TechTargetジャパン

技術文書
【実態調査】ロボットによる接客は受け入れられているのか?
 市場調査などを行うクロス・マーケティングは、コミュニケーションロボットの認知や接触の実態に加え、今後の普及の可能性の有無を探ることを目的に「コミュニケーションロボットによる接客に関する調査」を実施。その結果をまとめた調査レポートを公表した。※本資料は...(2016/9/23 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
リアルタイム分析―これからの基幹系システムデータの分析要件とは
 マーケティングや経営分析を実施する上で欠かせない販売実績やPOSに関するデータは、基幹系システムに格納されている。この稼働に支障が出ないよう、データ分析を行う際は必要なデータをいったんデータストアへコピーし、ETL処理を行った上で、データウェアハウスに格納...(2016/9/23 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
個々の属性をリアルタイムに把握、顧客ニーズを捉える分析基盤の条件は?
 マーケティングや開発戦略において、個々の顧客属性に合わせたサービスを展開することの重要性は以前から指摘されていた。そこで多くの企業では、年齢、職業、性別、家族構成などの属性データを集めてグループ分けをし、顧客分析を行ってきた。 しかし、多くの顧客は必...(2016/9/20 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
店舗開発、販促、顧客データ分析のエリアマーケティングGIS選び7つのポイント
 エリアマーケティングGISは出店候補地の分析や既存店・競合店の分析、チラシ配布エリアの最適化、顧客データを地図に取り込んでのデータ分析などを簡単に行うことができる。 その一方で、「以前に導入したがやりたいことができなかった」「前に使っていたが使いにくく...(2016/9/15 提供:マップマーケティング株式会社)

Webキャスト
Watsonとマーケティングの融合で生まれるリアルタイムの戦略支援
 IBMがグローバルで実施した調査によると、6割以上のCMO(Chief Marketing Officer)が「もっとパーソナルな体験を提供したいが対応できない」と考えている。そして、分析作業について「データの爆発的増加に対応できる」と答えたCMOは、4割にも満たなかった。 基幹シス...(2016/9/14 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Webキャスト
Webサイトの隠された問題点とは? 無言で離脱したユーザーの不満を知る方法
 Webサイトでサービスや製品を販売している企業とそれを利用するユーザーの間には、ユーザー体験に関する認識で大きなズレが起きている。多くの企業が自分たちはユーザーの求めていることを認識し、望む体験をおおむね提供できていると考えているが、ユーザーは企業が思...(2016/9/14 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
AWS上のシステムとのセキュアなデータ連携を実現するには?
 マーケティングリサーチ業界の国内トップ企業であるインテージ。同社は消費・販売双方のパネル調査網を持つ、マーケティングリサーチ業界のリーディングカンパニーだ。リサーチ事業は顧客企業との「信頼」で成り立っている。やりとりするデータの中にはモニターの個人情...(2016/9/13 提供:株式会社セゾン情報システムズ)

製品資料
スマホによるビジュアルIVR活用、問い合わせをマーケティングに活用する仕組み
 スマートフォンユーザーの増加を受け、多くの企業がスマートフォン対応サービスの充実による顧客満足度の向上を目指すようになった。しかし、スマートフォンからの電話問い合わせに関しては、旧来のIVR(音声応答システム)をそのまま利用している企業が多い。 そこで...(2016/9/13 提供:モバイルセレクト株式会社)

レポート
「やっぱり『テレマ』は重要かも」と心が揺れるマーケターに3つの質問
 アカウントベースドマーケティング(ABM)が注目される中、復活を遂げたのが「テレマ」すなわちテレマーケティングである。テレマーケティングは、マーケティングエージェンシーだけでなく、オンラインパブリッシャーの製品キットにも含まれるようになった しかし、マ...(2016/9/12 提供:アイティメディア株式会社)

事例
顧客体験のパーソナライズ化がもたらすマーケティングの変動
 今日のマーケットは極めて複雑なものになっている。 コミュニケーションの主導権は顧客側にあることが明らかな今、マーケティング担当者の課題は、顧客とのエンゲージメントをより深化させるため、迅速に、時には先回りした顧客対応を取ることが必要となっている。 す...(2016/9/12 提供:SAS Institute Japan株式会社)

製品資料
SEOの「5つの神話」は本当か? Googleのアルゴリズムの実情を解説
 検索エンジン対策として完全に定着した「SEO」(Search Engine Optimization)。その概念が初めて登場した1990年代後半から、外部リンク中心の時代を経てコンテンツ重視の時代へと至る過程では、数々の“SEO神話”が生まれてきた。 その1つが「外部リンクは効果がない...(2016/9/9 提供:株式会社PLAN-B)

技術文書
IBMが贈るデジタルマーケティングを成功させる「10の秘訣」
 2015年はマーケティング担当者にとって大きな節目となった年だ。なぜならば、行動マーケティングの考え方を具体的な施策に落とし込むテクノロジーが数多く出現し、それらを活用して大きな成果を上げる企業が続々と登場し始めたからである。ただし、こうした企業も、まだ...(2016/9/8 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
ロイヤリティープログラム活用の「5つの課題」――課題解決の処方箋はあるか
 「ロイヤリティープログラム」は、一定の収益を上げるだけでなく、顧客のさらなるロイヤリティー(忠誠度)向上を促すマーケティング施策である。このプログラムは高価格帯商品を対象にするものと考えられてきたが、最近では幅広い価格帯の商品で試されて効果を上げてい...(2016/9/8 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
ワンランク上のWebサービス基盤に必要な「3つの機能」――競合製品との比較検証
 顧客や取引先、従業員向けにモバイル対応のWebサービスを展開し始め、トランザクションの急激な変化への対処に追われる企業が増加している。さらには本社を含めた複数の拠点でのデータ分析ニーズに応えるため、Webサービスによって独自の分析基盤を展開したり、新しいマ...(2016/9/7 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
生活者の行動パターンに注目、「リアル行動ターゲティング」で広告配信が変わる
 Webページの閲覧、検索、クリック、購買などのWeb行動データを基にした広告配信は、製品やサービスへのニーズを持つユーザーを的確に捉えたマーケティングを可能にする。しかし、能動的な情報収集の履歴から見えるのは、ある程度ニーズが顕在化したユーザー層であり、そ...(2016/9/5 提供:Cinarra Systems Japan株式会社)

技術文書
検索エンジンの検索結果を最適化、上位の表示を狙ってビジネスを有利に
 検索エンジンの検索結果で上位に表示させる手法や技術であるSEO(検索エンジン最適化)は、1990年代半ばに登場して以来、幾度となく変化を遂げてきた。それは主に大手検索エンジンのアルゴリズム変更に伴って生じたものだ。 検索の質を向上させたい検索エンジンにとっ...(2016/8/29 提供:KDDI株式会社)

技術文書
外回り営業部隊との分業・連携で営業の効率化と売り上げアップを目指す
 インサイドセールスは、外回りの営業部隊であるフィールドセールスだけでは対応しきれない顧客対応を行う“訪問しない営業部隊”だ。その役割は、電話やメール、Webチャットなどのツールを用いて顧客との関係を構築することにある。 近年、インサイドセールスが重視さ...(2016/8/29 提供:KDDI株式会社)

レポート
マーケティング業務プロセスを自動化し確度の高い見込み客リストの生成へ
 米国ではFortune500の大企業の半数以上が導入しているという「マーケティングオートメーション」。導入企業は、未導入企業と比べて2倍以上のリード(見込み客)を獲得しているという報告もあり、日本でも採用企業が増えつつある。 その最大の目的は、見込み客情報の獲...(2016/8/29 提供:KDDI株式会社)

技術文書
地域の特性を調査・分析して確度の高いマーケティング戦略を立案
 地域ごとの独自性に合わせた出店計画や商品の差別化、地域限定のターゲティングなどを行う際に利用される「エリアマーケティング」。その戦略の立案には、市場細分化(マーケットセグメンテーション)による、ターゲットの絞り込みが求められる。 市場細分化は、これま...(2016/8/29 提供:KDDI株式会社)

技術文書
リアルな行動データを活用して投資効果の測定や見込み客の絞り込みへ
 デジタルマーケティングでは、ユーザーの興味や好みに合わせた“おすすめ”商品などの情報をデジタル広告やダイレクトメールで提案する形で行う。そこで、絶対に欠かせない基本情報となるのがユーザーの行動データだ。 従来は、このデータの収集は、ユーザーが入力した...(2016/8/29 提供:KDDI株式会社)

製品資料
モバイル広告に通信キャリアのデータを活用、来店率が大幅に向上する理由とは?
 Web上の検索・閲覧履歴からユーザーの興味関心や属性を類推し、ターゲットを絞った広告配信を行う手法が広く利用されるようになった。しかし、Web上の行動は日常生活のごく一部にすぎず、そのターゲティング精度は決して高いとはいえない。 そこで、通信キャリアから得...(2016/8/29 提供:Cinarra Systems Japan株式会社)

製品資料
マーケティングオートメーション徹底解剖――B2Cで多くの企業が失敗する理由
 一人一人の顧客に最適化したマーケティングを行うためのツールであるマーケティングオートメーションには、B2B向けとB2C向けの2種類が存在する。B2C向けは「クロスチャネルキャンペーンマネジメント」(CCCM)と呼ばれ、B2B向けとは目的などが異なる。 CCCMの目的は...(2016/8/23 提供:株式会社フロムスクラッチ)

製品資料
マーケティングオートメーション主要6ツール比較、機能とサポートの違いは?
 近年、多くの企業がマーケティングやセールスに活用しているマーケティングオートメーションツール。さまざまなツールが登場し、市場も盛り上がりを見せているが、「実は正しい活用方法が分かっていない」という企業や担当者は今も多い。 まず知っておきたいのが、マー...(2016/8/23 提供:株式会社フロムスクラッチ)

レポート
現代のマーケターが直面する3つの課題
 ますます巧妙になるマーケティングの世界に臨むには、私たち全員が直面しているニーズと課題を理解することが重要だ。そこで、より深くインサイトを掘り起こそうと、TechTarget では座談会を開いて最近のマーケターが夜もすがら思い続けていることは何かを探ることにし...(2016/8/18 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
キーマンズネット データブック 2016(2016年2月発行)
 コンテンツマーケティングを職務の1つとするマーケティング担当者にとって、「どのようなコンテンツを作れば、アプローチしたい読者に見てもらえるのか?」という悩みは尽きることはない。 企業向けIT製品の総合サイトであるキーマンズネットには、ITベンダー企業制作...(2016/8/18 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
TechTargetジャパン Data Report 2016(2015年4月〜2016年3月版)
 コンテンツマーケティングを職務の1つとするマーケティング担当者にとって、「どのようなコンテンツを作れば、アプローチしたい読者に見てもらえるのか?」という悩みは尽きることはない。 本コンテンツは、2015年度にTechTargetジャパンに掲載され、読者にダウンロー...(2016/8/18 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
モバイル位置情報を活用した「次世代型エリアマーケティング」で集客力を向上
 流通関連企業で行われているエリアマーケティングは、これまで商圏周辺に住む人を対象にチラシを配るような形で行われてきた。そのため、どんな人がチラシを見て、どのくらいの来店につながったのかといった効果を把握することが難しかった。 そこで、モバイルアプリな...(2016/8/17 提供:Cinarra Systems Japan株式会社)

製品資料
今までにない方法でターゲットにリーチ 現実の行動を活用したマーケティング術
 ユーザーのデータを蓄積し、ニーズに合わせた情報を提供する試みはこれまでにさまざまな形で行われてきた。しかし、収集できるデータはオンライン上のものが多いことから、ターゲット顧客の現実の行動を考慮したマーケティングまでには至ってこなかった。 そこで、モバ...(2016/8/10 提供:Near Pte.Ltd.)

事例
人気ECサイトに学ぶ、パーソナライズされたサービスを成功させるテスト環境
 ECサイトでは、会員に新鮮な情報を提供し続けるために、タイムリーな特集記事を用意したり、画像や文章を小まめに更新したりするような努力を日々重ねている。その流れの中で、多くの企業が重視するようになったのが、一人一人の顧客ニーズに合わせたマーケティングだ。(2016/7/26 提供:株式会社システムエグゼ)

その他
【ケーススタディで学ぶ】製造業のためのWebマーケティング入門
 製造業ではいま新しいマーケットが形成され、新たなターゲットとなりうる顧客層が生まれつつあります。そうしたなかで、あなたの会社の営業・マーケティング体制は、まだ「引き合い依存」のままになってはいないでしょうか? 製造業における「Webマーケティングの重要...(2016/7/7 提供:アイティメディア株式会社)

Loading