「テレワーク急増でExcelツールが使いにくくなった」らどうする?“脱Excel”か“活Excel”か

コロナ禍をきっかけに社内のVPNやVDIがつながりにくくなり、それまで社内のファイルサーバで共有していたExcelツールの使い勝手も悪くなる問題が浮上しています。どのような解決策があるのでしょうか。

2021年01月05日 05時00分 公開
[村山 聡]

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)をきっかけに、今後は在宅勤務などのテレワークを前提とした人事制度やオフィスの設計、ITインフラを見直す機運が高まると考えられます。テレワークをする場合、リモートアクセスに関しては「VPN」(仮想プライベートネットワーク)や「VDI」(仮想デスクトップインフラ)などを利用することになります。

 往々にしてテレワーク時のネットワークはオフィスと比べると十分とは言えず、通信速度や安定性といった接続品質の問題で社内システムが使いにくくなってしまうケースがあります。例えば社内サーバに置いてある「Microsoft Excel」の自作ツール(以下、Excelツール)が、出勤時は問題なく使用できるのにテレワーク時は十分に稼働しなくなる、といったトラブルが起こり得ます。どのように解決すればいいのでしょうか。

テレワークにおけるExcelツール運用の問題点

 VPNは社外からのリモートアクセス手段としては一般的で、従来は営業職など一部のテレワーカーを想定して普及していました。しかしコロナ禍で従業員の大多数がテレワークに移行すると、VPNにアクセスするユーザーが急激に増加します。それが原因で、社内システムへのアクセスに支障を来す場合があるのです。

 問題はVPNへのアクセス集中だけではありません。他にも、

ITmedia マーケティング新着記事

news183.jpg

TikTokマーケティングの最適解へ スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団M2DKと業務提携
スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団であるM2DKと業務提携。生活者に向けて訴求...

news145.jpg

3D空間メディアのマーケティング効果を測る新指標「ブランドイマーシブタイム」とは?
電通と電通グループ、電通デジタルは、3D空間メディアが与えるマーケティング効果を測る...

news098.jpg

米炭酸飲料市場2位に躍進――ドクターペッパーがペプシ超えを成し遂げたすごいマーケティング【前編】
140年の歴史を持つ炭酸飲料ブランドのDr Pepperは、いかにして米国でナンバー2のソフトド...