TechTargetジャパン

技術文書
徹底比較:OvS vs. MidoNet 仮想ネットワーク構築/管理の耐障害性・拡張性の性能検証
 クラウド構築を実行するオープンソースソフトウェア群である「OpenStack」は、仮想ネットワーク構築において主にNeutronというモジュールを利用する。Neutronはプラグイン機能を用いて、SDNコントローラーなど外部ネットワーク製品と連携することができるため、多くのユ...(2015/7/17 提供:デル株式会社)

技術文書
本格導入が進むOpenStack、企業インフラ変革の最適解を得るには
 OpenStackの導入目的を「既存の仮想化統合基盤の代替品」あるいは「これまでと同じことをより便利に行うツール」と認識するケースは、もはや少数派だ。そうした限定的なメリットを追うのではなく、スケーラビリティを実現する疎結合アーキテクチャや、さまざまな機能単...(2015/11/30 提供:レッドハット株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 12月7日号:そのスマートウォッチ、役に立ってる?
 Computer Weekly日本語版 12月7日号は、以下の記事で構成されています。■コネクテッドカーは本当にチャンスなのか──自動車メーカーが明かす本音■「オンラインショップはセキュリティホールまみれ」と研究者が警告■Microsoftが痛烈批判「他のクラウドベンダーは企...(2016/12/7 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
AWS、Oracle DB、MS SQLなど、広範囲に統合監視を行うための“条件”
 一般にシステムの「統合監視ツール」は、OSやネットワーク、サーバ、ファシリティ、コネクティビティなどを主な監視・検知対象としている。しかし管理者が監視・検知したい対象は、これら以外にもAWS、Oracle DB、MS SQL、Tomcat、Apache、IISなどのアプリケーションパ...(2015/11/19 提供:ゾーホージャパン株式会社)

レポート
前年比16倍を超えたサイバー攻撃、2016年上半期のセキュリティ動向と対策
 IBMは全世界10拠点のセキュリティオペレーションセンター(SOC)で観測したセキュリティ情報をベースに、1日当たり200億件以上のデータをリアルタイムで相関分析している。この中で、主に日本国内の企業環境で観測された脅威動向を分析・解説したものが「Tokyo SOC情報...(2016/9/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

講演資料
突然のOpenStack導入プロジェクト発足、立ちはだかる“2つの壁”は超えられるか?
 OpenStack導入プロジェクトをスタートさせるとき、まず立ちはだかる2つの壁がある。1つは、導入によってビジネスにどんなメリットがあるのか、それをいかに示すかである。もう1つは、実際に本番環境で安定稼働させるには、どのようなシステム構成にすればいいのかという...(2015/11/30 提供:レッドハット株式会社)

技術文書
計測システムを構築するための完全ガイド 〜10の選定ポイント〜
最適な計測システムを構築するためには、その目的に応じた最適なツールを組み合わせる必要がある。本資料「計測システムを構築するための完全ガイド」では、それぞれのツールについて「10の選定ポイント」としてまとめた。【10の選定ポイント】・センサ・DAQデバイス・バ...(2016/12/8 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

技術文書
アーキテクチャの5原則が導く次世代データセンターのデザインとメリット
 AWSやAzureとの差別化を図るため、他のクラウドサービスプロバイダーは低価格での提供や、将来的ニーズが不明確なままのプラットフォーム構築など、負担を強いられている。また、顧客の進化に応じたサービスやソリューションを迅速に調節できない、新しい市場や収益源を...(2016/12/8 提供:ネットアップ株式会社)

技術文書
5つの原則に見る、従来型データセンターの課題と次世代データセンターの姿
 パブリッククラウドの利用が一般的になり、今やクラウドの使い勝手を自社インフラのも期待するようになってきた。例えば迅速なサービス立ち上げ、柔軟な拡張性、低コストで高パフォーマンス、ユーザーセルフサービスで利用できることなどだ。 一方、インフラを運用する...(2016/12/6 提供:ネットアップ株式会社)

製品資料
「アプリかデスクトップか」では解決しない仮想化への不満をどう解消する?
 ワークスタイルの多様化、セキュリティとコンプライアンスの改善、IT予算の削減など、仮想デリバリー技術はこれまでにもさまざまなビジネス上の課題を解決してきた。しかし、ほとんどの場合、ユーザーが選択できるのは仮想アプリや仮想デスクトップのいずれかだ。 この...(2016/11/17 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

製品資料
KVMに求められる柔軟なセキュリティ対策とは?
 Linux Kernel自体をハイパーバイザーとする仕組み「KVM(カーネルベース仮想マシン)」は、クラウド環境を導入するためにサービスプロバイダーとユーザー企業の両者が一様に使用している主要なオープンソースハイパーバイザーである。 KVMをOpenStackと連動させると...(2016/11/1 提供:パロアルトネットワークス株式会社)

レポート
サイバーエージェント、ヤフー、楽天に学ぶ、OpenStack使いこなし術
 クラウド事業者やデータセンター事業者に限らず、ユーザー企業の間でも注目されている「OpenStack」。最大の魅力は、自社所有のオンプレミス環境を、あたかもパブリッククラウドのように自動化し、統合管理できることにあるだろう。 しかしながら、OpenStackは進化のス...(2016/5/13 提供:サイオステクノロジー株式会社)

レポート
MDMを“オワコン”にしたiPhone、Android管理の新標準「EMM」とは?
 Appleの「iPhone」「iPad」やGoogleの「Android」搭載デバイスなど、モバイルデバイスを大量に導入する企業にとって、その管理を一元化できる「モバイルデバイス管理」(MDM)製品は不可欠ともいえる存在となった。だが企業のモバイルデバイス活用が高度化するにつれて...(2016/11/30 提供:ヴイエムウェア株式会社)

レポート
もはや必須ツール? 進化したユニファイドコミュニケーション「UCaaS」の選び方
 従業員の働き方を変えて生産性を向上させるために、ワークスタイル変革を実践する企業が近年増えている。ワークスタイル変革の第一歩として、企業は、デスク中心の働き方から、働く場所を自由に選べる働き方へ変わろうとしている。その働き方を実現する製品として、次世...(2016/11/25 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
2年後にクラウドの主役は交代? Oracleユーザーへの調査で分かったDBの新潮流
 近年はクラウドコンピューティングがデータベース(DB)の領域まで広がり、情報提供の方法にも変化が訪れ始めている。その大きな流れの1つが、複数のサイロ化されたデータストアへのアクセスの共有を実現する「Database as a Service」(DBaaS)だ。 IT調査会社のUnisp...(2016/11/22 提供:日本オラクル株式会社)

レポート
個人情報流出件数が多い業界ランキング、セキュリティ脅威の傾向と対策
 サイバー犯罪の手口の巧妙化が進む中、情報セキュリティ技術とのイタチごっこが続いている。個人を狙ったフィッシングから、組織を狙って巧妙に仕掛けられる標的型攻撃、さらにはIoTデバイスへの攻撃まで、攻撃者は価値のある情報や金銭を得られそうな対象であれば何で...(2016/11/10 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
予算内でストレージを最大限に活用する方法
企業ITの中で重要度が高まり続けるストレージ環境。本製品導入ガイドは、ストレージの投資対効果を最大化するヒントとなる3つの記事で構成されている。まずは、米Forresterのアナリストによるストレージの各種トレンド解説と、テーマごとのアドバイス。これで、ストレージ...(2016/11/7 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
電気自動車(EV)充電ステーションを安全で高効率にするフォトカプラ
 路上を走行するEV台数が急増しており、エネルギーを補給して路上に迅速に戻るために、より多くの充電施設が必要とされています。EV充電ステーションは、充電施設において、電気エネルギーをEVに供給しネットワーク接続を提供する重要な要素です。 急速充電システムのニ...(2016/10/24 提供:アバゴ・テクノロジー株式会社 (Broadcom Limited))

レポート
仮想環境向けデータ保護ソリューションの選び方――実地テスト結果で検証
 VMwareやHyper-Vを用いてサーバ仮想化に取り組む企業は多いが、高度に仮想化された環境において、仮想マシンのバックアップ、データリカバリに課題を感じる企業は多い。災害対策における復旧目標値(RTO/RPO)の改善のため、データストア内の仮想マシンを対象にしたス...(2016/10/17 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
サーバ仮想化の隠れたデメリット、データ保護の効率低下はどう解消する?
 サーバ仮想化によりリソースの効率化や運用コストの削減を目指す企業が増えているが、それにより新たな問題が生じることもある。その代表例が、高度な仮想環境になることでデータの保護とリカバリの効率が低下するケースだ。 これについてIT調査会社のESGは「従来のバ...(2016/10/17 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

講演資料
これからのビッグデータ活用の話をしよう──適材適所の分析テクノロジーの選び方
 ビッグデータ時代の到来で、データベースを取り巻く新たなテクノロジーが、次々登場している。だが、要件もアーキテクチャもバラバラの数百の業務アプリケーションに1つの技術で対応するのは不可能だ。要件とアーキテクチャをパターン化できれば、実装すべきテクノロジ...(2016/10/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
ハイパーコンバージドインフラ徹底解剖、導入・運用・拡張をシンプル化する方法
 サーバやストレージ、ネットワークスイッチ、テープ装置などを組み合わせた旧来のシステムは、物理配線も複雑になり、運用管理に多くの工数や時間を要する。また、システムリソースの増強などが迅速に行えず、ユーザーニーズへの即応も困難となる。 そこで、これらの課...(2016/10/31 提供:株式会社ネットワールド)

製品資料
洞察力と予測分析能力がもたらす、ビジネスイノベーション IBM Cognos Business Intelligence
 本資料で紹介するIBM Cognos BIツールは、ビジネスインテリジェンス(BI)に広く一般的に求められる機能要件を満たすのみならず、全社規模での企業情報の分析・活用・共有を想定した基盤機能や、プランニング、シナリオモデル分析、リアルタイムモニタリング、コラボレ...(2016/10/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
商品照会から店舗案内まで30秒、ニッポンハムの電話対応は「地図情報」が変えた
 食品事業を展開するニッポンハムグループのコンタクトセンターでは、年間で約2万6000件の電話相談に対応している。その内容で最も多いのは「商品がどの販売店で売られているか知りたい」というものだが、従来はその回答に最大で1.5日かかっていたという。 質問を受ける...(2016/8/5 提供:富士通株式会社)

技術文書
普及が進むデスクトップ仮想化(VDI)、オープンで標準化された技術によるリファレンスアーキテクチャとは
 デスクトップ仮想化(VDI:Virtual Desktop Infrastructure)は、事業継続性の向上、セキュリティ強化、クライアント端末の運用管理の負荷軽減、ワークスタイル変革(在宅勤務やリモートアクセスによる従業員の生産性向上)など、ビジネスに大きなメリットをもたらす。(2015/11/18 提供:デル株式会社)

製品資料
少ない設備投資で標的型攻撃を元から断つ、セキュアブラウザでネットワーク分離
 標的型攻撃は高度化を続け、マルウェアの侵入を防ぐことはますます難しくなっている。主要な対策であるシンクライアント方式、マルウェア検疫方式、添付ファイル削除方式にも既に弱点が指摘され始めているが、それ以上の対策となると高すぎる設備投資コストがネックにな...(2016/9/26 提供:株式会社コネクトワン)

技術文書
Oracle DBからMySQLへ、DB移行プロジェクトの実践ノウハウを専門家が徹底解説
 ビッグデータやIoTなどの活用が進んだことで、トランザクション単位でデータの整合性を担保できる旧来のデータベース管理システム(DBMS)の重要性が再認識されている。この動きのなかには、商用DBMSからオープンソースソフトウェア(OSS)のDBMSへの移行も見られる。 ...(2016/9/20 提供:SCSK株式会社)

製品資料
アプリケーション仮想化でWebアプリを配信する「3つのメリット」とは?
 Webアプリは従来のクライアント/サーバ向けアプリと比較して、軽量で、しかも複数のOSに合わせて開発・テストを行う必要もないため、多くの企業で開発が行われてきた。Webアプリにより、短期間でビジネスに役立つIT活用ができると期待されたのである。 しかし、実際に...(2016/9/16 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

製品資料
ワンランク上のWebサービス基盤に必要な「3つの機能」――競合製品との比較検証
 顧客や取引先、従業員向けにモバイル対応のWebサービスを展開し始め、トランザクションの急激な変化への対処に追われる企業が増加している。さらには本社を含めた複数の拠点でのデータ分析ニーズに応えるため、Webサービスによって独自の分析基盤を展開したり、新しいマ...(2016/9/7 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
3方向で進化するオールフラッシュ、次世代データセンターに適した製品は?
 この数年で導入企業が一気に増加したフラッシュストレージ。その活用は主に3つの方向で進んでおり、従来型業務システムなどで使われる汎用製品、開発環境に適したストレージQoS重視の製品、データ分析に適した高IOPS・低レイテンシの製品が主要な選択肢となっている。 ...(2016/9/1 提供:株式会社ネットワールド)

Loading