2009年03月05日 09時00分 公開
ニュース

みずほ情報総研、ソーシャルメディアに関する社内ポリシー策定コンサルを提供NEWS

独自に開発したソーシャルメディアに関するポリシー作成テンプレートを基に、コンサルタントが企業に応じたカスタマイズを実施。従業員がブログやSNSに接する際の基本姿勢からFAQまでを文書化する。

[TechTargetジャパン]

 みずほ情報総研は3月4日、企業が従業員向けにブログやSNS、Wikiなどのソーシャルメディアに関するポリシーを策定する際のテンプレートを開発し、同テンプレートを活用したコンサルティングサービスを開始することを発表した。

 開発したテンプレートは、同社がこれまで手掛けてきた企業のソーシャルメディア活用およびセキュリティポリシー策定コンサルティングのノウハウを集約したものであり、ソーシャルメディア利用時の基本姿勢を定めた「ポリシー」、プライバシー保護や知的財産権保護などの留意事項をまとめた「ガイドライン」、社内展開用の補足説明資料である「FAQ」から構成されている。

画像 サンプルイメージ

 同社コンサルタントが事業内容や企業風土などに応じてテンプレートのカスタマイズを行い、企業状況に応じたポリシー策定を支援する。ブログやSNSでの発言を発端としたトラブル防止や、就職前からソーシャルメディアを積極的に利用している「デジタルネイティブ世代」社員の増加を見越し、ソーシャルメディアを利用する際の基本姿勢や留意事項などを文書化・社内周知することで、情報共有やコミュニケーション活動、およびリスク管理を支援する。

 コンサルティングサービスの期間は標準で2週間程度、価格は100万円(税別)から。オプションで社内セミナーへの講師派遣などの啓もう支援サービスなども行う。

ITmedia マーケティング新着記事

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...