TechTargetジャパン

事例
【営業改革とグローバル強化】アンリツがCRMに「Salesforce」を選択した理由
 120年の歴史を誇る大手電子機器メーカーのアンリツ/アンリツグループでは、グローバルビジネスのさらなる強化に向け、幅広い顧客ニーズを理解し、それを製品やサービスに反映することが求められていた。しかし、当時は拠点ごとに別々のシステムが構築・運用されていた...(2017/10/30 提供:株式会社セールスフォース・ドットコム)

製品資料
「機械学習」で膨大な情報を迅速に活用、ビジネスを進化させる分析手法とは
 テクノロジーの進化は現代のビジネスにおける課題を大きく変化させた。とりわけビジネスの“スピード”は重要な要素となっており、従来のプロセスをより効率化して迅速なビジネスを実現しなければ顧客の求める製品・サービスを提供することは難しくなっている。 目まぐ...(2017/10/30 提供:インテル株式会社)

事例
老朽化したサイトを先端のビジネス基盤に刷新――CBnewsに学ぶWeb開発・運用
 医療・介護分野に特化したニュースサイトを運営するCBnewsは、無料会員だけでも30万人の読者に情報を発信している。2006年のサイト立ち上げ以来、同社は、ユーザーニーズや運用ニーズに応えるため、“つぎはぎ”のような追加開発や改修を繰り返してきた。 その結果、シ...(2017/10/27 提供:株式会社ニューロベイス)

事例
定着の難しいBIツール、どのように導入すれば全社・全店舗で活用できるのか?
 全国規模でビューティーサロンを展開するソシエ・ワールドは、データ活用に課題を抱えていた。各店舗の売り上げをそれぞれの事業部がExcelで集計していたため、属人性が高くなり、データ分析や報告書の品質が安定しなかった。また、データ抽出のたび、情報システム部門...(2017/10/20 提供:株式会社ジャストシステム)

事例
4週間の承認プロセスが4日まで短縮――電子サインで文書管理の効率化を極める
 医療機器メーカーのArthrexは、低侵襲医療技術のパイオニアとして知られる。同社は、技師が適切な器具で最善の処置ができるようにするため、豊富な研修資料と配布資料を用意しているが、その作成では何よりも正確性を重視している。不明瞭な内容が原因で、医療過誤事件...(2017/10/20 提供:アドビ システムズ 株式会社)

レポート
「フルファネル広告キャンペーン」実践ガイド、成功に向けた8つのチェック項目
 拡大を続けるB2BやB2Cの市場で、Webを介したマーケティングの存在感が増している。広告キャンペーンによる集客、潜在的な顧客の選別、優良顧客への転換、獲得した顧客の囲い込みとLTV(顧客生涯価値)といったように、マーケティングでは幾つかのフェーズを意識する必要...(2017/10/18 提供:AdRoll株式会社)

事例
ビッグデータ環境を短期間でクラウド移行――AWSへの移行成功の秘訣とは?
 スマートフォンに特化した広告マーケティング会社CyberZは、スマホ広告の効果把握・分析ツールを国内で展開している。しかし、オンプレミス環境で立ち上げた同ツールには、ビッグデータ環境の属人化や、運用保守負担の増大、グローバル展開の困難さといった課題も抱えて...(2017/10/11 提供:Cloudera株式会社)

レポート
世界トップクラスのIT部門が優先する3つの課題 日本のIT部門は大丈夫?
 顧客中心モデルへのシフトが進む中、多くのIT部門リーダーが「IT部門の役割は過去に例を見ないほど大きく変化している」と考えている。本レポートは、米国の他、日、加、英、仏、豪などで働くIT部門のリーダー2263人にアンケートを実施し、IT部門に対する役割の変化や人...(2017/9/27 提供:株式会社セールスフォース・ドットコム)

製品資料
予測不可能な未来にも適用できるデジタルマーケティング基盤のつくり方
 デジタルマーケティングを実施する上で基本になるのは、言うまでもなくWebサイトだ。近年は、Webサイトを1つのマーケティングツールとして利用するために、高度なサイト分析の機能をCMSの中にあらかじめ組み込んだ製品も提供されるようになった。 こうして進化を遂げて...(2017/9/26 提供:株式会社のれん)

製品資料
フォーチュン500の15%の企業が選ぶ、デジタル革新のためのCMSとは?
 近年、デジタルマーケティングの効果が注目を浴びているが、多くの企業にとって、この取り組みを始めることは容易ではない。デジタルマーケティングの関連製品は多いだけでなく、進化も早いため、じっくり製品を検討しているうちに次々と環境が変わり、結局どのツールを...(2017/9/26 提供:株式会社のれん)

製品資料
サイトもアプリも、IoT時代のサービス開発を高速化できるWebプラットフォーム
 昨今のスマートフォンの普及によって、Webサービスの開発では、Webサイトだけでなくスマホアプリも含めたあらゆるデバイスへの対応が重要になっている。一方で、多様化するデバイスへの対応は、開発工数やコストの増大といった形で、開発者や経営者の大きな負担となって...(2017/9/25 提供:株式会社ニューロベイス)

製品資料
顧客を獲得できるWebマーケティングに──変革のヒントとなる21事例
 Webマーケティングを取り巻く環境が多様化する中、その施策にどう取り組めばよいか分からないという企業は少なくない。そこで指針の1つとなるのが今回紹介する「Web広告費の最適化」「コンバージョンの最大化」「アトリビューション分析」「ユーザー軸の分析」の4領域だ...(2017/9/25 提供:株式会社ロックオン)

製品資料
CPA評価は限界? 本当のWeb広告価値を可視化する新指標「Total CPA」とは
 Webマーケティングを行う際、多くの企業がCPA、すなわちCVに直接貢献した広告を評価し、広告費用の効率性を重視してきた。しかし、デバイスの発達やメディアの多様化などを受けて環境が大きく変化しており、CPAのみを成果の指標としていては、本来見るべき効果を見落と...(2017/9/25 提供:株式会社ロックオン)

製品資料
広告効果の測定から活用まで、一気通貫のマーケティングで顧客の心をつかむ方法
 ユーザーの行動が多様化している現在、多くの企業にとってデジタルマーケティングが重要課題となっている。その最適化のためには、どの媒体・広告によって、いつ、どんな成果に至ったのか、または至らなかったのか、さらにはその理由までを網羅的に把握する必要がある。(2017/9/25 提供:株式会社ロックオン)

製品資料
10分で分かる「データレイクの作り方」 データマートと何が違う?
 企業競争力の源泉としてデータ分析の重要性が増す中、情報システム部門に依存するのでなく、マーケティング部門や営業部門、財務部門などの現場が自らデータ分析を活用できることが求められている。そのために採用され始めたデータ管理戦略が「データレイク」だ。 目指...(2017/9/21 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
提供コンテンツ20種類以上、地理情報を業務に利用したい企業に最適なサービス
 土木建築業務では、地盤のリスク情報の把握が非常に重要である。土地開発をするためには、もちろん事前の調査は欠かせないが、そのために必要な情報を一から収集し、システム化していくのは困難である。そこで役立つのが、地理情報の取得および活用を簡単な操作で行える...(2017/9/12 提供:応用リソースマネージメント株式会社)

レポート
身近になってきた「VR」をビジネスで生かすには?
 概念自体は古くから存在していたVR(Virtual Reality:仮想現実)だが、2016年にはゲームをはじめとしたエンタテイメントのいち手法として強い存在感を発揮するまでに成長した。存在感を発揮するのはまだエンタメ分野に留まっているが、製造業や建設業の設計から製造...(2017/9/1 提供:KDDI株式会社)

製品資料
ソーシャルビッグデータを提供、2000億件が定額・無制限で使えるサービスとは?
 従来のマスメディアを活用したマーケティングリサーチでは、消費者のニーズをつかむことが難しくなっている。そこで注目されるのが、SNSやECサイト、Q&Aサイトなどに日々投稿されるソーシャルビッグデータだ。消費者の生の意見が反映されたソーシャルビッグデータは...(2017/8/22 提供:ネイチャーインサイト株式会社)

レポート
Webサイトでのコンバージョン率を向上させる今注目の「Web接客」の秘訣
 Webサイトを活用したマーケティングに取り組んだものの、思うような成果が上がらず悩んでいる企業は多い。「広告予算を増やしたが、効果が費用に見合わない」「特集コンテンツを作ったら、他のコンテンツの閲覧数が激減してしまった」「スマートフォン対応が不十分で...(2017/8/15 提供:株式会社Sprocket)

技術文書
顧客を取りこぼさない、カスタマーエクスペリエンスの品質向上法
 顧客対応は、購買にダイレクトに作用する重要な要素だ。ある企業調査によれば「不十分なカスタマーサービスを体験したことで購入を取りやめた」顧客は、B2Bで66%、B2Cで52%にもおよんだという。 これは、かつてに比べてマーケティング手法も販売チャネルも多様化し...(2017/8/8 提供:株式会社Zendesk)

製品資料
機械学習を活用した精度90%の販売予測が「誰でも当たり前」にできる方法
 機械学習をビジネスに活用する用途の1つに販売予測がある。商品の発注量の予測を間違えると、商品が足りなくなって販売機会を失ってしまったり、逆に商品が多すぎて廃棄によるコスト増大を招いたりすることになる。予測精度を上げることができれば、こうしたロスを最小...(2017/8/2 提供:株式会社ノーチラス・テクノロジーズ)

その他
優れた顧客体験を提供するための7つのベストプラクティス
 企業の成長にとって優れたカスタマーエクスペリエンス(顧客体験)の提供は欠かせないものだ。その実現のためには、顧客との接点で行われる一連のやりとりを「カスタマージャーニー」として捉え、総合的なエクスペリエンスを考えていく必要がある。 重要なのは、カスタ...(2017/8/1 提供:SAS Institute Japan株式会社)

事例
顧客の情報を全方位で把握、マーケティングROIを最大化する統合データ基盤
 顧客の趣味、好み、行動などの情報を戦略的に取得、一元管理して、それを分析することは非常に多くのメリットがある。例えば、分析データをデジタルマーケティング基盤として利用することで、マーケティング施策を最適化したり、顧客の趣味・好みに合わせたサービスを展...(2017/7/20 提供:Cloudera株式会社)

事例
ビッグデータ活用でレコメンド機能を強化、DMM.comを支える高速分析基盤とは?
 2015年10月で1700万人の会員数を突破しているDMM.comグループのシステム構築と運営、Webマーケティングを手掛けているDMM.comラボ。同社は多様化する顧客のニーズに応えるため、ビッグデータを用いてユーザー特性を分析、お薦めの商品を紹介するレコメンド機能や行動分...(2017/7/20 提供:Cloudera株式会社)

レポート
マーケターよ、そのデータはもう死んでいる
 「データ死荷重(Data Deadweight)」とは、見込み客(プロスペクト)リストの件数は十分(例えば「2万5000件の見込み客がリストされている」というように)なはずなのに、どのマーケティング施策にも全く役に立たない見込み客データを指す。このような“見込み客”は...(2017/7/13 提供:アイティメディア株式会社)

事例
社内の顧客情報を「Salesforce」で一元管理、名刺情報も集約させる方法とは?
 業務に合わせてさまざまなツールを導入していった結果、全体としての業務効率が低下するケースは少なくない。それぞれの作業には便利でも、ツール間の連携が取れなければ、社内に情報が散在する状況が生まれる。その結果、営業業務のプロセスに多くの無駄が生じるのだ。(2017/7/13 提供:株式会社サンブリッジ)

事例
イベントで獲得した名刺を次のマーケティング施策に活用する名刺管理サービス
 顧客の購買プロセスの変化に伴い、企業の営業活動においてもWebサイトをはじめとするデジタル施策の比重はより高まっている。一方、顧客との接点を作る一歩目としては、「名刺」というアナログな手法も根強く使われ続けている。こうしたデジタルとアナログをうまく融合...(2017/7/13 提供:株式会社サンブリッジ)

事例
大量の名刺を迅速にSFAへ登録、営業・マーケティングを強化するデータ整理術
 コンサルティングのような業務は、個人のポケットノウハウばかりが増えがちで、社内でのノウハウの共有が進みにくい。また、人的限界によって全国全てをカバーできないことも大きな課題となる。そのため、ノウハウを共有したり、顧客との新たな接点を増やしたりするため...(2017/7/13 提供:株式会社サンブリッジ)

製品資料
「Salesforce」の効果を高める名刺管理術、売れる仕組みをどう作る?
 営業やマーケティングにおける名刺の重要性は多くの企業で認識されており、その活用のための名刺管理サービスの導入も進みつつある。しかし、その実態は単なる管理にとどまっており、営業活動に生かしきれていないケースも多い。 この課題を解消するには、SFA/CRM内で...(2017/7/13 提供:株式会社サンブリッジ)

製品資料
Salesforce一体型名刺管理サービスの実力――営業力を強化する名刺活用の仕組み
 名刺をデジタル化して日々の業務に活用している個人や企業は多いはずだ。しかし、そのデータをExcelでまとめたり、データベース化したりするだけでは十分とはいえない。名刺情報を営業活動やマーケティングに生かすためには、Salesforceに代表されるSFAとの連携は欠かせ...(2017/7/13 提供:株式会社サンブリッジ)

Loading