TechTargetジャパン

Webキャスト
自社のクラウド導入はどの段階? デジタル変革を成功させる段階的アプローチ
 IoTやデジタルマーケティングなど新たなITの使い方が広がり、「デジタルトランスフォーメーション(DX)」の流れが国内でも加速している。その中ではクラウド、とりわけ複数のクラウド環境を使いこなすハイブリッドクラウドの重要性が高まっている。 多種のクラウドを...(2017/5/19 提供:インテル株式会社)

レポート
デジタルマーケティング戦略の鍵――アジャイルで実践するための5つの要素
 消費者が自ら情報を発信し、膨大なコンテンツが氾濫するデジタルチャネル時代。口コミ情報の影響力は大きく、既存チャネルを通じて企業が主導するマーケティングだけでは、効果的にアプローチすることが難しくなっている。これは、マーケターが意識すべきカスタマージャ...(2017/5/17 提供:SAS Institute Japan株式会社)

レポート
複数製品によるクロスチャネル/クロスデバイス戦略、データ分散を防ぐ11の機能
 現在、多くの企業が顧客データの包括的な管理と活用を行うためにマーケティングスイートを導入している。しかし、顧客と企業をつなぐチャネルやデバイスの多様化などにより、単一のマーケティング製品で業務を完結させることは、以前にも増して困難なものとなっている。(2017/5/12 提供:Tealium Japan株式会社)

レポート
「MarTech」急拡大が生み出す4つの課題――顧客維持に向けたデータ活用戦略は?
 マーケティング活動にデジタル技術を取り入れるマーケティングテクノロジー(MarTech)分野が急成長している。2011年に世界で150種類しかなかったMarTechは、2016年にはおよそ3800種類と25倍に急増した。 一方で、この急増が課題も生んでいる。今や企業1社当たりのMarT...(2017/5/12 提供:Tealium Japan株式会社)

レポート
「リテールテック・SECURITYSHOW」展示会レポート
流通業のサプライチェーンとマーケティングを進化させる最新のIT機器・システムが集まる専門展と、防犯カメラからセキュリティまで社会の安心・安全を守る製品・サービスを紹介するセキュリティの専門展。本レポートでは、注目の各ブースで聞いた話を、豊富な写真とともに...(2017/4/18 提供:株式会社アペルザ)

製品資料
CRMやERPなどのビジネス機能を1システムで――統合型パッケージの実力は?
 現在のビジネスでは、さまざまな形で収集されたデータを分析し、先読みした行動や迅速な対応につなげていくことが求められている。また、各種データや分析結果を迅速かつ効果的に社員間で共有することも競争力を向上させる上で欠かせない。 従来は、このようなシステム...(2017/4/11 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
ABMでもバイヤーペルソナが重要な理由
 ABMの導入が進むにつれ、企業は成約確度の高い理想的な見込み客(プロスペクト)を見極めようと時間とリソースを費やし、購買意向データを利用してターゲットアカウントを選定するようになった。しかし、ABMで最大の成果を上げている企業は、そこで終わらない。 ABMで...(2017/4/5 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
今のマーケティング施策に足りないものは何か?――データ分析で顧客を理解する
 B2C 企業で先行してきたデジタルマーケティングの波が、B2B企業にも広がり始めた。中でも注目されている手法が「MA(Marketing Automation)」だ。企業担当者の行動履歴から有力な見込み客を可視化し、最適なタイミングで情報発信を行ったり、表示コンテンツを顧客ごと...(2017/4/3 提供:富士通株式会社)

レポート
デジタルマーケティングがうまくいかない理由は? ビジネスとICTの課題を解説
 多くの分野でICT活用が進む中、意外にも遅れている分野がマーケティングだ。多くの企業で、顧客情報を各部門でバラバラに保有する個別最適に陥っており、リアルタイムに顧客の状況を把握する仕組みも整備できていないなど、ビジネス・ICTの両面で課題が見られる。 その...(2017/4/3 提供:富士通株式会社)

事例
デジタルマーケティング成功のコツ――製薬メーカーなど4社の事例を解説
 Webサイトは企業にとって顔であり、豊富なコンテンツの提供はもちろん、情報が得やすいサイト構成や見せ方の工夫も求められる。他にも多言語対応や、グループ会社・部門・ブランドでのデザイン統一、セキュリティポリシーや情報ガバナンスの一貫性を実装できるといった...(2017/3/21 提供:ソフトバンク・テクノロジー株式会社)

製品資料
ナノ・ユニバースやアトレでも取り組むオーダーメイド型CRMの活用法
 顧客中心の経営戦略を支えるCRMにも、さまざまなタイプがある。例えば、従量課金型でスモールスタートしやすいが、機能が画一的なことも多いクラウドサービス。逆に、対象ユーザーを細かく設定できるが、多すぎる機能を持て余してしまうパッケージ製品。さらに完全スク...(2017/3/14 提供:株式会社フュートレック)

事例
CRM/DMPとポイント管理を統合、「顧客囲い込み」を実現するマーケティング基盤
 激しい競争が行われている現在のオンラインビジネスでは、獲得した顧客を囲い込むための「リテンションマーケティング」が勝敗を左右する。そのため、Webサイト運営では、一人一人の顧客に最適化したサービスを提供し、顧客満足度を高めることが重要となっている。 従...(2017/3/6 提供:NTTテクノクロス株式会社)

製品資料
“顔の見えない顧客”も捉える、次世代マーケティングで顧客体験はどう変わる?
 スマートフォンの急速な普及を始め、消費者がWebサイトやアプリケーションを活用して情報収集をする現在、顧客が望む情報やサービスを最適なタイミングで届けることが、CX(カスタマーエクスペリエンス)最大化の近道だ。しかし、顧客とのタッチポイントが多様化する中...(2017/3/3 提供:富士通株式会社)

製品資料
無理なく始めるOne to Oneマーケティング――PDCAサイクルの実践は難しくない
 従来のマスマーケティング効果が薄れていく中、近年脚光を浴びているのが、個々の顧客に最適なマーケティング施策を実行するOne to Oneマーケティングである。もちろんこうした高度な施策は一朝一夕にできるものではなく、ツール整備を含めさまざまな環境を整えなければ...(2017/3/1 提供:株式会社フュートレック)

プレミアムコンテンツ
脅威にどう備える? 先進事例から学ぶ「工場セキュリティ」
 IoT(Internet of Things:モノのインターネット)やインダストリー4.0に注目が集まる中、製造業では「つながる工場」の実現に向け、汎用OSや標準通信規格ベースのネットワーク技術が急速に工場内に入り込み始めている。これまで閉じられた世界で守られてきた工場も、“...(2017/2/28 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
デジタルマーケティングの基礎ガイド――どうする? 何から始める?
 企業のWebサイトは単なる情報発信の「場所」ではなく、マーケティングの重要な「チャネル」であることは言うまでもない。だが実際に有効活用できている企業は、どれほどあるだろうか。分析ツールやWebサイトを活用していても、部門や商材、サイトごとに縦割りで施策を展...(2017/2/27 提供:ソフトバンク・テクノロジー株式会社)

レポート
残念な顧客体験価値の原因は“統合”戦略?
 どのマーケティングの教科書にも、「戦略とは、目標を達成するためによく考えて策定された計画または手段である」と書かれているが、ほとんどの状況において、同じ目標を達成するために複数の戦略が存在し得るということに私は戸惑いを覚える。 それには正当な理由があ...(2017/2/21 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
ロボットがビッグデータ分析を自動化――予測分析モデルを誰でも利用可能に
 ビッグデータから知見を引き出す「データサイエンティスト」が脚光を浴びる中、ビッグデータ分析の需要は増え続けており、データサイエンティスト不足が顕著になっている。その専門性を有効活用するためにも、データサイエンティストには彼らにしかできない分析に専念し...(2017/2/9 提供:新日鉄住金ソリューションズ株式会社)

製品資料
顧客データの分散状況を瞬時に解決、パーソナルマーケティング基盤の実力は?
 一人一人の顧客の状況をリアルタイムに把握し、属性・嗜好・状態に応じたアプローチを行う「パーソナルマーケティング」。成約率や顧客満足度などの大幅な向上が期待できることから、多くの企業のマーケティング部門が注目しているが、その実現は容易ではない。 ICTの...(2017/2/8 提供:富士通株式会社)

事例
15の事例で見るWebサイト構築:高速化/低コスト化/高品質化を実現したCMSは?
 さまざまな企業や組織のWebサイト構築に利用されるCMS(コンテンツマネジメントシステム)。近年は、Webサイトの多言語・マルチデバイス対応へのニーズも高まり、更新作業にもより多くのメンバーが参加するようになったことから、その機能や操作性が再検討され始めてい...(2017/2/1 提供:株式会社ディバータ)

事例
自社アプリで集客/購買を促進――スキル不要で開発から顧客育成まで一気に実現
 2016年から2020年にかけて、スマートフォンアプリのダウンロード数は倍増すると予想されている。この流れを受けて、自社アプリを活用した集客促進や購買促進に取り組む企業が増えているが、実際のマーケティング効果はどのくらいあるのだろうか。 あるスポーツウェアメ...(2017/1/19 提供:ファストメディア株式会社)

製品資料
インサイドセールス実践ガイド――売上達成に向けた「設計」の重要ポイント
 営業活動の省力化やコスト削減を目的として導入が進むインサイドセールス。電話や電子メール、ダイレクトメール(DM)などの非訪問の手段で行う営業活動を指す用語だが、近年は営業を分業化する手法として脚光を浴びている。 もちろん、訪問/非訪問の分業だけが目的で...(2017/1/11 提供:株式会社WEIC)

製品資料
低コストでAIを導入――Watsonがビッグデータ分析・マーケティング分析を支援
 AIや機械学習が本格的な実用段階に入り、さまざまな場面でAIが業務における意思決定を支援し始めている。これは大企業に限った話ではなく、あらゆる規模の企業で利用が拡大している。その背景には、AI導入を阻むコストの壁が取り払われたことがある。 例えば、AIブーム...(2017/1/10 提供:株式会社イーネットソリューションズ)

製品資料
機械学習で分析モデル選択を自動実行 予測分析を極限まで簡素化する仕組みとは?
 企業や組織がより多くの顧客セグメントや事業セグメントにアナリティクスを適用するようになると、多くの場合は、予測モデルに求められる詳細レベルが高まっていく。その結果、より高度なモデルをより多く開発しなければならないが、ほとんどの分析担当者やデータサイエ...(2016/12/26 提供:SAS Institute Japan株式会社)

レポート
顧客の過半数は「営業と話す前に購入判断済み」 変化を迫られる販売戦略
 B2Bのソリューションや製品を導入する際は「営業担当者に連絡する前に調査を行い、購入を決めている」場合が65%を占めていた。つまり、ITソリューションプロバイダーと顧客が接触したときには、すでに購入判断が済んでいるケースが多いとIDCが報告している。 顧客にリ...(2016/12/22 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
2つのキーワードが事業を変える 成功企業のインタビューが示した道筋
 クラウドサービスで成功している企業へのインタービューで明らかになったことの1つが「テクノロジーや事業の特化」だとIDCは報告している。その分野は製造業や銀行業などの業種、会計や人事、マーケティング業務、あるいはシステム管理やERPなど多岐にわたり、特化を進...(2016/12/22 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
その「購買意思」は本物? データの品質は出所に依存する
 ミネラルウォーターのラベルには、「採水地でボトリング」(bottled at the source)というフレーズがよく使われている。これは、消費者に「このミネラルウォーターは最高の鮮度が保たれている」ということをアピールするマーケティングフレーズだ。ただし、この採水地...(2016/12/13 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
Webの売り上げ・問い合わせ向上、見込み客獲得型オウンドメディアの立ち上げ方
 商品の受注増加を狙って、はやりのWebマーケティングの手法を取り入れたものの、売り上げや問い合わせは増えず、リスティング広告やモール出店などのコストばかりが増えていく――。 “アウトバウンド型”のWebマーケティングではよくある話だ。それに対して、インバウ...(2016/12/2 提供:株式会社イノーバ)

事例
みずほ銀行のOne to Oneマーケティングを支える「データレイク」の作り方
 みずほ銀行では、毎月約3億件ものトランザクション処理が発生する。この膨大なデータを蓄積、分析するために構築したのが「データレイク」基盤だ。これにより同行は、結婚や住宅購入、子どもの教育などのライフイベントに合わせ、商品やサービスをレコメンドしていくOne...(2016/11/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
Hadoop/Sparkと相性の良い製品は? ビッグデータ分析基盤の正しい選び方
 大規模な分散処理も低コストに実現するフレームワーク「Apache Hadoop」により、分散処理によるビッグデータ分析が本格的に普及し始めた。銀行におけるきめ細かな顧客コミュニケーションや、運転データのリアルタイム分析による事故防止サービス、生活者の価値観などに...(2016/11/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Loading