2007年08月31日 05時00分 公開
特集/連載

スカベンジャーを使ってQoS戦略を見直す「ベストエフォート以下」クラスを使いこなそう

WAN経由のバックアップのようなジョブは、夜間に設定しても夜のうちに終わるかどうかは分からない。こうした場合には、トラフィックをスカベンジャークラスに設定すれば、ユーザーの双方向トラフィックに影響を与えないで済む。

[Tom Lancaster,TechTarget]

 現在ではほとんどの企業が、QoS(Quality of Service)でVoIPトラフィックをサポートするように設定している。多くの場合、こうした設定はかなり前から使用されており、その基になっているQoS戦略は、以前の世代のネットワークハードウェアやWAN技術の機能によって制約されている。比較的新しい機器を持っている企業や、古いルータやスイッチをアップグレードする新しいハードウェアを評価している企業は、QoSの新しい動向を押さえておくのが得策だ。そうした動向の中でも最も注目されているものの1つが、「スカベンジャー(くず拾い)クラス」の利用だ。

 スカベンジャークラスは、CBWFQ(Class-Based Weighted Fair Queuing)で使われる任意のクラスの1つで、その呼び名は目的に由来している。「スカベンジャー」は実は技術用語ではなく、ベンダーのコマンドラインインタフェースでこの語が使われることはないだろう。スカベンジャークラスは実際には、ルータやスイッチで実装されるQoS戦略の要素にすぎない。

 スカベンジャークラスの基本的な考え方は、トラフィックのプロファイリングを行って「正常な」流量を把握し、その正常値を超えるトラフィックをマーキングして、輻輳(ふくそう)が発生した場合に破棄できるようにするというものだ。スカベンジャークラスは、主にワームやそのほかのDDoS(分散サービス妨害)攻撃への対策として利用されるが、用途はそれだけにとどまらない。

 また、スカベンジャークラスは、「ベストエフォート以下」などと呼ばれるクラスの例でもある。ご存じかもしれないが、ネットワークの世界では、「ベストエフォート」は「ベスト」というよりも「ワースト」に近い意味の用語だ。つまり、ベストエフォートクラスのパケットは、配送される保証がない。ベストエフォートクラスは一般的に、優先度が最も低いクラスなのだ。このため、それ以下のクラスという概念は、最初は分かりにくいかもしれない。

 「スカベンジャークラスを使うと、デフォルトクラスの優先度が最低ではなくなる」と考える方がいいかもしれない。ただし、これは厳密には正しくない。通常、CBWFQ方式では、トラフィックには優先度よりもむしろ重みを設定するからだ。ベストエフォート以下のスカベンジャークラスについて実際に行われるのは、割り当てる帯域の割合を最小限にすることだ。例えば、CiscoはIOSベースシステムに関して、CBWFQで1%をスカベンジャークラスに割り当てることを推奨している。もちろん、帯域の配分方針や、スカベンジャークラスに設定するトラフィックの種類によっては、より多くの帯域を割り当てるケースもあるだろう。

ITmedia マーケティング新着記事

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...