2007年11月22日 21時12分 UPDATE
ニュース

NEWSNEC、仮想化基盤を組み込んだブレードサーバ、3モデルを販売開始

「クアッドコア インテル Xeon プロセッサ5400番台」を採用し、最大48Gバイトの大容量メモリを搭載した「Express5800/120Bb-6」「Express5800/120Bb-d6」「Express5800/120Bb-m6」を販売開始。

[TechTarget]

 NECは11月21日、仮想化基盤を組み込んだブレードサーバ「SIGMABLADE」の新モデルを同日より販売開始した。

 今回販売開始されたのは、「クアッドコア インテル Xeon プロセッサ5400番台」を採用し、最大48Gバイトの大容量メモリを搭載した「Express5800/120Bb-6」「Express5800/120Bb-d6」「Express5800/120Bb-m6」の3モデル。また、複数の仮想化環境と物理環境を一元管理可能な統合プラットフォーム管理ソフトウェア「WebSAM SigmaSystemCenter 2.0」も同日より販売活動を開始している。

 NECは今後も仮想化技術領域での製品提供に力を注ぐ予定。「VMware ESX Server 3i」をあらかじめ本体に組み込むことで仮想化プラットフォームとして提供できるブレードサーバSIGMABLADEおよびExpress5800シリーズの2Wayラックマウントサーバの製品化を2008年度第1四半期に予定している。

関連ホワイトペーパー

仮想化 | ブレードサーバ | クアッドコア


ITmedia マーケティング新着記事

news091.jpg

インターネット広告に関するユーザー意識 8割のユーザーが情報活用に不安――JIAA調査
ユーザーのインターネットメディア・広告への意識、情報取得活用への意識、業界が取り組...

news098.jpg

BeautyTech関連アプリは浸透しているのか?――アイスタイル調べ
BeutyTech関連アプリがこの1年で浸透し始めたことが明らかになりました。

news094.jpg

日本国内に住む中国人女性のSNS利用実態――アライドアーキテクツ調査
在日中国人女性464人に聞いたSNSの利用状況と、SNSを通じて行われる情報提供の実態につい...