2007年11月22日 21時12分 UPDATE
ニュース

NEWSNEC、仮想化基盤を組み込んだブレードサーバ、3モデルを販売開始

「クアッドコア インテル Xeon プロセッサ5400番台」を採用し、最大48Gバイトの大容量メモリを搭載した「Express5800/120Bb-6」「Express5800/120Bb-d6」「Express5800/120Bb-m6」を販売開始。

[TechTarget]

 NECは11月21日、仮想化基盤を組み込んだブレードサーバ「SIGMABLADE」の新モデルを同日より販売開始した。

 今回販売開始されたのは、「クアッドコア インテル Xeon プロセッサ5400番台」を採用し、最大48Gバイトの大容量メモリを搭載した「Express5800/120Bb-6」「Express5800/120Bb-d6」「Express5800/120Bb-m6」の3モデル。また、複数の仮想化環境と物理環境を一元管理可能な統合プラットフォーム管理ソフトウェア「WebSAM SigmaSystemCenter 2.0」も同日より販売活動を開始している。

 NECは今後も仮想化技術領域での製品提供に力を注ぐ予定。「VMware ESX Server 3i」をあらかじめ本体に組み込むことで仮想化プラットフォームとして提供できるブレードサーバSIGMABLADEおよびExpress5800シリーズの2Wayラックマウントサーバの製品化を2008年度第1四半期に予定している。

関連ホワイトペーパー

仮想化 | ブレードサーバ | クアッドコア


ITmedia マーケティング新着記事

news105.jpg

ITツールの利用効果に対する実感に世代間ギャップ――Dropbox Japan調査
国内企業における創造性とITツール利用に関する実態調査です。

news035.jpg

エードット×BIRDMAN デジタルクリエイティブ界の強力タッグが目指す「広告のいらない世界」
プロデュースカンパニーとして急成長中のエードットが総合クリエイティブプロダクション...

news092.jpg

10代女子に聞いたお年玉の使い道、「貯金」「推し活」が上位に――バイドゥ調べ
イマドキの女子はもらったお年玉をどう使っているのでしょうか。