TechTargetジャパン

技術文書
Visual Basic 6.0アプリケーションのビジネスプランニングガイド
 このホワイトペーパーは、ビジネス意思決定者、最高情報責任者、最高技術責任者、最高経営責任者、およびプロジェクトのスポンサーが、Microsoft Visual Basic 6.0プラットフォームを基盤とする特注システムの今後のサポートと方向性を計画する際のガイドとなることを目...(2010/10/4 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
超高速開発ツールの実力は? ノンコーディングで構築できる4種のアプリ
 モバイルやクラウドとの連携、OSの多様化などにより、アプリケーション開発現場では「変化に対応できる柔軟性」と「生産性の向上」という2つの重要課題に直面している。しかし、この頭の痛い問題も、設計・実行エンジン型の超高速開発ツールが解決してくれるかもしれな...(2017/2/1 提供:マジックソフトウェア・ジャパン株式会社)

技術文書
「光ファイバー認証試験」実践ガイド:基礎から分かる高速回線の高確度測定と診断
 モバイル機器の普及やビデオ情報の高精細化などが進んだことにより、光ネットワークの伝送レートも10Gbpsから40Gbps、100Gbpsへと高速化を続けている。それに伴い、光ファイバー認証試験への要求もかつてないほど厳しいものとなりその重要性も増している。 特に光ファ...(2016/12/15 提供:株式会社 TFF)

技術文書
なぜ、30年も使われ続けるのか!人気の開発用ソフトウェアでできることとは?
 30年変わらずに使われつづけるソフトウェアは珍しい。グラフィカルプログラミング構文を用いた「LabVIEW」 は、30 年にわたり、高度なテスト、計測、制御アプリケーションの開発用ソフトウェアとして、多くの技術者や研究者に使用されてきた。本資料では、グラフィカル...(2016/8/31 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

事例
インダストリアルIoT、状態監視でビジネス機会の損失をなくす?【事例で学ぶ状態監視】
 重要設備の稼働停止によるビジネス機会の損失を防ぐために、設備保全は極めて重要である。一方、保全作業の大半は定期巡回による計測作業であることから、保全コスト削減の妨げになっている。その解決策が、IoTの概念をベースにした「オンライン状態監視」であり、いち...(2016/8/31 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

比較資料
「次なる40億人」が決めるクラウドベンダーの勝者と敗者
 クラウドコンピューティングを語るには、成長と変容を続けるインターネットの現在を見わたすことが不可欠だ。飽和する既存ビジネスの外側で急速に育つ新サービスが、既存ビジネスの生存域を狭めていく様を直視する必要がある。 クラウドがインターネットの成長を乗っ取...(2016/6/28 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
測定の効率をあげるBenchVueソフトウェア
 BenchVueソフトウェアなら、機器の設定、測定、データ保存、ロギング等の一連の測定作業をPCから操作できるのはもちろん、繰り返し測定などの簡単なテストシーケンスもテストフローアプリケーションを使って実現できる。基本プラットフォームは無償、Proバージョンはラ...(2016/4/25 提供:キーサイト・テクノロジー合同会社)

事例
三菱重工業やOlympicのスマートデバイス活用を支える長期安定運用の仕組み
 タブレットやスマートフォンなどのスマートデバイスを活用してペーパーレス化や業務の見える化を目指す企業にとって、大きな課題は開発生産性とメンテナンス性だ。基幹系システムやクラウドとの連携、大量のデータ処理が必要となる場合もある。そうなればアプリケーショ...(2016/4/8 提供:株式会社オープンストリーム)

事例
Liイオン電池保護用ICのデモ環境構築、従来比1/10の小型化で実現したミツミ電機の販促成功事例とは
 ミツミ電機では、激化する市場競争の中で、リチウムイオン電池向け保護用ICの営業支援活動として、顧客を訪問し、実際にICを動作させるデモンストレーションを重要視している。 しかし、これまで、デモンストレーションを実施するには、電源装置やマルチメータが複数台...(2016/3/31 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

製品資料
業務の現場から“超高速”開発ツールでシステムが生み出されることの意味
 米国の調査会社ガートナーは「ペース・レイヤー」という考え方を提唱している。アプリケーションを変更頻度で3つのレイヤーに分類し、レイヤーごとに管理とガバナンスのプロセスを定義するものだ。業務アプリケーションでは、イノベーティブで実験的な「革新システム」...(2016/2/4 提供:マジックソフトウェア・ジャパン株式会社)

技術文書
Arduinoで電子工作をはじめよう!全12回連載まとめ
 「アイデア・ハック!! Arduinoで遊ぼう」の全連載12回をまとめ読み!【目次】 (1) お手軽モノづくり体験 ――「あったらいいな」をArduinoでカタチにしてみよう! (2) 親子で楽しむ夏休み自由研究 ――2つのLEDで「アニメシアター」を作ろう! (3) 厳しい残暑を「熱中...(2016/1/5 提供:アイティメディア株式会社)

事例
IoTの普及をリードする「オンライン状態監視」- 予期せぬ設備障害を防ぎ、ビジネス機会の損失を無くす
 重要設備の稼働停止によるビジネス機会の損失を防ぐために、設備保全は極めて重要である。一方、保全作業の大半は定期巡回による計測作業であることから、保全コスト削減の妨げになっている。その解決策が、IoTの概念をベースにした「オンライン状態監視」であり、いち...(2015/12/15 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

レポート
統計調査で見えた4つの傾向:互いの手口を模倣するサイバー犯罪者とAPT攻撃者
 サイバーセキュリティが社会で問題視される中、組織に求められているのはセキュリティ侵害に対する認識を変えることだ。恐怖や屈辱をもたらす対象と捉えるのではなく、「現実のビジネス上の課題」と見なして必要な対策を講じる必要がある。 本書では、セキュリティ専業...(2015/10/13 提供:ファイア・アイ株式会社)

事例
富士重工業社、ECUテスト時間を1/20に短縮。−ほか、自動車業界テスト・計測・組込制御事例
自動車業界では、多くの企業が、増加する複雑なエレクトロニクス、さらなる安全性への要求、そして、市場投入までの時間短縮といった課題に取り組んでいる。国内外の自動車OEMやメーカーが、HIL(Hardware-in-the-Loop)テスト、車載データロギングなど、さまざまなアプリ...(2015/9/4 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

技術文書
産業用ネットワークの基礎「ORiN 入門編」
 つながる――。それは現代社会において、当たり前の環境となっている。 パソコンや携帯電話端末、家電製品などつながる領域は増すばかりだ。この「つなげよう」という流れは工場(FA機器)においても広がりを見せている。新たに「つながる工場」を実現することで、従来...(2015/8/3 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
高度な工学技術計算ができる無償ソフト「FreeMat」をインストールしよう
 運動音痴なスポーツ選手がいないように、エンジニアにとって数学は、好き嫌いは別として、ある程度使いこなせることが必須である。 幸いなことに、最近のコンピュータ技術の進歩により、以前は、紙と鉛筆で計算せざるを得なかったものがエンジニアリングソフトにより...(2015/7/21 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Kinect センサーによるアプリケーション開発のための“超”入門
 「Kinect for Windows センサー」によるアプリケーション開発のための“超”入門。 本格的な開発を始める前に絶対に知っておきたい、Kinect for Windows センサーの特長やXbox 360版との違い、開発時の注意点、応用例などをまとめて紹介する。(2015/6/5 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
デスクトップコンピューティング2020戦略ガイド
 「デスクトップコンピューティング」の概念が大きく変わろうとしている。もはや、Windows環境だけを管理すればよい時代は終わったのだ。マルチOS、マルチデバイスはもとより、クラウドとの統合も視野に入れて従業員のデスクトップ環境をサポートしなければならない。 ...(2015/6/24 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
VB 6.0のプログラム資産をモバイル対応に変身させるには?
 格差社会といわれる21世紀には、ITを活用する企業とそうでない企業でも「格差」が生まれそうだ。格差を生む懸念点の1つが、Microsoft Visual Basic 6.0(以下、VB 6.0)で開発されたプログラム資産だ。VB 6.0はリリースから17年目になるが、いまだに使われ続けている。(2015/2/6 提供:日本ネクサウェブ株式会社)

製品資料
『開発と運用』双方の視点から提唱Webアプリケーション開発フレームワーク
爆発的な拡大を見せているクラウド&モバイル。データをいつでもどこでもどのデバイスでも持ち運ぶという概念がWebアプリケーション開発のあり方に対して大きな影響を与えている。本資料ではこうしたIT環境を踏まえ「Webアプリケーション開発者の視点」と「Webアプリケー...(2014/2/25 提供:グレープシティ株式会社)

技術文書
Office環境移行時に役立つOfficeテレメトリダッシュボード活用ガイド
 Officeテレメトリダッシュボードは、組織内で利用されているOfficeドキュメントやアドイン、Officeソリューションなどの利用頻度などのイベントを表示することができるExcel 2013ブック形式の互換性監視フレームワークだ。Officeテレメトリダッシュボードを活用すること...(2014/11/20 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
「クラウド上のOffice」でインストール時の管理負荷を軽減
 これまでOffice製品の展開には、Windowsインストーラ形式が使用され、インストールポイントの作成から展開するためのソフトウェア配信サーバの構築まで、IT管理者にはさまざまな事前準備の必要があった。また、既存のOfficeバージョンとの共存ができないことから、互換...(2014/11/20 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
【保存版】Microsoft SQL Server 2014移行ポイントガイドブック
 Windows Server 2003およびWindows Server 2003 R2 の延長サポート終了が、2015年7月14日に迫っている。本資料は、Windows Server 2003 のサポート終了 (End of support:EOS) に備えて、SQL Server 2000、2005および2008で作成したデータベースや各種コンポーネントをWi...(2014/10/29 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
ソーシャルメディアからも入り込むマルウェア、その対策は?
 Webは多くの組織にとって必要不可欠だが、そのために危険な環境になった――ガートナーのアナリストはそう述べる。 近年、サイバー攻撃はより巧妙になりつつある。これまではファイアウォールなど“高い壁”で守れただろう。その壁を超えるため、マルウェアはソーシャ...(2014/10/3 提供:マカフィー株式会社)

レポート
5年後の業務アプリケーション開発はどうなっているだろうか
 業務アプリケーション開発者のための技術情報サイト「業務アプリINSIDER」で実施したアンケートの結果資料。開発の現状や今後の方向性、習得したい技術などについて現場の意見が集まった。 現在、C/SやWebアプリなど提供方法の違いはあるが、その多くが「ユーザーの業...(2013/4/22 提供:グレープシティ株式会社)

技術文書
PXI の強み
 ナショナルインスツルメンツのPXIはテスト、計測、制御のためのPCベースの業界標準プラットフォームである。70社を超えるベンダが提供する1,500種類以上の製品に対応している。 ナショナルインスツルメンツのPXI製品なら450種類を超えるモジュールがそろっており、高分...(2012/12/10 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

製品資料
クライアント環境管理の5つの要件──デバイス多様化・グローバル化への対応
 在宅勤務やモバイルワークの推進、グローバル化による海外オフィスや現地雇用者の増加などを受けて、企業のクライアント環境は多様化している。しかし、それらのクライアント環境を管理する視点では、スマートフォンやタブレットなどの新しい端末への対応、海外拠点への...(2012/12/13 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
Office 2010導入完全ガイド
 「Microsoft Office 2010」を組織内で利用する際には、以前のバージョンとの混在期間におけるファイルの互換性や進化したセキュリティなどの新機能をはじめ、あらかじめ考慮すべき事項が幾つかある。Office文書は業務現場で頻繁に利用されるため、IT部門としては業務現...(2012/11/19 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
Windows 8がデスクトップアプリ開発に与える影響とその対応
 Windows 8が登場しタッチ操作に最適化されたWindowsストアアプリ(旧称Metroスタイルアプリ)が注目されているが、従来のWindowsアプリケーション(デスクトップアプリケーション)が、どう対応するかも重要である。 スタートメニューの有無などが注目され、Windows 8...(2012/11/26 提供:グレープシティ株式会社)

製品資料
地図システム導入は難しい!?位置情報を活用する業務システムで選ばれ続けるツールとは
 スマートフォンやタブレットの普及により、手軽に位置情報を利用することができるようになった。そして、普及と同時に位置情報の業務への活用に注目が集まってきた。位置情報を使って業務効率をUPしようと、多くの人が一度は考えた事があるだろう。 ところが、実際は...(2012/11/30 提供:インクリメント・ピー株式会社)

Loading