIoTを取り巻く動向を振り返ることで、計測技術を通したこれからのIIoTの...(2017/7/31 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

事例
複合機を使ったIoTサービス拡大も視野に、拠点間システム連携基盤の作り方
 京セラドキュメントソリューションズは、海外の売り上げが全社の約9割を占めている。今までは拠点ごとに最適化されたシステムを使用していたが、システム連携のために個別のインタフェースを開発して対応してきた。しかし、複雑化するシステムによってデータ連携のイン...(2017/7/20 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
アルパインが短期間にグローバルで業務プロセスを統一、品質管理業務を効率化
 自動車業界に求められる品質管理は年々高度化している。それはサプライヤーも同様だ。自動車関連製品を製造・販売するアルパインは、欧州の自動車企業が求める品質管理レベルに対応するため、品質マネジメントシステム(QMS)の見直しに着手した。 そこで同社が注目し...(2017/7/20 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
API活用で医療統計データを提供、公開と運用を一元管理する仕組みとは?
 日本医療データセンターは、健康保険組合や病院、薬局などに蓄積された健康診断データやレセプトデータを活用した医療統計データサービスを提供している。中でも同社が力を入れようとしているサービスが「予測モデルサービス」だ。 膨大な医療データの価値をさらに高め...(2017/7/19 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
セブン銀行が構築、FinTechやAPI連携を見据えたシステム連携基盤とは?
 2012年に自社口座が100万口座を突破するなど、順調に事業拡大を続けるセブン銀行。しかし、その事業を支えるシステムには複雑化した部分や無駄な部分があり、見直しを迫られていた。特に、FinTechなどにより注目され始めた、他企業との提携やサービスの連携などへの対応...(2017/7/19 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
約3万5000時間の事務時間を削減、太陽生命の保険申請・査定自動化プロジェクト
 業務効率と顧客サービスを向上させる有力な手法の1つが「業務の自動化」だ。太陽生命保険は、営業現場の業務自動化によって、その両立を実現した。その結果、年間で約3万5000時間もの事務時間を削減できる見込みだという。だが、その過程は容易ではなかった。一度は保険...(2017/7/19 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
ハイパーコンバージドインフラの難題、DBライセンスコストの削減法は?
 OEMの化粧品の開発、製造を行うグローバル企業であるトキワでは、ITシステムのイノベーションを推進するため、先進テクノロジーを採用してきた。しかし、生産、販売、原価の管理システムが稼働するx86サーバは、これからの業務拡大を見据えると限界を迎えていた。 そこ...(2017/7/18 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
ゲノム解析の最前線、東京大学 医科学研究所が構築した高速・大容量ストレージ
 国内最大規模の生命科学研究所である東京大学 医科学研究所では、スパコン「Shirokane3」によって先進のゲノム解析が行われている。DNAを読み取り、解析することで、がん細胞が生命システムに異常を引き起こす理由を突き止めるためだ。 同研究所では、2009年にShirokan...(2017/7/18 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
「FinTech」の最前線、住信SBIネット銀行がAPI公開で得た効果
 顧客情報の管理は、どの業種でも厳重に行われているが、中でも厳しい条件を課せられているのが金融業だ。昨今では業務提携により他社と連携した金融サービスが次々と生まれているが、他社に先行するには、より安全でスピーディーな開発がカギとなる。 従来、提携企業が...(2017/6/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
IT事業者が損害賠償請求された場合、保険加入でどこまで補償されるのか?
 IT業界における競争の激化により、IT事業者に対する短納期・低コスト・高品質への要求は年々高まっている。その一方で、人材や技術者の不足、システムの複雑化なども進んでおり、IT業務を高度なレベルで遂行することはますます難しくなっている。 そんな状況のなか、IT...(2017/6/27 提供:株式会社ファーストプレイス)

製品資料
費用対効果で見るサイバー攻撃対策、リスクゼロを目指すよりも確実な選択肢は?
 サイバーリスクへの対策には、費用対効果の観点が欠かせない。近年は高度化するサイバー攻撃に対して多層防御や機械学習などの新たなセキュリティ技術が登場しているが、サイバーリスクの軽減には技術的に限界があり、ゼロにするにはリスクに不釣り合いな対策費用が必要...(2017/6/27 提供:株式会社ファーストプレイス)

製品資料
「電子サイン」と「電子署名」はどう違う? 業務で異なる文書変革のアプローチ
 デジタル技術を利用した業務の変革が世界中で進む中、その鍵となる領域として注目され始めたのが「署名プロセス」だ。ビジネスのあらゆる場面で求められる、文書による承認を電子化することは、業務の効率化やコスト削減だけでなく、優れた顧客体験を提供することにもつ...(2017/6/19 提供:アドビ システムズ 株式会社)

レポート
ナレッジワーカーの生産性に「周囲の音」が及ぼす影響は?
 多くのナレッジワーカーには、「一人で業務に集中したい場面」と「同僚などと意見を交換したい場面」の両方がある。そして、どちらの場面でも「音」が問題になることがある。例えば、集中したいときに、周囲から話しかけられたり、雑音で意識がそれてしまったりして、作...(2017/6/5 提供:GNオーディオジャパン)

製品資料
多様なデータを統合管理、DWHの制限を取り払う「統合分析ハブ」
 企業がデータ活用を進めていく上では、従来型のデータウェアハウス(DWH)の制約が課題となる。例えば、ソーシャルメディアなどの情報を活用する場合、分析基盤には構造化データと非構造化データの両方が大量に入ってくるが、こうしたデータから潜在的な価値を引き出す...(2017/6/1 提供:インテル株式会社)

レポート
SAP HANA、SAP S/4HANAのためのハードウェアの新たな選択肢
 「SAP HANA」や「SAP S/4HANA」でのビジネスアナリティクスの推進における懸念点は、アナリティクスとトランザクションを同一システム上で実行する際に不可欠なパフォーマンス、耐障害性、柔軟性、管理容易性だ。現時点でSAP HANAおよびSAP S/4HANAで利用可能なハードウ...(2017/5/31 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
セキュリティ調査レポート:「シャドーIT」がクラウド導入に与える影響は?
 近年、企業が採用するクラウドサービスには、さまざまな形態や規模が存在する。いずれもコスト削減や柔軟な組織運用を可能にするものだが、このような技術の変化は、セキュリティ対策の負担も増加させている。中でも深刻な問題となっているのが「シャドーIT」だ。 セキ...(2017/5/30 提供:マカフィー株式会社)

製品資料
AWSで構築するビッグデータシステム――低コスト分析基盤で顧客の好みを把握
 顧客の好みに合わせて、リアルタイムに製品/サービスを提案することは、近年のビジネスにおける主要課題となっている。この処理を大規模に実行するためには、Hadoopのような分散型コンピュータクラスタが必要となるが、多くの企業にとって、このような製品は簡単に手が...(2017/5/26 提供:Talend株式会社)

製品資料
リアルタイム分析の第一歩、データ活用基盤の理想的な構築方法は?
 Uberのような新たなプレイヤーがITを武器にビジネスに参入してくる時代では、データ活用の重要性はあらゆる業界で急速に高まっている。しかし、多様なデータをさまざまなシステムが個別に保有している結果、限定的なデータ分析しか行えない企業は少なくない。 必要とな...(2017/5/22 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
PCIeより2.5倍高速にGPU-CPU接続。NVLink搭載サーバの実力
 近年注目されるディープラーニングは、回答の精度を上げるために極めて高い計算処理性能を必要とするニューラルネットワークを何階層も構築するとともに、各階層の間で処理結果のやりとりが必要になる。このような多段階にわたる膨大な処理を通常のIT環境で実行するには...(2017/5/22 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
「モバイル業務は好みのデバイスで」 ID一元管理で安全性と生産性を両立
 複数のアプリケーションへのシングルサインオン(SSO)は、あらゆるユーザーから歓迎される機能だろう。クラウドプラットフォームやSaaSアプリケーションなどIT環境が拡大したことで、ID管理は複雑化し、ユーザーと管理部門の双方に負担がかかっている。 そこで、注目...(2017/4/10 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
IT環境のボトルネックを解消――課題別ストレージ選びのポイント
 データは企業がビジネスを遂行する上で不可欠なものだが、常に増え続けるデータを万全に保護し、活用できるかどうかは、その置き場所であるストレージ次第となる。そのストレージも、いまや多種多様な製品が市場に出回っており、一体どれが適しているのか、選定に悩むユ...(2017/3/24 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

レポート
「社長、大変です」ではもう遅い 今すぐ始めるセキュリティ3原則と重要10項目
 サイバー攻撃による被害リスクは、今や国や地域、組織の大小に関わらず存在する。手口は巧妙化し、既存の対策が容易に突破されるまでになってきた。情報漏えいなどの被害が発生すれば、金銭や信用問題のみならず、経営者の法的責任も問われる時代になった。 サイバーセ...(2017/2/14 提供:日本電気株式会社)

事例
Yahoo! Japanが200以上の重要データベースをオールフラッシュに移行
 ストレージの入出力性能は大規模システムほどボトルネックになりがちな要素だ。そこで登場するのがオールフラッシュストレージである。原理上、高速性のみならず、故障しにくさ、省スペース、低発熱などメリットが多い。 かつては容量当たりの価格がディスクよりも高か...(2017/1/30 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
AI導入が現実的な選択肢に――ASP・SaaS型Watsonではじめるテキストマイニング
 人工知能「IBM Watson」の登場により、これまで困難とされてきた自然言語解釈技術を活用したテキストマイニングを一般企業でも手軽に行えるようになった。その結果、クレーム、問い合わせ、SNSなどの顧客の声を分析し、傾向把握や課題発掘をする手法が一般的なものとな...(2017/1/10 提供:株式会社イーネットソリューションズ)

講演資料
Office 365とID統合とアクセス制御、三者のベストな関係はIDaaSで構築
 クラウド上で複数の組織が協働作業を行うケースは多い。その際、複数組織をどのように1つにまとめ、コミュニケーションを取り、ユーザーが利用しやすく、管理者も管理しやすい環境を構築するか、が課題になる。 解答の1つが「Identity Management as a Service(IDaaS...(2016/12/22 提供:日本マイクロソフト株式会社)

事例
IoT活用を見据えた、“SSDを超える”オールフラッシュ基盤の選び方
 クラウドサービスが普及し、ビッグデータやIoTの活用も進むなか、旧来のシステムリソースに限界が見え始めている。特にストレージは、今後のビジネスの成長を支える基盤となるだけに、多くの企業がビジネスの成長に対応するための製品選びに頭を悩ませている。 自然災...(2016/11/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
オールフラッシュ導入事例:スマートバリューが多数のVMを高速稼働できる理由
 自社運営の企業向け仮想データセンター「SmartVDC」を基盤に、プライベートクラウドサービス「VMホスティング」などを提供しているスマートバリュー。VMホスティングでは、利用者の増加に合せてストレージを拡張してきたものの、従来使用してきた機種では、拡張を続けて...(2016/11/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
読み込みを90%短縮、第一生命保険が“時代が変わった”と感じたオールフラッシュ
 激しい競争が続く生命保険業界で、業務のWeb化によるビジネスの成長を目指す第一生命保険。同社は、顧客を訪問して保険の提案をする際、タブレットを使って契約状況に応じた最適なプランを案内している。このスタイルは顧客から支持され、業績向上にも貢献しているとい...(2016/11/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
事例:Oracle DBの処理速度が10倍以上に高速化、フラッシュとSoftware Defined Storageによる待ち時間削減は554時間/日を達成
 システムの基盤強化に継続して取り組んでいる企業のシステムにおいても、期末といった特定期間にレスポンス悪化を起こすケースが散見される。この場合、一時的なトランザクション増加に、I/O性能がついていけないことが原因だ。 トランザクションが増加するということ...(2016/11/14 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
先進企業のビジネス戦略をリードするCFOはテクノロジーをどう使うのか?
 近年、CFO(最高財務責任者)に対して、他部門の競争力強化のための先見性、洞察力が求められている。クラウドコンピューティングなどによる、リアルタイムのデータ活用により、ITコストが予測可能となり、経理部門がIT予算やプロジェクトのマネジメントに関する高度な...(2016/10/27 提供:日本オラクル株式会社)

Loading