TechTargetジャパン

製品資料
Webの売り上げ・問い合わせ向上、見込み客獲得型オウンドメディアの立ち上げ方
 商品の受注増加を狙って、はやりのWebマーケティングの手法を取り入れたものの、売り上げや問い合わせは増えず、リスティング広告やモール出店などのコストばかりが増えていく――。 “アウトバウンド型”のWebマーケティングではよくある話だ。それに対して、インバウ...(2016/12/2 提供:株式会社イノーバ)

技術文書
THE BIG BANG 拡大するデジタルデータ、クラウドが変えるレジリエンスとは?
 デジタルユニバースの規模は6兆にまで達する。この数字はわずか3年前、スーパーコンピュータIBM Watsonが、クイズ番組「Jeopardy」で卓越した2人の出場者に勝利した際に必要だったデータの3億7500万倍にもなる。 システム、マーケティングイニシアチブ、お客さまとの対...(2016/11/30 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
みずほ銀行のOne to Oneマーケティングを支える「データレイク」の作り方
 みずほ銀行では、毎月約3億件ものトランザクション処理が発生する。この膨大なデータを蓄積、分析するために構築したのが「データレイク」基盤だ。これにより同行は、結婚や住宅購入、子どもの教育などのライフイベントに合わせ、商品やサービスをレコメンドしていくOne...(2016/11/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
Hadoop/Sparkと相性の良い製品は? ビッグデータ分析基盤の正しい選び方
 大規模な分散処理も低コストに実現するフレームワーク「Apache Hadoop」により、分散処理によるビッグデータ分析が本格的に普及し始めた。銀行におけるきめ細かな顧客コミュニケーションや、運転データのリアルタイム分析による事故防止サービス、生活者の価値観などに...(2016/11/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
8割が企業からの情報に不満、消費者行動調査で見えたマーケティングの改善点
 近年、消費者の情報源は、テレビや新聞などの従来型メディアから、ニュース/ポータルサイト、企業のWebサイト、ソーシャルメディア、メルマガなどのデジタルメディアへと広がりを見せている。商品に関心を持ち、購入すべきかを検討する手法が変化する中、消費者の購買...(2016/11/21 提供:アドビ システムズ 株式会社)

レポート
7つのトレンドで分かる、最良の顧客体験を引き出すコンテンツ活用法
 企業と消費者の接触機会は、屋外広告やカタログなどの従来型メディアを超えて、モバイルアプリやWebサイトにまで拡大した。これに伴い、アセットのクロスチャネルマーケティングへの活用が不可欠となってきている。 しかし、あらゆる場面において魅力あるビジュアルコ...(2016/11/21 提供:アドビ システムズ 株式会社)

レポート
購入経路の多様化により、あらゆる局面でのマーケティング努力が必要に
 従来のマーケティング手法では、消費者が購入へと至る経路を直線的に捉えてきた。しかし、近年の消費者は、実店舗で商品を購入する前に、ネット検索や口コミ情報を活用するなど、各フェーズでさまざまな顧客接点を利用するようになっている。 消費者のたどる経路は消費...(2016/11/21 提供:アドビ システムズ 株式会社)

事例
世界大手の自動車部品サプライヤーが、製造品質を保つためにしていること
 70年以上にわたって世界大手の自動車部品サプライヤーの地位を保ち続けるRobert Boschでは、パフォーマンス、開発、生産、販売、マーケティング、購買、顧客サービス部門がさらなるイノベーションを目的に、グローバルなネットワークに緊密に統合されている。 このよう...(2016/11/21 提供:シーメンス株式会社)

製品資料
コンテンツマーケティングの現状診断、集客アップのポイントは?
 Webサイトの内容に商品やサービスの売り込みを前面に押し出すのではなく、ユーザーに役立つコンテンツを提供し、潜在顧客を着実に増やしながら、自然な形で購買へと促す手法は、「コンテンツマーケティング」というコンセプトから生み出された。このコンセプトの有効性...(2016/11/11 提供:株式会社イノーバ)

製品資料
集客と商談の増加を促す「問い合わせを生むWebサイト」とは?
 Webサイトは、B2CとB2Bのどちらのスタイルであっても、新規顧客の獲得に役立つものでなくてはならない。そのためには「集客」「リード獲得」「リード育成」の3つのステップでの施策を効率的に実施することが必要だ。しかし、Webサイト運営をギリギリの予算と人員で行っ...(2016/11/11 提供:株式会社イノーバ)

製品資料
インサイドセールスで営業を効率化、受注数/受注率を向上させる2つのプラン
 営業活動のコスト削減などを目的に、テレアポやリストクレンジング(名寄せ)などの業務アウトソースを利用する企業は少なくない。しかし、受注までの営業コスト削減や営業人件費の変動費化などで営業活動を効率化したい、受注やセミナー集客など、営業活動の成果を創出...(2016/11/11 提供:株式会社WEIC)

製品資料
VDIと比べてどれだけ速い? 仮想化しないリモートデスクトップの導入効果
 リモートデスクトップ環境を実現するためにVDI(仮想デスクトップインフラ)を導入したものの、パフォーマンス不足に悩む企業は多い。VDIはサーバのリソースを個々のユーザーに割り当てるため、多数のユーザーが利用するとサーバのリソースが不足する。 その結果、サー...(2016/10/31 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

レポート
売れてるECサイトは金曜日にメルマガを送る? 調査で分かった配信のコツ
 スマートフォンの普及により活況が続くWebビジネス。そのなかでも「メールマーケティング」は、ECサイトの成功に欠かせないものとなった。とはいえ、大量のメールをやみくもに配信するだけでは、ユーザーとの距離はさらに広がってしまう。 それでは、“売れてる”ECサ...(2016/10/28 提供:ユミルリンク株式会社)

製品資料
過剰なリンク対策は不要、着実に上位を目指すコンテンツマーケティング
 Webマーケティングの手法には外部リンク対策と内部対策がある。外部リンク対策は以前もてはやされたものの、近年は検索サイトなどのペナルティが厳しくなり、過剰な対策が行えなくなっている。そこで重視されているのが、内部対策の中でもコンテンツマーケティングと呼...(2016/10/17 提供:株式会社EXIDEA)

製品資料
コンバージョン獲得に直結するコンテンツマーケティングの「4つの心得」
 業績向上のためにはWebコンテンツのマーケティングに取り組んでも、なかなか軌道に乗らないという企業は多い。コンテンツの量ばかりを増やしても、SEO対策のキーワードを詰め込んでも、長期的に持続する効果はなかなか得られないものだ。 Webサイトで継続的に利益を生...(2016/10/17 提供:株式会社EXIDEA)

レポート
“売れる”ECサイトは何が違う? リターゲティング広告を成功させる5つのヒント
 1人のユーザーがデスクトップPCやスマートフォン、タブレットなどの複数端末を使いこなすクロスデバイス時代となり、ECサイトの業務負荷は膨らむ一方だ。そのマーケティングでも端末間の「隙間」が生じ、見込み客を取りこぼすリスクが増加している。 このような状況で...(2016/10/14 提供:CRITEO株式会社)

レポート
見込み客はウソをつく――リードスコアリングに自前データだけでは不十分な理由
 さまざまなデータを基にしたリードスコアリングは今やB2Bマーケティングになくてはならない施策の1つになっている。しかし、かつてないほど大量のデータが利用できるようになった今、リードスコアリングは簡単になったのかというと、必ずしもそうでもないようだ。スコア...(2016/10/12 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
Webコンテンツ管理の新常識、優れた顧客体験の実現に欠かせない9機能
 今日、企業にとってWebサイトの大きな課題は「Webコンテンツ管理(WCM)」から「カスタマーエクスペリエンス管理」へと変わりつつある。規模の大小を問わずあらゆる企業が、高度にコンテクスト化された、複数のチャネルに広がるエクスペリエンスで、ユーザーと関わり合...(2016/10/12 提供:サイトコア株式会社)

製品資料
7ステップで実践、顧客ロイヤリティーを向上させるマーケティング
 コンテクストマーケティングとは顧客を取り巻く状況や行動を全て理解したうえで、適切なタイミングとコンテンツで購買意欲を高めたり、顧客関係性を強化したりするためのマーケティング手法のこと。 例えば、買い物客がなぜ、どこで、どのようにして購入プロセスを開始...(2016/10/12 提供:サイトコア株式会社)

事例
ぐるなびが3時間半かかっていた160万件の店舗分析をわずか「11秒」で完了
 飲食店情報サービスのぐるなびでは、月間8億9000万PVというWebサイトのアクセスログから読み取れるユーザーの閲覧状況や、基幹系データなどと組み合わせた分析結果をコンテンツ担当者や営業推進担当者へタイムリーに提供し、事業の競争力向上を図っている。 それを支え...(2016/10/12 提供:日本電気株式会社)

事例
現場で生きるデータ分析の進め方──分析業務で押さえるべき「3つのポイント」
 データ分析の結果を業務に生かし、成果につなげたいと考える企業は多い。しかし、データ分析を効果的に進めるには、「分析データ加工」「分析モデル作成」「分析レポート作成」という3つの押さえるべきポイントがある。 例えば、「分析データ加工」においては、“デー...(2016/10/12 提供:日本電気株式会社)

製品資料
効果が期待できない企業SNSをマーケティングツールに変えるソリューションとは
 その高い拡散性と膨大な利用者数から、今やSNSは企業の商品・サービスの認知に計り知れない影響を及ぼしている。こうした特長に着目し、マーケティングやプロモーションのツールの1つとしてSNSを活用し、情報発信を行う企業が増えている。 しかし、利用者自身が自発的...(2016/10/7 提供:株式会社テックリンク)

Webキャスト
営業力強化の「三種の神器」、クラウド活用で連携効果がアップ
 見込み客の絶対数を増やし、既存顧客も含めて個別にニーズを把握し、適切なタイミングで情報提供をしていくことが、営業力強化では必要になる。そしてオプションメニューなど細かな条件を組み合わせて顧客が納得する見積書を迅速に提出し、確度の高い案件を着実に獲得す...(2016/10/5 提供:日本オラクル株式会社)

Webキャスト
SNSから有望顧客を発掘、ソーシャルマーケティングで認知度・ブランド力を向上
 仕事の休憩時間などを使い、スマートフォンやタブレットを利用して商品の情報を収集する消費者が増えている。これに伴い、顧客接点が店舗の販売担当者から「Web」へと急激にシフトし始めたことで、多くのB2C企業がWebマーケティングに注力し顧客接点の充実を図っている...(2016/10/5 提供:日本オラクル株式会社)

事例
ECサイト/Web通販売り上げ向上、人手不足のモールこそ使いたいCVR改善ツール
 Web通販では、売り上げを伸ばすために新規顧客の獲得やお試し購入者の引き上げなどを目的としたさまざまなキャンペーンを実施する。その効果は「CVR」「引き上げ率」「クロスセル率」などで測定され、さらに効果の高いキャンペーンへとつなげていく。 しかし、時間や人...(2016/9/29 提供:TEMONA株式会社)

技術文書
【実態調査】ロボットによる接客は受け入れられているのか?
 市場調査などを行うクロス・マーケティングは、コミュニケーションロボットの認知や接触の実態に加え、今後の普及の可能性の有無を探ることを目的に「コミュニケーションロボットによる接客に関する調査」を実施。その結果をまとめた調査レポートを公表した。※本資料は...(2016/9/23 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
リアルタイム分析―これからの基幹系システムデータの分析要件とは
 マーケティングや経営分析を実施する上で欠かせない販売実績やPOSに関するデータは、基幹系システムに格納されている。この稼働に支障が出ないよう、データ分析を行う際は必要なデータをいったんデータストアへコピーし、ETL処理を行った上で、データウェアハウスに格納...(2016/9/23 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
個々の属性をリアルタイムに把握、顧客ニーズを捉える分析基盤の条件は?
 マーケティングや開発戦略において、個々の顧客属性に合わせたサービスを展開することの重要性は以前から指摘されていた。そこで多くの企業では、年齢、職業、性別、家族構成などの属性データを集めてグループ分けをし、顧客分析を行ってきた。 しかし、多くの顧客は必...(2016/9/20 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
店舗開発、販促、顧客データ分析のエリアマーケティングGIS選び7つのポイント
 エリアマーケティングGISは出店候補地の分析や既存店・競合店の分析、チラシ配布エリアの最適化、顧客データを地図に取り込んでのデータ分析などを簡単に行うことができる。 その一方で、「以前に導入したがやりたいことができなかった」「前に使っていたが使いにくく...(2016/9/15 提供:マップマーケティング株式会社)

Webキャスト
Watsonとマーケティングの融合で生まれるリアルタイムの戦略支援
 IBMがグローバルで実施した調査によると、6割以上のCMO(Chief Marketing Officer)が「もっとパーソナルな体験を提供したいが対応できない」と考えている。そして、分析作業について「データの爆発的増加に対応できる」と答えたCMOは、4割にも満たなかった。 基幹シス...(2016/9/14 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Loading