TechTargetジャパン

製品資料
Web事業を成長させる、データドリブンな「高速PDCA」の実現方法
 これまでのWebサイト運用では、長期間にわたって効果を測定し、大掛かりなリニューアルで課題を解決する手法が取られてきたが、近年は短期間で検証と改善を繰り返す「高速PDCA」が主流になりつつある。 高速PDCAをうまく回すには、データドリブンであることが成功の鍵...(2017/3/27 提供:株式会社UNCOVER TRUTH)

事例
成長を続ける企業には必ずある、営業のPDCAサイクルを回す「7つの力」
 営業案件の管理に表計算ソフトを使っているケースは多いが、会議のたびに成約の確度や顧客先、進捗状況など、そこに記述されている内容が十分な説明なく、変化することがよくある。もちろんそれぞれの変化には根拠があるのだが、その根拠が共有されないので、結局その経...(2015/11/18 提供:株式会社セールスフォース・ドットコム)

事例
日報の全社共有でPDCA改善、メディキットに学ぶ営業のリアルタイムマネジメント
 企業が成長すれば、顧客・営業活動データの複雑化は避けられない。カテーテル専業メーカーのメディキットも、その情報共有・管理に課題を抱える企業の1社だった。同社では、スタッフ1人当たりが約100件を担当するため、紙ベースの情報共有体制が足かせとなっていたのだ...(2017/3/30 提供:ソフトブレーン株式会社)

製品資料
無理なく始めるOne to Oneマーケティング――PDCAサイクルの実践は難しくない
 従来のマスマーケティング効果が薄れていく中、近年脚光を浴びているのが、個々の顧客に最適なマーケティング施策を実行するOne to Oneマーケティングである。もちろんこうした高度な施策は一朝一夕にできるものではなく、ツール整備を含めさまざまな環境を整えなければ...(2017/3/1 提供:株式会社フュートレック)

レポート
「新規顧客開拓」「営業プロセスの見直し」「事務処理の効率化」〜業務改革を成功に導く課題解決ハンドブック
 売上拡大、収益向上、営業力強化……企業の抱える課題はさまざまだ。「営業現場の課題は?」というアンケートの結果は1位が「新規顧客の開拓」次いで「営業プロセスの見直し」「事務処理の効率化」という結果になった(ソフトブレーン調べ)。営業プロセスを課題として...(2014/3/7 提供:ソフトブレーン株式会社)

事例
塩野義製薬が「実際原価」の把握で競争力を向上、製造業におけるコストコントロール強化の威力
 高いコストコントロール能力が、なぜ製造業における競争力の源泉になるのか? それは、製造現場での改善活動の実効性が向上するからである。正確なコスト情報が把握されることで、現場でのさまざまな改善策の効果を着実につかむことができ、データを活用したムダのない...(2015/7/30 提供:株式会社電通国際情報サービス)

製品資料
リスティング広告に頼らない、中小企業もすぐできるネット集客
 知識やリソース、環境がないことで、ネット集客を効率的に実践できずにいる企業は、中小企業を中心に多く見られる。また、その実践においても、デザインの美しさやSEOのテクニックにこだわりすぎて失敗するケースも少なくない。 しかし、実際のネット集客では、必要十...(2017/5/24 提供:株式会社ベーシック)

事例
セガに学ぶ人気ゲームの作り方、データドリブンの開発でファンを獲得
 ゲームコンテンツをはじめとするエンターテインメント事業を展開するセガグループ。同社は、さまざまなゲームを1つのユーザーIDで楽しめる「SEGA ID」を通じてユーザー動向を分析し、その結果をゲームのバージョンアップや新製品の開発に活用している。 当初は、このID...(2017/1/5 提供:クリックテック・ジャパン株式会社)

技術文書
ネット集客実践ガイド:コストをかけずに効果を出せる5つのメソッド
 ネット市場が拡大を続けるなか、ネット集客の重要性は年々大きくなっている。実際、Webサイトを見て意思決定をする消費者は非常に多く、経済産業省が行った調査でも、回答者の過半数が「商品サービス選択時に信頼できる情報源」として企業公式サイトを挙げている。 し...(2017/5/24 提供:株式会社ベーシック)

製品資料
コンテンツマーケティングの現状診断、集客アップのポイントは?
 Webサイトの内容に商品やサービスの売り込みを前面に押し出すのではなく、ユーザーに役立つコンテンツを提供し、潜在顧客を着実に増やしながら、自然な形で購買へと促す手法は、「コンテンツマーケティング」というコンセプトから生み出された。このコンセプトの有効性...(2016/11/11 提供:株式会社イノーバ)

レポート
中小製造業でも今すぐ始められる“カンタンIoT”ソリューションガイド
中小製造業でも始められる簡単IoTソリューションを一挙紹介。「費用対効果が見えづらい」「いきなりコストは掛けられない」「そもそもどこから始めてよいか分からない」「専任者がいない」……といった中小企業の悩みを解決するヒントを提示する。1.信号灯から製造設備の...(2017/5/26 提供:KDDI株式会社)

製品資料
「知ってるだけ」のDevOps――すぐに始めるための簡単な方法とは
ITのアジャイル性(俊敏性)を高めると期待される「DevOps」。開発(Development)と運用(Operation)を一体化させて、システム変革を速め、ビジネスの革新も速め、一足先に競争力を得る考え方だ。 さらに、インフラやアプリケーションの自動化を推進することで、作業負...(2017/2/8 提供:日本オラクル株式会社)

レポート
「社長、大変です」ではもう遅い 今すぐ始めるセキュリティ3原則と重要10項目
 サイバー攻撃による被害リスクは、今や国や地域、組織の大小に関わらず存在する。手口は巧妙化し、既存の対策が容易に突破されるまでになってきた。情報漏えいなどの被害が発生すれば、金銭や信用問題のみならず、経営者の法的責任も問われる時代になった。 サイバーセ...(2017/4/24 提供:日本電気株式会社)

プレミアムコンテンツ
セキュリティリスクから工場/生産ラインをどう守る?
 工場の高度なデジタル化を推進することでスマート工場を実現するドイツの「インダストリー4.0」に注目が集まり、国内においても工場ネットワークのオープン化やIoT(Internet of Things:モノのインターネット)をはじめとする先進テクノロジーを活用した“つながる工場...(2017/5/1 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
約8割の中小企業が失敗する検索広告――成功につなげるための「5つの鉄則」とは?
 情報を探しているユーザーに直接アプローチするリスティング広告(検索広告)は、購買行動に結び付けやすいため、大企業を中心に多く企業が活用している。しかし、地域密着型の中小企業がリスティング広告で成果を挙げるのは極めて難しいとされている。 その代表的な理...(2016/7/11 提供:ReachLocal Japan Services合同会社)

製品資料
デジタルビジネス実現への道「クラウド運用のホワイトボックス化 8つの極意」
 デジタル化の進展に伴い、IoTやAIを活用した新たなビジネスの創出に取り組む企業が増えている。その一方で、日々の運用に人手を割かれ、新規ビジネスを開拓するための業務システム開発に着手できない──その悩みは、多くのIT部門で共通するものだろう。経営から期待さ...(2017/4/17 提供:日本電気株式会社)

レポート
デジタルマーケティングがうまくいかない理由は? ビジネスとICTの課題を解説
 多くの分野でICT活用が進む中、意外にも遅れている分野がマーケティングだ。多くの企業で、顧客情報を各部門でバラバラに保有する個別最適に陥っており、リアルタイムに顧客の状況を把握する仕組みも整備できていないなど、ビジネス・ICTの両面で課題が見られる。 その...(2017/4/3 提供:富士通株式会社)

製品資料
顧客データの分散状況を瞬時に解決、パーソナルマーケティング基盤の実力は?
 一人一人の顧客の状況をリアルタイムに把握し、属性・嗜好・状態に応じたアプローチを行う「パーソナルマーケティング」。成約率や顧客満足度などの大幅な向上が期待できることから、多くの企業のマーケティング部門が注目しているが、その実現は容易ではない。 ICTの...(2017/4/3 提供:富士通株式会社)

製品資料
ナノ・ユニバースやアトレでも取り組むオーダーメイド型CRMの活用法
 顧客中心の経営戦略を支えるCRMにも、さまざまなタイプがある。例えば、従量課金型でスモールスタートしやすいが、機能が画一的なことも多いクラウドサービス。逆に、対象ユーザーを細かく設定できるが、多すぎる機能を持て余してしまうパッケージ製品。さらに完全スク...(2017/3/14 提供:株式会社フュートレック)

事例
ネットワーク性能監視ツール導入事例集――セガホールディングス、他
 エンタテインメントコンテンツを展開するセガグループの業務管理を行っているセガホールディングスでは、グループ全体のインフラ統合で管理対象機器が増大した。迅速な監視登録を目指して新しい性能監視ツールを導入したところ、社内オペレーションの最適化も図れた。 ...(2017/1/23 提供:アイビーシー株式会社)

技術文書
最大のボトルネックは改善のチャンス、テスト自動化成功の秘訣は?
 Webアプリ開発のライフサイクルが高速化し、迅速な開発、工数削減、コスト削減、品質向上などがより一層求められるようになった。考えられる対策は幾つもあるが、重要な解決策の一つがテスト自動化の推進である。なぜならば、テスト工程はソフトウェア開発において約46...(2016/4/22 提供:マイクロフォーカス株式会社)

技術文書
会員データ分析で購入率130%アップ、オートバックスセブンによるマーケティング最適化
 ビッグデータ分析をマーケティングに生かすための具体的な方法論について、明確なプランを描けないケースは多い。その背景として「早期に結果を出すことが求められる」ことや「既存のマーケティング業務にビッグテータ分析の運用フローを組み込みづらい」ことなどが挙げ...(2016/1/27 提供:日本情報通信株式会社)

製品資料
変更管理工数を7000時間削減──JTB情報システムのITサービス管理ツール活用法
 システム運用にカスタマイズは付き物だが、現場のリクエストに応えるのはIT部門にとってかなりの負担だ。JTBグループ全体のITを担うJTB情報システムでは、年3500件ものカスタマイズ案件があり、中には対応しきれないケースも出るなど、その負荷が課題となっていた。 そ...(2017/3/7 提供:株式会社ユニリタ)

技術文書
収益力の差はどこで生まれるのか? 成功企業に見るIT投資マネジメント
 自社のIT投資に対する分析・検証に取り組む姿勢は、企業の業績にどれほどの影響を与えるのだろうか。世界の主要企業500社超への調査によると、ITプランニングツールを活用して「IT投資のインパクト」を確認している企業と、そうでない企業の間には、収益の伸びに大きな...(2017/3/3 提供:CA Technologies)

製品資料
ISO55000準拠の設備資産管理でリスク管理と顧客満足度を両立
 先進諸国において社会インフラの老朽化が問題となっている。メンテナンスを効率化させ、ライフサイクルコストの低減を図るため、国際標準化機構(ISO)がアセットマネジメントにおける国際規格「ISO55000」を策定した。 しかしISOのシステムは全体的に複雑で分かりにく...(2017/2/14 提供:インフォアジャパン株式会社)

製品資料
研修期間が1カ月から1週間に――銀座メガネの従業員はなぜ自主学習できるのか?
 店頭で単価の高い商品を販売する場合、その売り上げは従業員の接客スキルによって大きく左右される。そのため、多くの企業が、現場で積極的な商品提案ができる人材の育成を目指し、マナーや作法、商品情報や業界トレンド、競合情報などの知識を習得するための社内研修を...(2017/2/1 提供:インフォテリア株式会社)

事例
自社アプリで集客/購買を促進――スキル不要で開発から顧客育成まで一気に実現
 2016年から2020年にかけて、スマートフォンアプリのダウンロード数は倍増すると予想されている。この流れを受けて、自社アプリを活用した集客促進や購買促進に取り組む企業が増えているが、実際のマーケティング効果はどのくらいあるのだろうか。 あるスポーツウェアメ...(2017/1/19 提供:ファストメディア株式会社)

製品資料
「ITIL」の適用がポイント、忙しすぎるIT部門の運用業務改革の勘所
 IT活用の広がりを背景に、IT部門には自社システムの運用維持やビジネス活用が経営層から強く求められるようになった。また、セキュリティに対する関心の高まりから、インシデントへの対応といった多角的なマネジメントを求められている。だが、現状を概観すれば、この要...(2016/6/27 提供:株式会社ユニリタ)

Webキャスト
4分で分かるマーケティングオートメーションの鉄則
 B2B商材や購入に慎重な検討が必要なB2C商材などでは、見込み客との中長期的な関係構築が求められる。そのためには、見込み客のプロファイルや、Web上での行動などを把握し、電子メールなどを通じて適切なタイミングで最適な情報を送り、コミュニケーションを図る必要が...(2016/6/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
その品質管理、「顧客目線」で取り組めていますか?
 今日のモノづくりは、漸進的な品質改善を進めようとすると、実に多様かつ複雑な障壁に直面するようになっている。生産量の多さ、技術的な複雑さ、製品ライフサイクルの短さ、グローバル・サプライヤー・ネットワークの複雑さ、高まり続ける顧客の期待など。 しかし、先...(2017/2/17 提供:SAS Institute Japan株式会社)

Loading