TechTargetジャパン

製品資料
クラウドストレージからの情報漏えいも防止、CASB搭載ネットワークDLPの実力は
 企業のIT環境がクラウドに広がったことで、セキュリティ対策も変化を求められている。ネットワークを介して重要データを保存するケースが増え、エンドポイントから先のネットワークのデータ送受信や、クラウド内での挙動をチェックしなければならない。 そこで注目され...(2017/3/31 提供:クロス・ヘッド株式会社)

製品資料
ワンランク上のWebサービス基盤に必要な「3つの機能」――競合製品との比較検証
 顧客や取引先、従業員向けにモバイル対応のWebサービスを展開し始め、トランザクションの急激な変化への対処に追われる企業が増加している。さらには本社を含めた複数の拠点でのデータ分析ニーズに応えるため、Webサービスによって独自の分析基盤を展開したり、新しいマ...(2016/9/7 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
モダンで堅牢な従業員/カスタマーサイトを直感的な操作で構築
 近年は社内向けポータルや顧客向けWebサイトで、さまざまなサービスやアプリケーションが提供されている。これらを利用するユーザーは、より多くの機能を活用したコラボレーションや情報共有を求める一方で、複数のID/パスワードの使い分けのような面倒なことは避けた...(2017/1/27 提供:株式会社イージフ)

レポート
技術者への「次世代ファイアウォール」入門
 企業ネットワークに押し寄せる新しいセキュリティ脅威の標的は、「ファイアウォール対応」アプリケーションやアプリケーション層の脆弱性に及び、従来のファイアウォールでは企業ネットワークを十分に保護できなくなっている。単一機能のアプライアンスの組み合わせは...(2016/10/12 提供:パロアルトネットワークス株式会社)

製品資料
ECアプリの優先順位付けで顧客転換率を向上、Webサービス基盤構築に必要な条件
 Webサービスが競争力の源泉となっている企業にとって、パッケージソフトやSaaSなど“既成品”を利用して新規サービスを展開することは、将来的にスピードや柔軟性の面で機能の制約を設けることにつながる。サービスを他社に先駆けて提供するためには、その開発力でしの...(2016/9/7 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
ネットワーク技術者の残業を劇的に減らすネットワーク仮想化の方法とは?
 仮想化やクラウドの進展で、ネットワークエンジニアの負荷が一気に増加したのは、従来のネットワークアーキテクチャがそのまま温存された状態で、アプリケーションの可用性が求められるようになったからだ。トラフィックが従来の数倍にも跳ね上がる仮想環境を、物理的に...(2016/9/6 提供:ジュニパーネットワークス株式会社)

レポート
クラウドを進化させるネットワーク構築「5つのポイント」
 ハイブリッドクラウドを運用する多くの企業にとって、次なる目標はネットワークの仮想化だ。この動きは、本社だけでなく全拠点でクラウドシステムの利用が進み、モバイルやSNS、ビッグデータ分析などの用途が広がることで、ネットワーク運用にさまざまな課題が増えてき...(2016/8/26 提供:ジュニパーネットワークス株式会社)

技術文書
今更聞けない、「クロスサイトスクリプティング」とは何か?
 Webはクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性をなくすことができずにいる。 1990年代ごろからWebサイトを脅かし続けているのが、クロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性だ。攻撃者が悪質なクライアントサイドコードをWebページに仕込んでセキュリティを破...(2016/6/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

レポート
誰でも分かる「次世代ファイアウォール」入門
 企業ネットワークに押し寄せる新しいセキュリティ脅威は、かつてないほど急速な広がりを見せている。次第にその標的が「ファイアウォール対応」アプリケーションやアプリケーション層の脆弱性に及びはじめ、従来のファイアウォールでは企業ネットワークを十分に保護でき...(2015/10/15 提供:パロアルトネットワークス合同会社)

講演資料
新しいデータベースチューニングの方法論まとめ 〜最新技術と評価資料〜
 システム全体のスループットを高める必要があるデータベースシステムの性能改善では、SQLチューニングなどのソフトウェア的な対策に加え、構成するハードウェア全体をバランス良く性能向上させていく必要がある。 高速なI/Oを特徴とするフラッシュストレージが普及期を...(2015/10/7 提供:TechTargetジャパン 広告企画)

レポート
モバイルアプリ開発時の4つの指針、「対処・採用すべきこと」の手引書
 スマートフォンやタブレットなどモバイルデバイス用のアプリは新規開発、既存アプリの修正を問わず、需要はますます高まっている。このため、企業はモバイルアプリの開発コストや保守、品質、セキュリティなど、より戦略的な問題に十分取り組む余裕がなかったといえる。(2015/8/5 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
Web 2.0で変わるWebプログラミングの常識(上)
 Webにおける新たなテクノロジーやサービスを総称する「Web 2.0」。Web 2.0を支えるテクノロジーの1つである「Ajax」について、その概要や基本的な仕組みをサンプルとともに解説していく。 Webアプリケーション開発において、Ajaxはどのような場面で利用できるのか。具...(2008/7/22 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
BPMの教科書──基本からソーシャル機能を取り込んだ最新手法まで
 BPM(ビジネスプロセスマネジメント)は、古くて新しい経営改善の手法だ。以前から企業は業務プロセス、つまり仕事の手順の改善に取り組んできた。しかし組織が巨大化し、ビジネスの多様化が進み、財務会計のルールが複雑化するにつれ、業務プロセスの改善はプロジェク...(2015/4/10 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
総合研究大学院大学の全国18カ所の「広域」学内ICT基盤を実現する仮想化技術
 神奈川県葉山市に位置する総合研究大学院大学は、全国18の大学共同利用機関法人が連携する大学院だけの大学で、大学としての“広域”学内ICT基盤を再構築しているのが特長だ。同学では、地理的に離れたキャンパスが全国に散在しているという特殊な大学の構造のため、一...(2015/3/5 提供:株式会社日立製作所/ヴイエムウェア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 2月18日号:実は危ない新しいスマートデバイス
 Computer Weekly日本語版 2月18日号は、以下の記事で構成されています。■拝啓、Oracle様「Oracleは顧客の信頼を失っている」 以前からOracleのライセンス戦略に批判的なNPOが、Oracle宛の公開書簡を発表。Oracleに対し、7つの要望を掲げた。アナリストも、Oracleとの...(2015/2/18 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
Notes/Dominoの「次の一手」──クラウド&モバイル時代のコラボレーション
 「クラウド」「モバイル」「ソーシャル」がコラボレーションの在り方を変えている。これまでと異なるのは、この3つの要素が連携してより大きな変化を起こしていることにある。「クラウド」によりグローバルで迅速なシステム展開が可能になり、「モバイル」がそれを利用...(2015/2/16 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
人事管理のSaaS導入を推進する5つのトレンドとは?
 グローバル化する市場、不安定な経済状況、テクノロジーの進歩、有能な人材獲得競争の激化など、ビジネスを取り巻く環境は大きく変化している。企業は、高額で柔軟性に乏しいオンプレミス型ソリューションに変わる選択肢として、より低コストで使いやすく柔軟性の高いSa...(2014/12/3 提供:ワークデイ株式会社)

技術文書
アジャイル開発時代の失敗しないアプリケーション機能テストガイド
 ソーシャルメディアを通じて新しいWeb体験をしたユーザーは、企業の提供するアプリケーションへの期待が高まっている。クラウドコンピューティング、Web 2.0、モバイル、および複合アプリケーションの導入……。現在の開発現場がこれら次々に生まれるテクノロジーやアー...(2013/9/19 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
フィルタリングで不正、不適切なコンテンツからユーザーを守れ
 インターネットへの常時接続が当たり前となった今日のビジネス現場では、オンラインリソースやアプリケーション活用が必要不可欠になっている。だが、生産性の低下、帯域幅の浪費などのデメリットも伴っている。この対策として、コンテンツフィルタリングを行い、不要な...(2015/1/23 提供:バラクーダネットワークスジャパン株式会社)

技術文書
成熟したアジャイルで大規模チーム開発を次のステージへ
 アジャイルは一過性の流行ではない。アジャイルはかつて、同じ場所で作業する小規模なチームでのみのものと考えられていたが、最近では、それぞれの環境でアジャイルの導入を検討する大規模チームが増えてきた。しかし調査によれば、従業員 1 万人以上の企業を含む、88%...(2015/1/9 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
自社Webサービスの可能性を無限に広げる「Web API戦略」の策定方法
 今日、企業は製品やサービスを多様なチャネルやデバイスで消費者に提供することが求められている。だが、最先端の技術を要する企業でも、時間やリソースの余裕がなく、単独では実現するのが困難な目標だ。 このような課題の解決策としてWeb APIでビジネスを公開するこ...(2015/1/7 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
初期設備費用0円、最短2週間で始めるコールセンター導入
 交換器(PBX)を利用した従来型のコールセンターは、高価なサーバやライセンスの費用が導入時に必要だ。特に中小企業にとってはコスト面でのハードルが高い。また、「できれば繁忙期だけ短期で利用したい」「非常時用にBCP対策も実現したい」「CRMとの連携でCS向上を図...(2014/10/17 提供:楽天コミュニケーションズ株式会社)

製品資料
高度化するWebインフラ再構築に不可欠な3要素
 当初情報発信が目的だったWebも瞬く間にインタラクティブになり、現在はクラウドをキーワードにさまざまな用途が模索され始めている。また、PC、タブレット、スマートフォンなど、その利用形態が多様化し、利用者数も拡大を続けている。ビジネスにおいても、迅速かつ革...(2014/10/3 提供:マカフィー株式会社)

技術文書
今更聞けない、「クロスサイトスクリプティング」とは何か?
 Webはクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性をなくすことができずにいる。 1990年代ごろからWebサイトを脅かし続けているのが、クロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性だ。攻撃者が悪質なクライアントサイドコードをWebページに仕込んでセキュリティを破...(2014/10/1 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

レポート
Web 2.0で変わるWebプログラミングの常識(下)
 Webアプリケーション開発において、Ajaxの技術を生かすにはどのような方法が最適なのか。Ajaxアプリケーション開発においてよく使われるJavaScriptフレームワーク「prototype.js」を使った開発手法や、AjaxをWebアプリケーションに取り込むためのフレームワークの使用法...(2008/8/4 提供:アイティメディア株式会社)

講演資料
バージョンアップ対応からの解放――ブラウザに依存しない“長寿命”Web基盤とは
 企業Webアプリケーションの運用・保守は、ブラウザのバージョンアップや脆弱性問題への対応などさまざまな課題を抱えている。Windows XPのサポート終了は記憶に新しいが、これに伴い、IE6およびIE7をサポートしないOSを使う必要に迫られ、IE6で動作させていたWebアプリ...(2014/8/20 提供:SCSK株式会社)

技術文書
「データ仮想化」で散在するビッグデータを一元化して情報資産に変える
 新しい企業システムを構築し、データベースシステムを定義した際、既存システムからデータを移行させなければ、新システムは稼働しない。だが、データ移行を実行した時点で、企業はデータの重複という問題を抱えることになる。データ移行や統合という手段ではなく、既存...(2014/8/1 提供:レッドハット株式会社)

レポート
サイバーセキュリティリスクリポート──脆弱性のトレンドと新たな攻撃手法
 過去何年にもわたって強大化してきたセキュリティ脅威への新たな認識が生まれ、セキュリティリスクへの取り組みなしでは乗り切ることのできない新しい時代が到来した。さらに、ソニー、RSA、米国郵政公社などといった大企業に対する攻撃が大きく報道され、システムの脆...(2013/2/5 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
スケールアップとスケールアウト、違いとメリット/デメリット
 サーバの処理能力を向上させるアプローチには「スケールアウト」「スケールアップ」の2つの方法がある。スケールアップ型はサーバ自体のCPUやメモリのスペックを上げて処理能力を向上させる方法で、スケールアウト型は複数のサーバで処理能力を向上させる方法だ。どちら...(2014/5/1 提供:テクマトリックス株式会社)

技術文書
もうプロキシは使わない! より効果的なWebセキュリティを検証する
 アプリケーションが進化し、新たな脅威が絶えず登場する中で、企業にとって従業員の業務効率を下げずにネットワークを保護することが困難になっている。社内外から様々なデバイスでネットワークを利用し、多くの異なるポートやプロトコルと通信する新しいアプリケーショ...(2014/4/1 提供:パロアルトネットワークス合同会社)

Loading