2017年07月21日 05時00分 公開
特集/連載

ビジネス向けファイル同期・共有ツール11製品を徹底比較(後編)OneDrive、Egnyte Connectなど

企業の従業員の働き方を大きく変えるEFSS。前編の5製品に引き続き、後半では、G SuiteやVMware Content Locker、Egnyte Connectなど6製品を紹介する。

[Kevin Beaver,TechTarget]

画像 業界別のコンプライアンス要件に配慮した製品も

 ビジネス向けファイル同期/共有ツール(EFSS)市場は現在、かつてない活況を帯びている。各ベンダーの製品は、価格や強みもさまざまだ。「Box」や「Citrix ShareFile」「Dropbox」など5製品を紹介した「ビジネス向けファイル同期・共有ツール11製品を徹底比較(前編)」に引き続き、後半では6製品を取り上げる。

Egnyte「Egnyte Connect」

 EFSSベンダーEgnyteが販売する「Egnyte Connect」は、さまざまな業種のユーザーが任意のデバイスから安全に社内ファイルにアクセスし、同僚や社外のパートナーとの間でファイル共有や共同作業を可能にする。クラウドとオンプレミスのどちらのコンテンツにも、簡単にアクセスできる。Egnyteは、有料プランのみ提供する点で、他社のサービスと一線を画す。同社は、汎用(はんよう)ツールというよりも、業務向けに特化している。

 Egnyte Connectは、コンテンツの作成や共同編集をストレージから切り離すことで、クラウドやオンプレミス、ハイブリッド環境などの保存場所に関係なく、特定のコンテンツで社員同士の共同作業を可能にする。Egnyte Connectのアプリケーションプログラミングインタフェース(API)を使えば、「Amazon Web Services(AWS)」「Google Cloud Platform」「Microsoft Azure」「OpenStack」などのクラウド環境に蓄積したコンテンツの他、NetAppやDell EMC(旧EMC)によるネットワークストレージやMicrosoft「SharePoint」などによるオンプレミス内のコンテンツを統合管理可能だ。

 企業は、暗号化機能や暗号鍵管理機能を使い、データを確実に保護できる。Egnyte Connectは「Office 365」「Google Document」といったオフィスアプリケーションのコンテンツのリアルタイム共同編集、タスクの割り当て、通知のタグ付け、「Jive」や「Slack」といったコラボレーションツールとの連携が可能だ。

 Egnyte Connectは、3種類の料金プランと3段階のサポート体制を用意している。Egnyteからの直接購入に加え、パートナーやリセラーからの購入も可能。料金はユーザー数や機能によって異なる。15日間の無料トライアルも利用可能だ。

Google「G Suite Business」

ITmedia マーケティング新着記事

news161.jpg

コロナ禍で縮小したマーケティング施策 1位は「オフラインのセミナー/展示会」――ベーシック調査
B2Bマーケターを対象にした調査で8割以上が「コロナ禍で実施/検討しているマーケティン...

news110.jpg

メルカリ調査 フリマアプリで売れる価格は新品の購買意思決定にどれほど影響する?
フリマプリ出品経験者は、フリマアプリでの再販価格が10%上昇すると、新品に支払える上...

news024.jpg

Google検索における2020年上半期の動向 新型コロナの影響でSEOはどう変わる?
新型コロナウイルスの影響が大きかった2020年の上半期ですが、Google検索の動向において...