TechTargetジャパン

技術文書
「IIJ GIO」と「Azure」の連携能力は本物? SAPシステムのDRサイトで徹底検証
 Microsoftとの強力なパートナー関係の基、「Microsoft Azure」(以下、Azure)と連携させたマルチクラウドサービスの提供を行う「IIJ GIO」。両サービスを組み合わせたソリューションには多くの実績があり、Azureのハイブリッドな活用を目指す企業の有力な選択肢となっ...(2017/7/24 提供:株式会社インターネットイニシアティブ)

講演資料
BCPは業務部門とIT部門の協働が鍵、クラウド時代の事業継続計画
 実効力のあるBCPを実現するには、近年のテクノロジーやシステム構成の変化に加えて、環境や災害が及ぼすリスクの変化も考慮し、有事においても確実にシステムを立ち上げ事業を継続できる対策を取らねばならない。その際に課題となるのが、業務部門とIT部門の間に生まれ...(2016/11/30 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
バックアップは最後の砦、RTOの極小化を目指すためのBCP/DR基盤の作り方
 企業の基幹データが損失した際の影響は、信用失墜、ブランドイメージの悪化、顧客離れ、損害賠償、復旧費用など多岐にわたる。しかし、人為的ミスやソフトウェアの誤操作、ウイルスやマルウェアによるセキュリティ脅威、広域災害、ハードウェア障害など企業活動の日常に...(2015/6/10 提供:ノックス株式会社)

レポート
仮想環境向けデータ保護ソリューションの選び方――実地テスト結果で検証
 VMwareやHyper-Vを用いてサーバ仮想化に取り組む企業は多いが、高度に仮想化された環境において、仮想マシンのバックアップ、データリカバリに課題を感じる企業は多い。災害対策における復旧目標値(RTO/RPO)の改善のため、データストア内の仮想マシンを対象にしたス...(2016/10/17 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
サーバ仮想化の隠れたデメリット、データ保護の効率低下はどう解消する?
 サーバ仮想化によりリソースの効率化や運用コストの削減を目指す企業が増えているが、それにより新たな問題が生じることもある。その代表例が、高度な仮想環境になることでデータの保護とリカバリの効率が低下するケースだ。 これについてIT調査会社のESGは「従来のバ...(2016/10/17 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
業務継続性の10の落とし穴、システム停止時間を最小化するための指針とは?
 最新のHA(High Availability)技術は、アプリケーションとデータの変更を遠隔地のサイトに、継続的に転送し続ける。地震、停電、ソフトウェアのインストール不具合など災害や障害が発生すると、遠隔地のシステムに自動的に、瞬時にフェイルオーバーする。 従来、HA技...(2015/7/31 提供:arcserve Japan合同会社)

製品資料
クラウドによるDR対策、3つのソリューション
 東日本大震災以降、事業継続/災害対策を最優先課題とする企業が増加したが、十分な対策が取れている企業は少ない。その主な理由は「効果や必要性が不明瞭で検討が進まない」「有事に大きなコストをかけられない」「コストや手間からテープバックアップ以上の対策が立て...(2015/2/20 提供:富士通株式会社)

技術文書
Nutanixの新たな選択肢、Cisco UCSで構築するハイパーコンバージドインフラ
 ストレージ、ネットワーク、サーバを個別に用意するレガシーなインフラは、サイロ化による非効率が生じやすく、拡張するためにはシステム全体をリプレースする必要があるなど、管理に手間が掛かることが問題となる。 こうした課題に対処する方法として、サーバ、ストレ...(2017/5/24 提供:ニュータニックス・ジャパン合同会社)

技術文書
最新技術を徹底解説、「Azure IaaS構築・運用・管理ガイド」2017年2月版
 「Microsoft Azure」は、Microsoftのパブリッククラウドサービスで、PaaSとIaaSの形態で提供されている。そのサービスは早いペースで進化しているため、Azureのメリットを最大限に得ようと考えるのであれば、最新の技術情報の入手は欠かせない。 そこで本コンテンツで...(2017/4/7 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
徹底検証:Azureを活用したSAP S/4HANAシステムのDRサイト構築
 急拡大を続けるクラウドサービス市場では、独自のメリットを売りにした多種多様なサービスが提供されている。そこで、複数のクラウドサービスのメリットを効率よく取り入れる方法として、マルチクラウドを選択する企業が増えている。 特に、ビジネスの根幹をなすSAPシ...(2017/7/24 提供:株式会社インターネットイニシアティブ)

講演資料
ハイパーコンバージドの先にある「データ仮想化プラットフォーム」とは?
 近年におけるアプリケーションの急増とハイブリッドクラウドの成長は、デジタルトランスフォーメーションの大きな推進力となっている。その一方で、社内におけるアプリケーション需要の増大に、IT部門の提供能力が追い付かない状況も生まれつつある。 この課題を解消し...(2017/5/26 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

レポート
ランサムウェアに感染しても身代金を払わない――データ保護の5つの鉄則
 国内外で猛威を振るうランサムウェア。特に日本は2016年の被害が前年比10倍という急増傾向にあり、多くの犯罪グループから狙われている。しかし、モバイルデバイスやBYODなどユーザー環境の多様化が進んでいる上、攻撃自体も巧妙化しており、侵入を完全に防ぐことは困難...(2017/6/1 提供:株式会社ねこじゃらし)

レポート
「投資しても止まるシステム」 可用性の投資ギャップはなぜ発生するのか?
 いつでもどこでも接続できる常時稼働のビジネス環境をユーザーに提供するため、システム管理者は、日々、アックアップ/レプリケーションの管理に取り組んでいる。しかし、仮想化が進んだ現在のシステムで、その理想を実現することはなかなか難しいようだ。 企業調査に...(2017/2/23 提供:Veeam Software Japan 株式会社)

比較資料
「ハイパーコンバージド」徹底解説――話題のNutanixを支える技術の全て
 市場が急拡大するハイパーコンバージドインフラ(HCI)。多様な技術・機能の集合体であることから、どの部分に注目すれば、より高いパフォーマンスを引き出せるのか見極めづらい面もある。そこで、主要製品のアーキテクチャや管理ツールなどを解説する。 まず注目した...(2017/2/7 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

技術文書
レガシーからの脱却――ハイパーコンバージド完全ガイド
 近年、IT部門にはインフラよりもアプリケーションやサービスに対して時間と予算を割り当てることが求められるようになっている。しかし、そのことがインフラへの要求をさらに高め、問題の増加を招くという皮肉な状況が生じている。 この悪循環を生んでいるのが、ストレ...(2016/12/14 提供:ニュータニックス・ジャパン合同会社)

製品資料
データ仮想化の使い方――増え続けるコピーデータを管理するための処方箋
 現在では、効率的なITインフラの構築のために、サーバやネットワークの仮想化が一般的に使われるようになってきた。一方で、扱うデータ量は急増を続け、バックアップやDRの仕組みを改善したい、手間や時間をかけずに開発環境を準備したい、クラウドをハイブリッドで活用...(2017/3/1 提供:ベル・データ株式会社)

レポート
徹底調査:あなたの企業は24時間365日の可用性を実現できている?
 仮想化技術やクラウドサービスの導入が進んだ現在、可用性の重要性は以前にも増して大きくなっている。それはバックアップや災害復旧(DR)計画などへの要求が高まったことだけではなく、アプリケーションの大半がミッションクリティカル、ビジネスクリティカルなものへ...(2017/2/23 提供:Veeam Software Japan 株式会社)

製品資料
仮想化環境の可用性向上術――重要なデータを保護しながらシステムを高速復旧
 多くの企業で仮想化環境の採用が進むなか、事業継続計画(BCP)/災害復旧(DR)対策などに向けた高可用性を実現する方法にも変化が求められるようになった。その変化に対応するためには、まず仮想化環境における可用性と密接に関係する、網羅性、迅速性、適切性につい...(2016/11/9 提供:サイオステクノロジー株式会社)

技術文書
企業ITインフラの次の一手、プラットフォーム混在環境はこの先どうなるか
 今日のITは、合理化はもちろん、企業のイノベーションを推進する役割を担ったり、記録を主たる目的とするSystem of Record(SoR)に加えて外部との関係性を強化するSystem of Engagement(SoE)の機能を備えるなど、求められる役割が多様化してきている。 また、プラッ...(2017/1/13 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
すぐ分かる「VMware vSphere 6.5」 絶対に押さえておきたい7つの機能強化
 日々生まれるセキュリティの脅威や複雑さを増すインフラ環境への対策として導入が進むサーバ仮想化技術。その中でも「VMware vSphere」は、ITインフラやアプリケーションに高いパフォーマンスと可用性を与える製品として人気が高く、クラウド基盤などでの採用が進んでい...(2017/1/16 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
その重複排除では重複排除できない? 新旧の技術比較で正しくバックアップ
 過去のデータは累積し、ビッグデータ到来で新たなデータは急増、そのバックアップの抑制には「重複排除」が有効だ。この重複排除にも新旧の技術が存在し、古い技術では大量データに耐えられず、ネットワークを圧迫し、バックアップが終わらない事態も招きかねない。 こ...(2016/12/13 提供:arcserve Japan合同会社)

製品資料
DB刷新はストレージから――分析回数・範囲に響くI/O遅延の課題を解消
 ネットワークの帯域は9カ月ごとに倍になり、CPUやメモリの性能は18カ月ごとに倍になるといわれるように、サーバやネットワークはこの10年で大きく進化した。それに比べて、ディスク性能の進化は15年間で見ても100倍程度にとどまるという。 このような進化のギャップに...(2016/9/6 提供:東京エレクトロン デバイス株式会社)

製品資料
アップデートで大幅な強化、バックアップ製品は新機能でどう変わるのか?
 バックアップツールは、仮想化やクラウドといったシステム形態に合わせた新たなニーズを取り入れながら、信頼性を向上させ続けている。そのバージョンアップでは、強力な新機能が登場し、パフォーマンスを大幅に向上させることも多い。 例えば、定番バックアップ製品で...(2016/10/18 提供:ベリタステクノロジーズ合同会社)

レポート
BCP対策の弱点はどこか? “復元力”を検証するレジリエンシーフレームワーク
 BCP(事業継続計画)の検証に役立つモデルとして、最近注目されているのが「レジリエンシーフレームワーク」だ。レジリエンシーは、自然災害や破壊的なセキュリティ侵害に遭った後、組織が素早く元の状態に戻る能力のことを指すが、広義のレジリエンシーフレームワーク...(2016/10/17 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
「可用性への投資」の理想と現実――意思決定者への調査で分かったこと
 現在、ビジネスの変革の中心にいるユーザーに共通する特徴として、ミッションクリティカルなアプリケーションやデータに24時間365日アクセスできる環境を求めることが挙げられる。そのため、多くの企業が可用性向上のために投資を続けているが、そのほとんどが十分な効...(2016/7/22 提供:Veeam Software Japan 株式会社)

製品資料
基幹業務システムのクラウド移行、俊敏性と信頼性を最大化するポイントは?
 クラウドは既にIT環境の効率化に欠かせない技術となっているが、現在も重要なワークロードの多くは、クラウドが登場する以前に導入されたものだ。従来のホスティング環境がクラウドの俊敏性とコストメリットを十分に発揮できない理由の1つも、このようなレガシーワーク...(2016/10/31 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
仮想環境のバックアップ、エージェント方式やVADP方式の課題を解消するには?
 基幹データの損失は企業に甚大な影響を及ぼすため、多くの企業がデジタルデータの“最後の砦”としてバックアップを実施している。しかし、仮想化環境の場合では、データ保護方式に一長一短があるため、十分なバックアップサービスを提供できないケースがある。 例えば...(2016/8/29 提供:ノックス株式会社)

レポート
x86サーバだけが解ではない――Linuxサーバを活用したくなる10の理由
 現在、あらゆる組織で売り上げ、収益率、顧客サービスの向上に向けてITが活用されている。しかし、企業や政府機関の多くで、実務能力に制約をかけるようなITインフラを採用してしまっているケースが散見される。これは、IT管理者が持っているサーバプラットフォームに対...(2016/8/23 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
データ保護戦略で遅れが目立つ日本企業――18カ国の調査で最低レベル
 業務の継続性を維持するために重要なデータ保護戦略。この成熟度について世界18カ国の企業や公共機関を調査したところ、日本は世界に比べて「遅れている」ことが判明したという。日本で先進的な取り組みをしている企業はわずか1%で、18カ国中17位の結果だった。 11の...(2016/8/8 提供:EMCジャパン株式会社)

技術文書
重要性が高まるアプリ実装の阻害要因とは? IDC調査から見えた傾向と対策
 ITインフラが抱える主な課題には、個々の要件に逐次対応したことで生じたサイロ化、データ保護機能やディザスタリカバリ製品のレガシー化による安全性の低下、マルチハイパーバイザー環境による複雑化などが挙げられる。従来のインフラ重視、アプリ軽視の姿勢を大きく変...(2016/4/13 提供:ニュータニックス・ジャパン合同会社)

Loading