TechTargetジャパン

事例
2016年の被害事例で見えたサイバー攻撃の傾向、Webサイトへの4つの攻撃パターン
 インターネットのビジネス利用が拡大する中、企業のWebサイトに対するサイバー攻撃が継続的に発生している。2016年には、公開Webサーバが攻撃を受け、情報漏えいしたケースは40件以上報告されており、サーバ環境を取り巻く脅威は依然として深刻な状態である。 情報漏え...(2017/9/25 提供:トレンドマイクロ株式会社)

レポート
悪用されるWebサイトランキング――セキュリティ脅威レポートの実態報告
 シマンテックが2016年に行ったWebサイト調査によれば、2015年における脆弱性の存在は78%、重大な脆弱性の割合は15%にも上った。その主な原因は、パッチ適用や更新がしかるべき頻度で実行されていない、という基礎的なものであった。 攻撃者はこうした脆弱性を見逃さ...(2017/1/10 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
徹底比較:OvS vs. MidoNet 仮想ネットワーク構築/管理の耐障害性・拡張性の性能検証
 クラウド構築を実行するオープンソースソフトウェア群である「OpenStack」は、仮想ネットワーク構築において主にNeutronというモジュールを利用する。Neutronはプラグイン機能を用いて、SDNコントローラーなど外部ネットワーク製品と連携することができるため、多くのユ...(2015/7/17 提供:デル株式会社)

レポート
Webサイトの75%で脆弱性を検出、企業がすぐに着手すべきセキュリティ対策は?
 近年、大規模なサイバー攻撃では、Webサイトの脆弱性を足掛かりにして、企業ネットワークへの侵入などを図るケースが多く見られる。このような攻撃の大部分は、インフラのメンテナンスで防げるはずだが、現実には定期的な作業を怠っている企業が多く、重要データの漏え...(2017/4/17 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

プレミアムコンテンツ
商用3D CADカタログ 2017年版「Fusion 360」
 学生や教育関係者、スタートアップ企業(年間売上高が10万ドル未満)などであれば、無償でフル機能版が利用できるということで、ここ数年一気にユーザー数を増やしてきた「Autodesk Fusion 360」(以下、Fusion 360)。最近では本来のターゲットである製造業にも徐々に...(2017/10/19 提供:アイティメディア株式会社)

Webキャスト
500GBを数秒でバックアップするツールを標準装備――ユーザー目線の新世代HCI
 仮想環境が主流となり、膨大な数の仮想マシンの一元的かつ効率的な管理は避けて通れない課題となった。そこで重要になるのが、ハイパーコンバージドインフラ(HCI)の管理ツールの使い勝手だ。新たなHCIには、誰でもすぐに使える管理ツールがバンドルされている。 この...(2017/10/12 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
「vSphere 6.5」の新機能を徹底解説、次世代仮想化基盤の真の実力とは?
 「vSphere 6.5」は、インフラやアプリケーションのパフォーマンス、運用性を最大化できる仮想化基盤として定評を得ている。その設計は、シンプルなユーザー環境、包括的なセキュリティ、ユニバーサルプラットフォームを主眼としており、自動化と管理、新旧アプリケーシ...(2017/10/16 提供:ヴイエムウェア株式会社)

レポート
セキュリティ徹底分析:サイバー犯罪者がこれから狙ってくるものは?
 今やサイバー犯罪は一大ビジネスに成長している。サイバー攻撃に必要なソフトウェアをサービスとして提供する「Malware as a Service」まで登場し、サイバー犯罪組織がソフトウェアとサービスを提供するベンダーのような役割まで果たし始めている。 また、サイバー攻撃...(2017/3/1 提供:シンガポールテレコム・ジャパン株式会社)

製品資料
高機能CMSでWeb構築コスト・期間を削減――会員サイトやオウンドメディアも
 Webサイトにおける統一されたデザインと迅速な更新を可能とする開発基盤として人気が高いCMS(コンテンツマネジメントシステム)。これまではサイトの規模拡大やシステム要求の多様化などに伴う、システム開発の複雑化という課題をなかなか解消できずにいた。 特に問題...(2017/2/1 提供:株式会社ディバータ)

製品資料
「OpenStack」の複雑さを解消、クラウド構築を迅速化する統合プラットフォーム
 多くの企業におけるクラウド戦略で重要な位置を占めている「OpenStack」。しかし、OpenStackの導入は容易ではなく、クラウド固有の社内スキルと経験が必須になり、サポートやサービスを複数のベンダーやオープンソースコミュニティーに合せて調整する作業が必要になると...(2017/6/2 提供:インテル株式会社)

製品資料
これで分かる「vSphere 6.5」への移行手順:必要な事前準備と環境別シナリオ
 「VMware vSphere」は仮想化基盤を構築するための中心的存在であるが、その新バージョンである「vSphere 6.5」ではさまざまな機能強化が行われた。大規模環境でのスループットの向上、データセンターの構築と管理の簡素化などにより、パフォーマンスやセキュリティを一...(2017/10/18 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
今さら聞けない「重複排除バックアップ」の基本原理――最新技術と効果を学ぶ
 企業内データの増大により、バックアップはより時間がかかり、多くのストレージ容量が消費される。こうしたコストや時間の増大に課題を持ちながらも、多くの担当者は多忙のため、バックアップの課題解決に対応できる余裕はない。そのため最低限のバックアップをギリギリ...(2017/7/21 提供:クエスト・ソフトウェア株式会社)

技術文書
本格導入が進むOpenStack、企業インフラ変革の最適解を得るには
 OpenStackの導入目的を「既存の仮想化統合基盤の代替品」あるいは「これまでと同じことをより便利に行うツール」と認識するケースは、もはや少数派だ。そうした限定的なメリットを追うのではなく、スケーラビリティを実現する疎結合アーキテクチャや、さまざまな機能単...(2015/11/30 提供:レッドハット株式会社)

プレミアムコンテンツ
プロジェクトを成功させるモデリングの極意(完全版)
 「コード中心からモデル中心の開発へ」などといった文言があるように、モデリングはソフトウェア設計を行うために必要不可欠な技術として注目され、さまざまな開発現場で実践されています。 ですが、手法やそのツールを知っていても、モデリングがうまくできず、分かり...(2017/10/13 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
重要文書の改ざんを防ぎ、情報公開をコントロールするためのPDF活用術
 IR情報やプレスリリースといった重要な文書を扱う広報部門では、セキュリティへの配慮が欠かせない。プレスリリースなどのPDFが改ざんされれば、企業イメージが低下するだけでなく、顧客に被害を与えるリスクもある。実は、こうした社外向け文書を手軽かつ確実に保護す...(2017/10/6 提供:アドビ システムズ 株式会社)

レポート
「第1回 AI・人工知能 EXPO 」展示会レポート
ディープラーニングや機械学習、ニューラルネットワーク、AIアプリケーションなど、AIに関する最新の技術が集まる専門展。本レポートでは、注目の各ブースで聞いた話を、豊富な写真とともにまとめている。展示会に参加できなかった方への情報共有として、また、参加したが...(2017/10/5 提供:株式会社アペルザ)

製品資料
帯域幅の急増にも対応、ネットワーク機能仮想化で構築する通信インフラ
 モバイルデバイスやIoTデバイス、新しいサービスの普及により、ネットワークの構築および運用の複雑さとコストは増大する一方だ。より多くの帯域幅へのニーズも高まっており、世界のIPトラフィックは今後5年間で3倍に増えると予測されている。 このIPトラフィックの急...(2017/10/2 提供:インテル株式会社)

レポート
“ムーアの法則”以後の世界とは? コンピューティング基盤の未来を読む
 現在、デジタルテクノロジーの進化速度は予測不可能なレベルにまで到達している。数多くの新たなテクノロジーやパラダイムが登場し、未来のコンピューティングプラットフォームは誰にも予想することができない。モバイルデバイスやIoTの普及により蓄積されるデータ量は...(2017/9/20 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

レポート
「第6回IoT/M2M展」「第8回クラウドコンピューティングEXPO 春」展示会レポート
IoT/M2Mシステムを構築するための無線通信技術やセンサーなど、さまざまなアプリケーションや、クラウドコンピューティングに関する製品、サービスが一堂に集まる展示会。本レポートでは、注目の各ブースで聞いた話を、豊富な写真とともにまとめている。展示会に参加でき...(2017/9/12 提供:株式会社アペルザ)

製品資料
「ハイパーコンパージドインフラ」の気になる最新情報・選定ポイントを大公開
 仮想化基盤の導入・運用においてはさまざまな課題が考えられる。導入までに必要なサイジング・検証にかかる時間やリソース不足、また運用開始後の設計・管理・障害対応の難しさやサーバのパフォーマンス不足、担当エンジニアのリソース不足などが問題となりやすい。 そ...(2017/9/1 提供:株式会社ネットワールド)

レポート
身近になってきた「VR」をビジネスで生かすには?
 概念自体は古くから存在していたVR(Virtual Reality:仮想現実)だが、2016年にはゲームをはじめとしたエンタテイメントのいち手法として強い存在感を発揮するまでに成長した。存在感を発揮するのはまだエンタメ分野に留まっているが、製造業や建設業の設計から製造...(2017/9/1 提供:KDDI株式会社)

製品資料
専用ハードウェア搭載で高い圧縮率を実現、次世代VMwareハイパーコンバージドはどこが違う?
 近年、多くの企業で導入が進んでいるハイパーコンバージドインフラ(HCI)。メーカーでセットアップされた状態で提供されるため確実なサービスインができるだけではなく、容量と性能を簡単に増強できる。初期導入コスト、運用費用、データセンターコスト削減などTCOの削...(2017/8/3 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 12月7日号:そのスマートウォッチ、役に立ってる?
 Computer Weekly日本語版 12月7日号は、以下の記事で構成されています。■コネクテッドカーは本当にチャンスなのか──自動車メーカーが明かす本音■「オンラインショップはセキュリティホールまみれ」と研究者が警告■Microsoftが痛烈批判「他のクラウドベンダーは企...(2016/12/7 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
フラッシュ環境のデータ保護、性能と効率を最大化する手法と4つの留意事項
 企業が抱えるデータ量が爆発的に増加する一方で、業務システムには最新アプリケーションに対応できる高いパフォーマンスや瞬時の応答性、24時間365日の可用性などが求められるようになっている。そうしたニーズへ対応するため、ストレージの主流は従来のHDDからオールフ...(2017/8/28 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
情報漏えい対策とIT資産管理を統合、Windows/Mac混在環境に適した監視ツール
 企業にとって情報漏えい対策は必須のテーマだ。従業員が業務中に私用でWebサイトへアクセスしたことから深刻なデータ流出につながるケースは多い。業務に関係のないWebアクセスについては、従業員側の意識改革が必要なのはもちろん、会社側にも徹底的なチェックが求めら...(2017/8/23 提供:株式会社インターコム)

製品資料
徹底比較で分かった、ハイパーコンバージド向け無償ハイパーバイザーの実力
 ハイパーコンバージドインフラ(HCI)はクラウドのような柔軟性や拡張性が魅力だが、その導入コストが課題となりがちだ。そこで注目されているのが、エンタープライズ向けの無償ハイパーバイザー。ただ、無償となると、定番製品との機能の違いも気になるところだ。 そ...(2017/8/9 提供:ニュータニックス・ジャパン合同会社)

レポート
この一冊でセキュリティ最新動向が分かる  セキュリティ脅威レポート2017年版
 シマンテックが毎年発行している『インターネットセキュリティ脅威レポート(ISTR)』の最新版(2017年4月発行)が発行された。世界最大級の民間脅威情報収集ネットワークが157を超える国や地域の脅威活動を監視し、取得した9兆件を超えるセキュリティデータを徹底分析...(2017/8/2 提供:株式会社シマンテック)

製品資料
脆弱性にいかに対処するか 忙しいWebサイト管理者のためのWeb診断ツールの正体
 巧妙化するサイバー攻撃への対策として、企業が考慮すべきポイントは多岐にわたる。SQLインジェクション、クロスサイトスクリプティング(XSS)などの攻撃手法への対策はもちろんのこと、Wordpress、Movable TypeなどのアプリケーションやWebサイトの脆弱(ぜいじゃく)...(2017/7/20 提供:GMOクラウド株式会社)

製品資料
AWS、Oracle DB、MS SQLなど、広範囲に統合監視を行うための“条件”
 一般にシステムの「統合監視ツール」は、OSやネットワーク、サーバ、ファシリティ、コネクティビティなどを主な監視・検知対象としている。しかし管理者が監視・検知したい対象は、これら以外にもAWS、Oracle DB、MS SQL、Tomcat、Apache、IISなどのアプリケーションパ...(2015/11/19 提供:ゾーホージャパン株式会社)

製品資料
膨大・煩雑な生データを「使えるビジネス資産」に変換する方法
 昨今のようにデータの量と複雑さが増大し続ける状況では、信頼できるデータ基盤がなければ、日々の意思決定を的確に行うことも、アナリティクスやレポートからビジネス状況を正確に把握することも難しくなる。しかし、スプレッドシート、電子メール、レポート、顧客情報...(2017/7/3 提供:SAS Institute Japan株式会社)

Loading