2007年09月11日 19時41分 公開
ニュース

Ipswitch、ネットワーク監視ツールの最新版「WhatsUp Gold v11」を発表NEWS

カスタマイズ可能な100種以上のレポートを備えたワークスペースを提供、50件の新規・増強フルレポートが可能

[TechTarget]

 Ipswitch Japanは9月11日、ネットワーク監視ツールの最新版として「WhatsUp Gold v11」を、9月25日より販売開始すると発表した。プレミアム版とスタンダード版が用意される。本製品は、Windows環境におけるネットワークおよびアプリケーションの監視ツール。幅広い企業規模で状況に応じた導入が可能で、高い利便性と機能性によって総所有コスト(TCO)の削減や投資回収率(ROI)の向上を実現するという。

 最新版では、管理者用のワークスペースでネットワークデータをカスタマイズ可能な100種類以上のレポートで表示し、より詳しいデータ収集とトレンド分析ができるという。また、IPv6のモニタリング機能も強化されている。価格はプレミアム版が64万8750円から、スタンダード版が49万8750円から。すべてのプランに付帯する1年間有効の「Ipswitchサービス契約」には、電話とメールによる無制限の技術サポートやシステムの更新とメンテナンスが含まれている。

関連ホワイトペーパー

ネットワーク監視 | 内部統制 | IPv6 | ROI | TCO


ITmedia マーケティング新着記事

Yahoo!広告がLINE広告と連携 「LINE NEWS」面への配信を開始
ヤフーとLINENが広告事業で初めての連携。

news019.jpg

人はなぜFacebookを離脱したくなるのか? プライバシー懸念を上回る理由
さまざまな懸念もよそに拡大する巨大SNS。一方でそこからログアウトする人々は何を思うの...

news117.jpg

化粧品の二次流通市場規模は推計1555億円――メルカリとアイスタイル調査
二次流通市場購入者の40.1%が、使ったことがない化粧品を試すための“トライアル消費”...