TechTargetジャパン

技術文書
「IIJ GIO」と「Azure」の連携能力は本物? SAPシステムのDRサイトで徹底検証
 Microsoftとの強力なパートナー関係の基、「Microsoft Azure」(以下、Azure)と連携させたマルチクラウドサービスの提供を行う「IIJ GIO」。両サービスを組み合わせたソリューションには多くの実績があり、Azureのハイブリッドな活用を目指す企業の有力な選択肢となっ...(2017/7/24 提供:株式会社インターネットイニシアティブ)

技術文書
いまさら聞けない? ハイパーコンバージドインフラ完全解説ガイド
 テクノロジーの急速な変化に伴い、企業は仮想化技術や最新ソリューションを導入してきた。それに伴ってサーバやストレージが強化された一方で、ITインフラが複雑化してしまうケースも珍しくない。コストを削減しながら効率的に運用できるITインフラを目指す企業にとって...(2017/9/11 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

講演資料
BCPは業務部門とIT部門の協働が鍵、クラウド時代の事業継続計画
 実効力のあるBCPを実現するには、近年のテクノロジーやシステム構成の変化に加えて、環境や災害が及ぼすリスクの変化も考慮し、有事においても確実にシステムを立ち上げ事業を継続できる対策を取らねばならない。その際に課題となるのが、業務部門とIT部門の間に生まれ...(2016/11/30 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
バックアップは最後の砦、RTOの極小化を目指すためのBCP/DR基盤の作り方
 企業の基幹データが損失した際の影響は、信用失墜、ブランドイメージの悪化、顧客離れ、損害賠償、復旧費用など多岐にわたる。しかし、人為的ミスやソフトウェアの誤操作、ウイルスやマルウェアによるセキュリティ脅威、広域災害、ハードウェア障害など企業活動の日常に...(2015/6/10 提供:ノックス株式会社)

レポート
仮想環境向けデータ保護ソリューションの選び方――実地テスト結果で検証
 VMwareやHyper-Vを用いてサーバ仮想化に取り組む企業は多いが、高度に仮想化された環境において、仮想マシンのバックアップ、データリカバリに課題を感じる企業は多い。災害対策における復旧目標値(RTO/RPO)の改善のため、データストア内の仮想マシンを対象にしたス...(2016/10/17 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
業務継続性の10の落とし穴、システム停止時間を最小化するための指針とは?
 最新のHA(High Availability)技術は、アプリケーションとデータの変更を遠隔地のサイトに、継続的に転送し続ける。地震、停電、ソフトウェアのインストール不具合など災害や障害が発生すると、遠隔地のシステムに自動的に、瞬時にフェイルオーバーする。 従来、HA技...(2015/7/31 提供:arcserve Japan合同会社)

製品資料
ハイパーコンバージド完全ガイド――高まるITインフラへの要求と新たな選択肢
 IT部門にとってインフラは手間を割くべき対象ではなく、業務アプリケーションやサービス提供により多くの時間と予算を使うことが求められている。しかし、だからこそインフラへ求められる水準は高まる一方であり、手間はかけられないが解決すべき課題も多いという苦しい...(2017/10/31 提供:株式会社ネットワールド)

レポート
サーバ仮想化の隠れたデメリット、データ保護の効率低下はどう解消する?
 サーバ仮想化によりリソースの効率化や運用コストの削減を目指す企業が増えているが、それにより新たな問題が生じることもある。その代表例が、高度な仮想環境になることでデータの保護とリカバリの効率が低下するケースだ。 これについてIT調査会社のESGは「従来のバ...(2016/7/7 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
クラウドによるDR対策、3つのソリューション
 東日本大震災以降、事業継続/災害対策を最優先課題とする企業が増加したが、十分な対策が取れている企業は少ない。その主な理由は「効果や必要性が不明瞭で検討が進まない」「有事に大きなコストをかけられない」「コストや手間からテープバックアップ以上の対策が立て...(2015/2/20 提供:富士通株式会社)

製品資料
仮想システムも数クリックで保護、中小企業向け統合バックアップ製品の実力は?
 現代の企業におけるITインフラはハイブリッド環境に移行しており、68%の企業が物理サーバ、仮想サーバ、クラウドサーバを組み合わせて活用しているという。中小規模の企業やSOHOにおいても、仮想インフラはもはや当たり前の存在となっている。 ハイブリッドなITインフ...(2017/10/27 提供:アクロニス・ジャパン株式会社)

製品資料
バックアップ基礎解説:オールフラッシュ時代のデータを保護する4つのポイント
 企業で管理と保護が必要なデータ量は年間40%のペースで増加しているという。この環境変化に対応するとともに、パフォーマンスやIT運用コストの軽減を求めて、フラッシュストレージの導入が進んでいる。しかし、注意が必要となるのがバックアップだ。実は、従来のままで...(2017/8/28 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
「ハイパーコンバージド」徹底解説――導入前に知っておきたい重要技術
 優れた仮想化基盤として、拡張性の高いITインフラとして注目されている「ハイパーコンバージドインフラ」(HCI)。オンプレミスで、パブリッククラウドサービスと同等のスピードや運用効率を実現する手法として導入を検討する企業が増えているが、その特徴はまだ十分に...(2017/8/15 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

製品資料
アプリケーション実装の複雑性を解消、多様な要件に応える次世代インフラとは?
 IT技術の進化とともに、データセンターにおけるアプリケーション上の課題は増え続けている。パフォーマンス、可用性、拡張性、管理性能、ITインフラ、仮想化といった要件は、個々のアプリケーションで異なり、全体として最適化することは容易ではない。 特に、マルチハ...(2017/8/15 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

その他
システム保護から災害対策まで強化――バックアップ運用の統合と自動化の秘訣
 バックアップ作業はノウハウが属人化しやすいこともあり、人的エラーがしばしば発生する。そこで、バックアップの確実性と安全性を高めるために求められるのが、運用の自動化だ。加えて、増分バックアップによる全データのバックアップや、リストア後における復旧作業の...(2017/10/26 提供:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社)

製品資料
「vSphere 6.5」の新機能を徹底解説、次世代仮想化基盤の真の実力とは?
 「vSphere 6.5」は、インフラやアプリケーションのパフォーマンス、運用性を最大化できる仮想化基盤として定評を得ている。その設計は、シンプルなユーザー環境、包括的なセキュリティ、ユニバーサルプラットフォームを主眼としており、自動化と管理、新旧アプリケーシ...(2017/10/16 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
SDS専門企業だからできる「高性能&低価格HCI」の秘密とは?
 IT環境を迅速に立ち上げる方法として、近年、ハイバーコンバージドインフラ(HCI)の注目度が高まっている。HCIはSDS(Software-Defined Storage)の技術を使い、外部のストレージアプライアンスを用いず、汎用的なx86サーバ上にコンピューティング機能とストレージ機能...(2017/9/25 提供:データコア・ソフトウェア株式会社)

レポート
「投資しても止まるシステム」 可用性の投資ギャップはなぜ発生するのか?
 いつでもどこでも接続できる常時稼働のビジネス環境をユーザーに提供するため、システム管理者は、日々、アックアップ/レプリケーションの管理に取り組んでいる。しかし、仮想化が進んだ現在のシステムで、その理想を実現することはなかなか難しいようだ。 企業調査に...(2017/6/5 提供:Veeam Software Japan 株式会社)

技術文書
Nutanixの新たな選択肢、Cisco UCSで構築するハイパーコンバージドインフラ
 ストレージ、ネットワーク、サーバを個別に用意するレガシーなインフラは、サイロ化による非効率が生じやすく、拡張するためにはシステム全体をリプレースする必要があるなど、管理に手間が掛かることが問題となる。 こうした課題に対処する方法として、サーバ、ストレ...(2017/5/24 提供:ニュータニックス・ジャパン合同会社)

技術文書
最新技術を徹底解説、「Azure IaaS構築・運用・管理ガイド」2017年2月版
 「Microsoft Azure」は、Microsoftのパブリッククラウドサービスで、PaaSとIaaSの形態で提供されている。そのサービスは早いペースで進化しているため、Azureのメリットを最大限に得ようと考えるのであれば、最新の技術情報の入手は欠かせない。 そこで本コンテンツで...(2017/4/7 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
フラッシュの6つの誤解を解消、最適なフラッシュ移行を実現する実践ガイド
 多様なワークロードやアプリケーションに対応するため、多くの企業でストレージ環境が複雑化し、拡張性やデータ活用に課題を抱えている。その解消や新たなビジネスチャンスを生みだすためにフラッシュストレージが注目されている。 しかし、ビジネスリーダーの間では...(2017/9/7 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
注目機能を解説、ビジネス変化に強いハイパーコンバージドインフラの見極め方
 求められる機能の多様化・高度化に伴って、ITインフラは複雑化してきた。必要なリソースは予測が困難で、調達には常にリスクを伴う。複雑化した構成は運用者に高度なスキルを求めるとともに、導入期間も長期化しがちだ。さらに異なるベンダー製品を併用すれば、管理や拡...(2017/8/8 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

製品資料
専用ハードウェア搭載で高い圧縮率を実現、次世代VMwareハイパーコンバージドはどこが違う?
 近年、多くの企業で導入が進んでいるハイパーコンバージドインフラ(HCI)。メーカーでセットアップされた状態で提供されるため確実なサービスインができるだけではなく、容量と性能を簡単に増強できる。初期導入コスト、運用費用、データセンターコスト削減などTCOの削...(2017/8/3 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

技術文書
徹底検証:Azureを活用したSAP S/4HANAシステムのDRサイト構築
 急拡大を続けるクラウドサービス市場では、独自のメリットを売りにした多種多様なサービスが提供されている。そこで、複数のクラウドサービスのメリットを効率よく取り入れる方法として、マルチクラウドを選択する企業が増えている。 特に、ビジネスの根幹をなすSAPシ...(2017/7/24 提供:株式会社インターネットイニシアティブ)

比較資料
ハイパーコンバージド徹底比較。コスト、性能、データ保護など、優秀な製品は?
 10年以上にわたり、データセンターの変革は、フレキシブルでコスト効果の高いインフラ構築を可能とする仮想化技術を中心に進んできた。しかし、そのメリットを真に活用するためには、コンバージドインフラの進化形であるハイパーコンバージドインフラ(HCI)の登場を待...(2017/8/31 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

事例
社内100%仮想化しながらもパフォーマンスは25%アップ。使われたIT基盤は?
 レガシーなインフラを放置すれば仮想化の足かせとなってしまう。米国の大手製紙企業NewPageは、コアアプリケーションの95%を仮想化環境で運用することに成功しながら、サイロ化して融通のきかないインフラのせいで完全仮想化を実現できずにいた。この環境は維持コスト...(2017/8/28 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

レポート
徹底調査:あなたの企業は24時間365日の可用性を実現できている?
 仮想化技術やクラウドサービスの導入が進んだ現在、可用性の重要性は以前にも増して大きくなっている。それはバックアップや災害復旧(DR)計画などへの要求が高まったことだけではなく、アプリケーションの大半がミッションクリティカル、ビジネスクリティカルなものへ...(2017/6/5 提供:Veeam Software Japan 株式会社)

講演資料
IT部門の理想像は「社内サービスプロバイダー」、柔軟な仮想マシンの提供が鍵に
 アプリケーションの急増とハイブリッドIT需要の高まりによって、IT部門の提供能力が追い付かないケースが生まれ始めている。仮想マシンがサイロ化して低効率・高コストな環境が生まれたり、ユーザーの需要にITが対応できなかったりすれば、逆にITがビジネスの足を引っ張...(2017/5/26 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

レポート
ランサムウェアに感染しても身代金を払わない――データ保護の5つの鉄則
 国内外で猛威を振るうランサムウェア。特に日本は2016年の被害が前年比10倍という急増傾向にあり、多くの犯罪グループから狙われている。しかし、モバイルデバイスやBYODなどユーザー環境の多様化が進んでいる上、攻撃自体も巧妙化しており、侵入を完全に防ぐことは困難...(2017/6/1 提供:株式会社ねこじゃらし)

比較資料
「ハイパーコンバージド」徹底解説――話題のNutanixを支える技術の全て
 市場が急拡大するハイパーコンバージドインフラ(HCI)。多様な技術・機能の集合体であることから、どの部分に注目すれば、より高いパフォーマンスを引き出せるのか見極めづらい面もある。そこで、主要製品のアーキテクチャや管理ツールなどを解説する。 まず注目した...(2017/2/1 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

技術文書
レガシーからの脱却――ハイパーコンバージド完全ガイド
 近年、IT部門にはインフラよりもアプリケーションやサービスに対して時間と予算を割り当てることが求められるようになっている。しかし、そのことがインフラへの要求をさらに高め、問題の増加を招くという皮肉な状況が生じている。 この悪循環を生んでいるのが、ストレ...(2016/12/14 提供:ニュータニックス・ジャパン合同会社)

Loading