TechTargetジャパン

技術文書
徹底比較:OvS vs. MidoNet 仮想ネットワーク構築/管理の耐障害性・拡張性の性能検証
 クラウド構築を実行するオープンソースソフトウェア群である「OpenStack」は、仮想ネットワーク構築において主にNeutronというモジュールを利用する。Neutronはプラグイン機能を用いて、SDNコントローラーなど外部ネットワーク製品と連携することができるため、多くのユ...(2015/7/17 提供:デル株式会社)

技術文書
本格導入が進むOpenStack、企業インフラ変革の最適解を得るには
 OpenStackの導入目的を「既存の仮想化統合基盤の代替品」あるいは「これまでと同じことをより便利に行うツール」と認識するケースは、もはや少数派だ。そうした限定的なメリットを追うのではなく、スケーラビリティを実現する疎結合アーキテクチャや、さまざまな機能単...(2015/11/30 提供:レッドハット株式会社)

製品資料
AWS、Oracle DB、MS SQLなど、広範囲に統合監視を行うための“条件”
 一般にシステムの「統合監視ツール」は、OSやネットワーク、サーバ、ファシリティ、コネクティビティなどを主な監視・検知対象としている。しかし管理者が監視・検知したい対象は、これら以外にもAWS、Oracle DB、MS SQL、Tomcat、Apache、IISなどのアプリケーションパ...(2015/11/19 提供:ゾーホージャパン株式会社)

講演資料
突然のOpenStack導入プロジェクト発足、立ちはだかる“2つの壁”は超えられるか?
 OpenStack導入プロジェクトをスタートさせるとき、まず立ちはだかる2つの壁がある。1つは、導入によってビジネスにどんなメリットがあるのか、それをいかに示すかである。もう1つは、実際に本番環境で安定稼働させるには、どのようなシステム構成にすればいいのかという...(2015/11/30 提供:レッドハット株式会社)

レポート
サイバーエージェント、ヤフー、楽天に学ぶ、OpenStack使いこなし術
 クラウド事業者やデータセンター事業者に限らず、ユーザー企業の間でも注目されている「OpenStack」。最大の魅力は、自社所有のオンプレミス環境を、あたかもパブリッククラウドのように自動化し、統合管理できることにあるだろう。 しかしながら、OpenStackは進化のス...(2016/5/13 提供:サイオステクノロジー株式会社)

レポート
5億5200万件の個人情報が流出──2014年版「Webサイトセキュリティ脅威レポート」
 このホワイトペーパーは、シマンテックが毎年発行している『Webサイトセキュリティ脅威レポート』の2014年版である。「2013年のセキュリティタイムライン」「数字で見る2013年」といった独自の視点のレポートをはじめ、2013年のWebサイトセキュリティ脅威に関する以下の...(2016/9/20 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

事例
商品照会から店舗案内まで30秒、ニッポンハムの電話対応は「地図情報」が変えた
 食品事業を展開するニッポンハムグループのコンタクトセンターでは、年間で約2万6000件の電話相談に対応している。その内容で最も多いのは「商品がどの販売店で売られているか知りたい」というものだが、従来はその回答に最大で1.5日かかっていたという。 質問を受ける...(2016/8/5 提供:富士通株式会社)

技術文書
普及が進むデスクトップ仮想化(VDI)、オープンで標準化された技術によるリファレンスアーキテクチャとは
 デスクトップ仮想化(VDI:Virtual Desktop Infrastructure)は、事業継続性の向上、セキュリティ強化、クライアント端末の運用管理の負荷軽減、ワークスタイル変革(在宅勤務やリモートアクセスによる従業員の生産性向上)など、ビジネスに大きなメリットをもたらす。(2015/11/18 提供:デル株式会社)

技術文書
Oracle DBからMySQLへ、DB移行プロジェクトの実践ノウハウを専門家が徹底解説
 ビッグデータやIoTなどの活用が進んだことで、トランザクション単位でデータの整合性を担保できる旧来のデータベース管理システム(DBMS)の重要性が再認識されている。この動きのなかには、商用DBMSからオープンソースソフトウェア(OSS)のDBMSへの移行も見られる。 ...(2016/9/20 提供:SCSK株式会社)

技術文書
78%のWebサイトに脆弱性あり──Webサイトの健康診断方法を伝授します
 2014年はHeartbleed、Shellshock、POODLEなどの深刻な脆弱性が次々に明らかになった。Webサイトからの情報漏えいや改ざんは毎月のように報道されているが、これらの事件の多くはWebアプリケーションの脆弱性を狙われることで起こっている。シマンテックの調査によると...(2016/9/20 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

レポート
MDMを“オワコン”にしたiPhone、Android管理の新標準「EMM」とは?
 Appleの「iPhone」「iPad」やGoogleの「Android」搭載デバイスなど、モバイルデバイスを大量に導入する企業にとって、その管理を一元化できる「モバイルデバイス管理」(MDM)製品は不可欠ともいえる存在となった。だが企業のモバイルデバイス活用が高度化するにつれて...(2016/9/16 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
アプリケーション仮想化でWebアプリを配信する「3つのメリット」とは?
 Webアプリは従来のクライアント/サーバ向けアプリと比較して、軽量で、しかも複数のOSに合わせて開発・テストを行う必要もないため、多くの企業で開発が行われてきた。Webアプリにより、短期間でビジネスに役立つIT活用ができると期待されたのである。 しかし、実際に...(2016/9/16 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

製品資料
ワンランク上のWebサービス基盤に必要な「3つの機能」――競合製品との比較検証
 顧客や取引先、従業員向けにモバイル対応のWebサービスを展開し始め、トランザクションの急激な変化への対処に追われる企業が増加している。さらには本社を含めた複数の拠点でのデータ分析ニーズに応えるため、Webサービスによって独自の分析基盤を展開したり、新しいマ...(2016/9/7 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
3方向で進化するオールフラッシュ、次世代データセンターに適した製品は?
 この数年で導入企業が一気に増加したフラッシュストレージ。その活用は主に3つの方向で進んでおり、従来型業務システムなどで使われる汎用製品、開発環境に適したストレージQoS重視の製品、データ分析に適した高IOPS・低レイテンシの製品が主要な選択肢となっている。 ...(2016/9/1 提供:株式会社ネットワールド)

製品資料
スケーラブルで省電力なVDI、「3つの視点」でROI・生産性・モビリティを最大化
 VDI(仮想デスクトップインフラ)環境の導入では、ROIの向上、生産性とモビリティの最大化が常に重要な検討事項となる。その具体的な目安となるのが、例えば、ユーザーの予算当たりのIOPSや、ユーザーエクスペリエンスだ。 サーバ1台当たりのVDIデスクトップ数はI/Oパ...(2016/8/17 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

製品資料
見えはじめた“第1世代”の課題、次世代ハイパーコンバージドはどこが変わる?
 ハイパーコンバージドインフラは、高度な共有ストレージシステムを必要とせずに仮想化クラスタを導入できることから、仮想デスクトップなどの基盤として広く使われている。しかし、多くの製品がネットワーキングを補足的に扱っていることに起因して、幾つかの課題も見ら...(2016/5/24 提供:シスコシステムズ合同会社)

レポート
Heartbleed脆弱性は発覚から4時間で悪用された?──2015年版最新脅威レポート
 インターネット上の脅威は変化を続けている。2014年は「攻撃が高速化する一方、防御が追い付いていない」傾向が見られた。例えば、Heartbleed脆弱性が明らかになってから、4時間以内に脆弱性を悪用する多数の攻撃が確認されている。また、「攻撃方法が効率化・高度化し...(2015/7/23 提供:株式会社シマンテック)

レポート
勇気ある前進で“スティーブ・ジョブズ氏”のようなイノベーションを起こす方法
 Appleでチーフエバンジェリストを務めたガイ・カワサキ氏は、“次の新しいもの”を売り込む経験を豊富に積んでいる。イノベーションの起こし方に関する同氏の考え方、イノベーションの極意とは。そして、IT部門が、変化に伴う混乱を受け入れながらやり方を変えていくに...(2016/8/25 提供:アイティメディア株式会社)

事例
ついに移行が始まる次世代基盤「ソフトウェア定義データセンター(SDDC)」とは?
 近年、さまざまな企業で、必要なときにアプリケーションがすぐに使えることを要求するユーザーが増加している。時間や場所を問わずアクセスできるIT環境と、オンデマンドで提供されるアプリケーションは、もはやユーザーにとって必須の業務基盤となりつつある。 しかし...(2016/8/16 提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社)

事例
「地図」連携で訪問ルート・時期を最適化、アサヒプリテックの営業改善策とは?
 ERPやSFAの導入やモバイル端末の活用により営業活動の効率化は大幅に進んだ。その一方で、顧客訪問計画では、いまだに多くの非効率を解消できずにいる。顧客訪問のルートや時期を最適化することは、営業部門にとっては古くて新しい課題だ。 貴金属リサイクル業のアサヒ...(2016/8/5 提供:富士通株式会社)

事例
専門知識ゼロから始めるIoTソリューション開発、初心者も使える開発基盤とは?
 IoTが生み出す新たな価値が広く認識されるようになり、IoTを使ったサービスの提供を検討する企業が増えている。これに伴い、IoTソリューションのプロジェクトも増加している。 このような状況にもかかわらず、IoTプロジェクト推進に二の足を踏んでいるケースのほうが多...(2016/8/1 提供:株式会社ネットワールド)

レポート
サーバ仮想化の隠れたデメリット、データ保護の効率低下はどう解消する?
 サーバ仮想化によりリソースの効率化や運用コストの削減を目指す企業が増えているが、それにより新たな問題が生じることもある。その代表例が、高度な仮想環境になることでデータの保護とリカバリの効率が低下するケースだ。 これについてIT調査会社のESGは「従来のバ...(2016/7/7 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
仮想環境向けデータ保護ソリューションの選び方――実地テスト結果で検証
 VMwareやHyper-Vを用いてサーバ仮想化に取り組む企業は多いが、高度に仮想化された環境において、仮想マシンのバックアップ、データリカバリに課題を感じる企業は多い。災害対策における復旧目標値(RTO/RPO)の改善のため、データストア内の仮想マシンを対象にしたス...(2016/7/4 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
コンテナ&マイクロサービス製品導入戦略ガイド
 コンテナとマイクロサービスは個別に導入できるモジュールで、これらを組み合わせてアジャイルで開発された柔軟性の高いアプリケーションを構築できる。 本稿ではそのアーキテクチャがどのように構成され、サプライヤーがそれをどう構築し、これを使う組織にとってどの...(2016/7/27 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
コミュニケーション機能のクラウド移行――最大の敵「ネットのダウン」にどう備える?
 組織におけるコミュニケーションは多様化し、音声通話、ファクス、メールに加えて、ボイスメール、ビデオ会議なども使われるようになった。それに伴い増加するツールを統合管理するためにはクラウドが有効だが、コミュニケーション機能をクラウドに依存することのリスク...(2016/6/6 提供:インタラクティブ・インテリジェンス)

レポート
IT部門のビジネス貢献とは何か? インテル社内の取り組み事例を解説
 インテルのIT部門では、10万人余りの従業員を71拠点/約6000人のITスタッフでサポートしている。こうした業務に加えて、同部門では成長と予算要件のバランスを取りながら、さまざまなビジネス価値を創造している。 同社のIT部門は、さまざまな障壁を地道に取り除きなが...(2016/6/27 提供:インテル株式会社)

製品資料
「狙われるならどこですか?」専門家へ脆弱性診断の依頼が増えている理由
 年々、高度化するセキュリティの脅威に対抗する手段として、さまざまな診断ツールが開発されている。事故防止に有効な施策だが、十分な効果を得るためには、サイバー攻撃の専門知識や最新動向について知っておかなければならない。 攻撃者の手口は多様で、常に変化と悪...(2016/5/31 提供:サイトロック株式会社)

製品資料
悪質ランサムウェアに「人質」をとられないための対策――攻撃阻止法を解説
 コンピュータシステムの使用またはアクセスを阻害する「ランサムウェア」の被害が急増している。画面のロックやファイルの暗号化を勝手に行うマルウェアで、侵入後はシステムのロックを解除したり、ファイルを復号したりすることを条件に金銭を要求してくる。 その中で...(2016/5/23 提供:株式会社シマンテック)

製品資料
IT資産管理システムの真価を発揮させ、成功に導くための処方箋
 本ホワイトペーパーはServiceNow Asset Managementの特長と導入の成果について紹介している。 ServiceNow Asset Managementはデータとプロセスを1つのプラットフォームに統合し、エンドユーザーマシンの場所、エンドユーザーが所有するソフトウェアに関する情報など...(2016/5/18 提供:ServiceNow Japan 株式会社)

レポート
「Lync」から「Skype for Business」へ、MicrosoftはUC市場を制するか
 ユニファイドコミュニケーション(UC)市場の主要ベンダーへと急成長を遂げたMicrosoft。Infonetics Research の最近のリポートによると、2014年第1四半期のUC市場では最大の売上高を記録している。 2015年には「Microsoft Lync」を「Microsoft Skype for Business」へ...(2016/2/16 提供:KDDI株式会社)

Loading