TechTargetジャパン

製品資料
提供コンテンツ20種類以上、地理情報を業務に利用したい企業に最適なサービス
 土木建築業務では、地盤のリスク情報の把握が非常に重要である。土地開発をするためには、もちろん事前の調査は欠かせないが、そのために必要な情報を一から収集し、システム化していくのは困難である。そこで役立つのが、地理情報の取得および活用を簡単な操作で行える...(2017/9/12 提供:応用リソースマネジメント株式会社)

レポート
身近になってきた「VR」をビジネスで生かすには?
 概念自体は古くから存在していたVR(Virtual Reality:仮想現実)だが、2016年にはゲームをはじめとしたエンタテイメントのいち手法として強い存在感を発揮するまでに成長した。存在感を発揮するのはまだエンタメ分野に留まっているが、製造業や建設業の設計から製造...(2017/9/1 提供:KDDI株式会社)

製品資料
ソーシャルビッグデータを提供、2000億件が定額・無制限で使えるサービスとは?
 従来のマスメディアを活用したマーケティングリサーチでは、消費者のニーズをつかむことが難しくなっている。そこで注目されるのが、SNSやECサイト、Q&Aサイトなどに日々投稿されるソーシャルビッグデータだ。消費者の生の意見が反映されたソーシャルビッグデータは...(2017/8/22 提供:ネイチャーインサイト株式会社)

レポート
Webサイトでのコンバージョン率を向上させる今注目の「Web接客」の秘訣
 Webサイトを活用したマーケティングに取り組んだものの、思うような成果が上がらず悩んでいる企業は多い。「広告予算を増やしたが、効果が費用に見合わない」「特集コンテンツを作ったら、他のコンテンツの閲覧数が激減してしまった」「スマートフォン対応が不十分で...(2017/8/15 提供:株式会社Sprocket)

技術文書
顧客を取りこぼさない、カスタマーエクスペリエンスの品質向上法
 顧客対応は、購買にダイレクトに作用する重要な要素だ。ある企業調査によれば「不十分なカスタマーサービスを体験したことで購入を取りやめた」顧客は、B2Bで66%、B2Cで52%にもおよんだという。 これは、かつてに比べてマーケティング手法も販売チャネルも多様化し...(2017/8/8 提供:株式会社Zendesk)

製品資料
機械学習を活用した精度90%の販売予測が「誰でも当たり前」にできる方法
 機械学習をビジネスに活用する用途の1つに販売予測がある。商品の発注量の予測を間違えると、商品が足りなくなって販売機会を失ってしまったり、逆に商品が多すぎて廃棄によるコスト増大を招いたりすることになる。予測精度を上げることができれば、こうしたロスを最小...(2017/8/2 提供:株式会社ノーチラス・テクノロジーズ)

その他
優れた顧客体験を提供するための7つのベストプラクティス
 企業の成長にとって優れたカスタマーエクスペリエンス(顧客体験)の提供は欠かせないものだ。その実現のためには、顧客との接点で行われる一連のやりとりを「カスタマージャーニー」として捉え、総合的なエクスペリエンスを考えていく必要がある。 重要なのは、カスタ...(2017/8/1 提供:SAS Institute Japan株式会社)

事例
顧客の情報を全方位で把握、マーケティングROIを最大化する統合データ基盤
 顧客の趣味、好み、行動などの情報を戦略的に取得、一元管理して、それを分析することは非常に多くのメリットがある。例えば、分析データをデジタルマーケティング基盤として利用することで、マーケティング施策を最適化したり、顧客の趣味・好みに合わせたサービスを展...(2017/7/20 提供:Cloudera株式会社)

事例
ビッグデータ活用でレコメンド機能を強化、DMM.comを支える高速分析基盤とは?
 2015年10月で1700万人の会員数を突破しているDMM.comグループのシステム構築と運営、Webマーケティングを手掛けているDMM.comラボ。同社は多様化する顧客のニーズに応えるため、ビッグデータを用いてユーザー特性を分析、お薦めの商品を紹介するレコメンド機能や行動分...(2017/7/20 提供:Cloudera株式会社)

製品資料
10分で分かる「データレイクの作り方」 データマートと何が違う?
 企業競争力の源泉としてデータ分析の重要性が増す中、情報システム部門に依存するのでなく、マーケティング部門や営業部門、財務部門などの現場が自らデータ分析を活用できることが求められている。そのために採用され始めたデータ管理戦略が「データレイク」だ。 目指...(2017/7/18 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
マーケターよ、そのデータはもう死んでいる
 「データ死荷重(Data Deadweight)」とは、見込み客(プロスペクト)リストの件数は十分(例えば「2万5000件の見込み客がリストされている」というように)なはずなのに、どのマーケティング施策にも全く役に立たない見込み客データを指す。このような“見込み客”は...(2017/7/13 提供:アイティメディア株式会社)

事例
社内の顧客情報を「Salesforce」で一元管理、名刺情報も集約させる方法とは?
 業務に合わせてさまざまなツールを導入していった結果、全体としての業務効率が低下するケースは少なくない。それぞれの作業には便利でも、ツール間の連携が取れなければ、社内に情報が散在する状況が生まれる。その結果、営業業務のプロセスに多くの無駄が生じるのだ。(2017/7/13 提供:株式会社サンブリッジ)

事例
イベントで獲得した名刺を次のマーケティング施策に活用する名刺管理サービス
 顧客の購買プロセスの変化に伴い、企業の営業活動においてもWebサイトをはじめとするデジタル施策の比重はより高まっている。一方、顧客との接点を作る一歩目としては、「名刺」というアナログな手法も根強く使われ続けている。こうしたデジタルとアナログをうまく融合...(2017/7/13 提供:株式会社サンブリッジ)

事例
大量の名刺を迅速にSFAへ登録、営業・マーケティングを強化するデータ整理術
 コンサルティングのような業務は、個人のポケットノウハウばかりが増えがちで、社内でのノウハウの共有が進みにくい。また、人的限界によって全国全てをカバーできないことも大きな課題となる。そのため、ノウハウを共有したり、顧客との新たな接点を増やしたりするため...(2017/7/13 提供:株式会社サンブリッジ)

製品資料
「Salesforce」の効果を高める名刺管理術、売れる仕組みをどう作る?
 営業やマーケティングにおける名刺の重要性は多くの企業で認識されており、その活用のための名刺管理サービスの導入も進みつつある。しかし、その実態は単なる管理にとどまっており、営業活動に生かしきれていないケースも多い。 この課題を解消するには、SFA/CRM内で...(2017/7/13 提供:株式会社サンブリッジ)

製品資料
Salesforce一体型名刺管理サービスの実力――営業力を強化する名刺活用の仕組み
 名刺をデジタル化して日々の業務に活用している個人や企業は多いはずだ。しかし、そのデータをExcelでまとめたり、データベース化したりするだけでは十分とはいえない。名刺情報を営業活動やマーケティングに生かすためには、Salesforceに代表されるSFAとの連携は欠かせ...(2017/7/13 提供:株式会社サンブリッジ)

Webキャスト
デモ動画で分かる「地理空間分析」、マッピングによる情報分析の実践活用法
 店舗の出店先の決定など、さまざまな場面で活用されている地理空間分析。データの視覚化によって情報を整理することで、今までにない気付きを得ることができる。しかし、ただ視覚化するだけでは、データの隠れた関係性を明らかにすることは難しい。 そこで登場したのが...(2017/6/28 提供:クリックテック・ジャパン株式会社)

レポート
「売り上げに貢献しないWebサイト」の7つの特徴とは?
 あなたの会社では、自社のWebサイトをどのように運用しているだろうか? そもそも「運用」するものとして、Webサイトを捉えているだろうか。もし「取りあえず、それなりに情報が載っているから大丈夫だろう」と思っているのだとしたら、知らず知らずのうちに未来の顧客...(2017/6/20 提供:株式会社イノーバ)

レポート
身近になってきた「VR」をビジネスで生かすには?
概念自体は古くから存在していたVR(Virtual Reality:仮想現実)だが、2016年にはゲームをはじめとしたエンタテイメントのいち手法として強い存在感を発揮するまでに成長した。存在感を発揮するのはまだエンタメ分野に留まっているが、製造業や建設業の設計から製造、マ...(2017/5/26 提供:KDDI株式会社)

Webキャスト
自社のクラウド導入はどの段階? デジタル変革を成功させる段階的アプローチ
 IoTやデジタルマーケティングなど新たなITの使い方が広がり、「デジタルトランスフォーメーション(DX)」の流れが国内でも加速している。その中ではクラウド、とりわけ複数のクラウド環境を使いこなすハイブリッドクラウドの重要性が高まっている。 多種のクラウドを...(2017/5/19 提供:インテル株式会社)

レポート
複数製品によるクロスチャネル/クロスデバイス戦略、データ分散を防ぐ11の機能
 現在、多くの企業が顧客データの包括的な管理と活用を行うためにマーケティングスイートを導入している。しかし、顧客と企業をつなぐチャネルやデバイスの多様化などにより、単一のマーケティング製品で業務を完結させることは、以前にも増して困難なものとなっている。(2017/5/12 提供:Tealium Japan株式会社)

レポート
「MarTech」急拡大が生み出す4つの課題――顧客維持に向けたデータ活用戦略は?
 マーケティング活動にデジタル技術を取り入れるマーケティングテクノロジー(MarTech)分野が急成長している。2011年に世界で150種類しかなかったMarTechは、2016年にはおよそ3800種類と25倍に急増した。 一方で、この急増が課題も生んでいる。今や企業1社当たりのMarT...(2017/5/12 提供:Tealium Japan株式会社)

レポート
「リテールテック・SECURITYSHOW」展示会レポート
流通業のサプライチェーンとマーケティングを進化させる最新のIT機器・システムが集まる専門展と、防犯カメラからセキュリティまで社会の安心・安全を守る製品・サービスを紹介するセキュリティの専門展。本レポートでは、注目の各ブースで聞いた話を、豊富な写真とともに...(2017/4/18 提供:株式会社アペルザ)

製品資料
CRMやERPなどのビジネス機能を1システムで――統合型パッケージの実力は?
 現在のビジネスでは、さまざまな形で収集されたデータを分析し、先読みした行動や迅速な対応につなげていくことが求められている。また、各種データや分析結果を迅速かつ効果的に社員間で共有することも競争力を向上させる上で欠かせない。 従来は、このようなシステム...(2017/4/11 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
ABMでもバイヤーペルソナが重要な理由
 ABMの導入が進むにつれ、企業は成約確度の高い理想的な見込み客(プロスペクト)を見極めようと時間とリソースを費やし、購買意向データを利用してターゲットアカウントを選定するようになった。しかし、ABMで最大の成果を上げている企業は、そこで終わらない。 ABMで...(2017/4/5 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
今のマーケティング施策に足りないものは何か?――データ分析で顧客を理解する
 B2C 企業で先行してきたデジタルマーケティングの波が、B2B企業にも広がり始めた。中でも注目されている手法が「MA(Marketing Automation)」だ。企業担当者の行動履歴から有力な見込み客を可視化し、最適なタイミングで情報発信を行ったり、表示コンテンツを顧客ごと...(2017/4/3 提供:富士通株式会社)

製品資料
顧客データの分散状況を瞬時に解決、パーソナルマーケティング基盤の実力は?
 一人一人の顧客の状況をリアルタイムに把握し、属性・嗜好・状態に応じたアプローチを行う「パーソナルマーケティング」。成約率や顧客満足度などの大幅な向上が期待できることから、多くの企業のマーケティング部門が注目しているが、その実現は容易ではない。 ICTの...(2017/4/3 提供:富士通株式会社)

事例
デジタルマーケティング成功のコツ――製薬メーカーなど4社の事例を解説
 Webサイトは企業にとって顔であり、豊富なコンテンツの提供はもちろん、情報が得やすいサイト構成や見せ方の工夫も求められる。他にも多言語対応や、グループ会社・部門・ブランドでのデザイン統一、セキュリティポリシーや情報ガバナンスの一貫性を実装できるといった...(2017/3/21 提供:ソフトバンク・テクノロジー株式会社)

製品資料
ナノ・ユニバースやアトレでも取り組むオーダーメイド型CRMの活用法
 顧客中心の経営戦略を支えるCRMにも、さまざまなタイプがある。例えば、従量課金型でスモールスタートしやすいが、機能が画一的なことも多いクラウドサービス。逆に、対象ユーザーを細かく設定できるが、多すぎる機能を持て余してしまうパッケージ製品。さらに完全スク...(2017/3/14 提供:株式会社フュートレック)

レポート
デジタルマーケティング戦略の鍵――アジャイルで実践するための5つの要素
 消費者が自ら情報を発信し、膨大なコンテンツが氾濫するデジタルチャネル時代。口コミ情報の影響力は大きく、既存チャネルを通じて企業が主導するマーケティングだけでは、効果的にアプローチすることが難しくなっている。これは、マーケターが意識すべきカスタマージャ...(2017/3/10 提供:SAS Institute Japan株式会社)

Loading