TechTargetジャパン

製品資料
Web事業を成長させる、データドリブンな「高速PDCA」の実現方法
 これまでのWebサイト運用では、長期間にわたって効果を測定し、大掛かりなリニューアルで課題を解決する手法が取られてきたが、近年は短期間で検証と改善を繰り返す「高速PDCA」が主流になりつつある。 高速PDCAをうまく回すには、データドリブンであることが成功の鍵...(2017/3/27 提供:株式会社UNCOVER TRUTH)

事例
成長を続ける企業には必ずある、営業のPDCAサイクルを回す「7つの力」
 営業案件の管理に表計算ソフトを使っているケースは多いが、会議のたびに成約の確度や顧客先、進捗状況など、そこに記述されている内容が十分な説明なく、変化することがよくある。もちろんそれぞれの変化には根拠があるのだが、その根拠が共有されないので、結局その経...(2016/2/1 提供:株式会社セールスフォース・ドットコム)

事例
日報の全社共有でPDCA改善、メディキットに学ぶ営業のリアルタイムマネジメント
 企業が成長すれば、顧客・営業活動データの複雑化は避けられない。カテーテル専業メーカーのメディキットも、その情報共有・管理に課題を抱える企業の1社だった。同社では、スタッフ1人当たりが約100件を担当するため、紙ベースの情報共有体制が足かせとなっていたのだ...(2017/3/30 提供:ソフトブレーン株式会社)

製品資料
無理なく始めるOne to Oneマーケティング――PDCAサイクルの実践は難しくない
 従来のマスマーケティング効果が薄れていく中、近年脚光を浴びているのが、個々の顧客に最適なマーケティング施策を実行するOne to Oneマーケティングである。もちろんこうした高度な施策は一朝一夕にできるものではなく、ツール整備を含めさまざまな環境を整えなければ...(2017/3/1 提供:株式会社フュートレック)

製品資料
メール配信の4つの秘訣――リピート率向上と「カゴ落ち」回避で売り上げアップ
 通信販売やECサイト事業などには欠かせない販促手法である電子メール。さまざまな工夫を凝らしたメールで、大きな成果を上げる企業がある一方で、施策がリピート購入につながらず、「カゴ落ち」する顧客の多さに頭を悩ませている販促担当者も多い。 このような企業では...(2017/10/31 提供:ユミルリンク株式会社)

レポート
「新規顧客開拓」「営業プロセスの見直し」「事務処理の効率化」〜業務改革を成功に導く課題解決ハンドブック
 売上拡大、収益向上、営業力強化……企業の抱える課題はさまざまだ。「営業現場の課題は?」というアンケートの結果は1位が「新規顧客の開拓」次いで「営業プロセスの見直し」「事務処理の効率化」という結果になった(ソフトブレーン調べ)。営業プロセスを課題として...(2014/3/7 提供:ソフトブレーン株式会社)

事例
塩野義製薬が「実際原価」の把握で競争力を向上、製造業におけるコストコントロール強化の威力
 高いコストコントロール能力が、なぜ製造業における競争力の源泉になるのか? それは、製造現場での改善活動の実効性が向上するからである。正確なコスト情報が把握されることで、現場でのさまざまな改善策の効果を着実につかむことができ、データを活用したムダのない...(2015/7/30 提供:株式会社電通国際情報サービス)

製品資料
VIP客来店率が数倍に増加、飲食店におけるロイヤルカスタマー育成術
 外食産業は厳しい競争が繰り広げられ、店舗の浮沈も激しい。なかには業績不振に陥っているものの、その理由が思い当たらないといった課題を抱える飲食店主もいる。また複数の店舗を経営していると、来客数や客単価などの業績に極端な差が生じる場合もあるが、その理由が...(2017/6/2 提供:アクティブ・メディア株式会社)

製品資料
リスティング広告に頼らない、中小企業もすぐできるネット集客
 知識やリソース、環境がないことで、ネット集客を効率的に実践できずにいる企業は、中小企業を中心に多く見られる。また、その実践においても、デザインの美しさやSEOのテクニックにこだわりすぎて失敗するケースも少なくない。 しかし、実際のネット集客では、必要十...(2017/5/24 提供:株式会社ベーシック)

事例
セガに学ぶ人気ゲームの作り方、データドリブンの開発でファンを獲得
 ゲームコンテンツをはじめとするエンターテインメント事業を展開するセガグループ。同社は、さまざまなゲームを1つのユーザーIDで楽しめる「SEGA ID」を通じてユーザー動向を分析し、その結果をゲームのバージョンアップや新製品の開発に活用している。 当初は、このID...(2017/1/5 提供:クリックテック・ジャパン株式会社)

製品資料
顧客を獲得できるWebマーケティングに──変革のヒントとなる21事例
 Webマーケティングを取り巻く環境が多様化する中、その施策にどう取り組めばよいか分からないという企業は少なくない。そこで指針の1つとなるのが今回紹介する「Web広告費の最適化」「コンバージョンの最大化」「アトリビューション分析」「ユーザー軸の分析」の4領域だ...(2017/9/25 提供:株式会社ロックオン)

事例
カスタマーエクスペリエンス実践ガイド:「顧客の時代」のプラットフォーム活用
 Webやソーシャルメディアなど顧客接点が多様化した現在、企業には顧客の動向をいち早く察知し、購買につなげていくことが求められている。そこで重要となるのが顧客体験(Customer Experience:CX)だ。 CXが重要な理由。一橋大学の神岡太郎教授は、「いい物を作れば売...(2017/10/27 提供:株式会社セールスフォース・ドットコム)

技術文書
資金流動性管理のベストプラクティス、グローバルで資金を“見える化”する方法
 資金流動性管理のベストプラクティスを実現するためには現在の資金ポジションについて信頼できるデータをタイムリーに見ることができるようにすることだ。 しかし、国内では資金の可視化と最適化ができているものの、グローバルベースでは「海外現地法人の資金状況の把...(2017/10/19 提供:キリバ・ジャパン株式会社)

レポート
その品質管理、「顧客目線」で取り組めていますか?
 今日のモノづくりは、漸進的な品質改善を進めようとすると、実に多様かつ複雑な障壁に直面するようになっている。生産量の多さ、技術的な複雑さ、製品ライフサイクルの短さ、グローバル・サプライヤー・ネットワークの複雑さ、高まり続ける顧客の期待など。 しかし、先...(2017/10/13 提供:SAS Institute Japan株式会社)

レポート
その品質管理、「顧客目線」で取り組めていますか?
 今日のモノづくりは、漸進的な品質改善を進めようとすると、実に多様かつ複雑な障壁に直面するようになっている。生産量の多さ、技術的な複雑さ、製品ライフサイクルの短さ、グローバル・サプライヤー・ネットワークの複雑さ、高まり続ける顧客の期待など。 しかし、先...(2017/10/13 提供:SAS Institute Japan株式会社)

事例
オペレーションの属人性を排除し、継続的改善を可能にする環境をどう整備する?
 ベネッセインフォシェルは、ベネッセグループのIT機能会社として事業全体の情報セキュリティと運用効率の向上に取り組んでいる。しかし、同社では業務プロセスやタスクがバラバラに管理されており、既存のシステムの標準化が不十分という課題があった。そのため、部分最...(2017/9/28 提供:ServiceNow Japan 株式会社)

レポート
経営者にとって「IoT導入」の価値は? 調査で見えた2つの投資回収シナリオ
 近年、大きな話題を集めるIoTだが、その注目度の高さと比べると、ビジネス環境への適用は遅れている。その要因の1つが、IoTの投資対効果(ROI)を可視化することの難しさだ。例えば、工場にIoTを導入し、大量のデータを収集・分析することで、どれだけの収益が見込める...(2017/9/28 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
広告効果の測定から活用まで、一気通貫のマーケティングで顧客の心をつかむ方法
 ユーザーの行動が多様化している現在、多くの企業にとってデジタルマーケティングが重要課題となっている。その最適化のためには、どの媒体・広告によって、いつ、どんな成果に至ったのか、または至らなかったのか、さらにはその理由までを網羅的に把握する必要がある。(2017/9/25 提供:株式会社ロックオン)

製品資料
単なるIoT導入では効果が薄い――今後、製造業で本当に必要なものとは?
 さまざまな業界の中でも、特に製造業のIoTへの注目度は高い。工場には多くの設備があり、そこに取り付けたセンサーから、業務改善につながるさまざまな知見が自動的に得られるからだ。しかし、近年、製造業で深刻化している労働力不足などに対応するためには、さらなる...(2017/9/5 提供:株式会社ABEJA)

製品資料
システムの弱点を総点検、Webアプリからプラットフォームまで対応の脆弱性診断
 Webアプリケーションやネットワークにおけるセキュリティの把握、セキュリティ対策のために行う脆弱(ぜいじゃく)性診断。サイバー攻撃は日々進化しているだけに、一度実施すれば終わりというものではなく、定期的な診断が必要だ。 確実を期すなら、高精度のセキュリ...(2017/9/1 提供:SCSK株式会社)

レポート
Webサイトでのコンバージョン率を向上させる今注目の「Web接客」の秘訣
 Webサイトを活用したマーケティングに取り組んだものの、思うような成果が上がらず悩んでいる企業は多い。「広告予算を増やしたが、効果が費用に見合わない」「特集コンテンツを作ったら、他のコンテンツの閲覧数が激減してしまった」「スマートフォン対応が不十分で...(2017/8/15 提供:株式会社Sprocket)

技術文書
基礎から分かる「ITサービスマネジメント」、目的から入る具体的取り組み方法
 ITサービスマネジメントとは、システム全体をユーザーのビジネスを支える「サービス」として捉え、そのサービスを適切に提供するマネジメント活動をいう。ある調査によると、この10年間にシステムトラブルの件数を大幅に削減し、運用コストの削減に成功した企業のほとん...(2017/8/1 提供:株式会社野村総合研究所)

技術文書
ネット集客実践ガイド:コストをかけずに効果を出せる5つのメソッド
 ネット市場が拡大を続けるなか、ネット集客の重要性は年々大きくなっている。実際、Webサイトを見て意思決定をする消費者は非常に多く、経済産業省が行った調査でも、回答者の過半数が「商品サービス選択時に信頼できる情報源」として企業公式サイトを挙げている。 し...(2017/5/24 提供:株式会社ベーシック)

製品資料
コンテンツマーケティングの現状診断、集客アップのポイントは?
 Webサイトの内容に商品やサービスの売り込みを前面に押し出すのではなく、ユーザーに役立つコンテンツを提供し、潜在顧客を着実に増やしながら、自然な形で購買へと促す手法は、「コンテンツマーケティング」というコンセプトから生み出された。このコンセプトの有効性...(2016/11/11 提供:株式会社イノーバ)

技術文書
収益力の差はどこで生まれるのか? 成功企業に見るIT投資マネジメント
 自社のIT投資に対する分析・検証に取り組む姿勢は、企業の業績にどれほどの影響を与えるのだろうか。世界の主要企業500社超への調査によると、ITプランニングツールを活用して「IT投資のインパクト」を確認している企業と、そうでない企業の間には、収益の伸びに大きな...(2017/7/21 提供:CA Technologies)

製品資料
飲食店のリピート率が大幅向上、VIP客の離反を防ぐ「顧客台帳」活用ノウハウ
 競争の厳しい外食産業。どの飲食店も、接客技術の向上やメニュー改善など、考えられる取り組みのほとんどに努力を傾けている。しかし実際には、他のB2Cビジネスに比べて取り組みの進んでいない施策もある。それは顧客台帳の作成およびプロモーションへの活用だ。 来店...(2017/6/2 提供:アクティブ・メディア株式会社)

レポート
中小製造業でも今すぐ始められる“カンタンIoT”ソリューションガイド
中小製造業でも始められる簡単IoTソリューションを一挙紹介。「費用対効果が見えづらい」「いきなりコストは掛けられない」「そもそもどこから始めてよいか分からない」「専任者がいない」……といった中小企業の悩みを解決するヒントを提示する。1.信号灯から製造設備の...(2017/5/26 提供:KDDI株式会社)

製品資料
「知ってるだけ」のDevOps――すぐに始めるための簡単な方法とは
ITのアジャイル性(俊敏性)を高めると期待される「DevOps」。開発(Development)と運用(Operation)を一体化させて、システム変革を速め、ビジネスの革新も速め、一足先に競争力を得る考え方だ。 さらに、インフラやアプリケーションの自動化を推進することで、作業負...(2017/2/8 提供:日本オラクル株式会社)

製品資料
IT事業者が損害賠償請求された場合、保険加入でどこまで補償されるのか?
 IT業界における競争の激化により、IT事業者に対する短納期・低コスト・高品質への要求は年々高まっている。その一方で、人材や技術者の不足、システムの複雑化なども進んでおり、IT業務を高度なレベルで遂行することはますます難しくなっている。 そんな状況のなか、IT...(2017/6/27 提供:株式会社ファーストプレイス)

製品資料
費用対効果で見るサイバー攻撃対策、リスクゼロを目指すよりも確実な選択肢は?
 サイバーリスクへの対策には、費用対効果の観点が欠かせない。近年は高度化するサイバー攻撃に対して多層防御や機械学習などの新たなセキュリティ技術が登場しているが、サイバーリスクの軽減には技術的に限界があり、ゼロにするにはリスクに不釣り合いな対策費用が必要...(2017/6/27 提供:株式会社ファーストプレイス)

Loading