2007年11月26日 11時52分 公開
ニュース

日本コンピュウェア、アプリケーション開発ソリューションの新版を発売NEWS

SOAおよびモバイル対応アプリケーションの開発を実現する「Compuware Uniface 9.2 Application Platform Suite」を販売開始

[TechTarget]

 日本コンピュウェアは11月22日、企業向けのアプリケーション開発ソリューションの新版「Compuware Uniface 9.2 Application Platform Suite」を同日より販売開始したと発表した。

 本ソリューションは、アプリケーションの開発、更新、統合を可能にする統合開発環境。OS、データベース、ミドルウェア、プロトコルなど、さまざまなテクノロジーに対応するマルチチャネルサポートを提供する。技術の違いを意識することなくアプリケーション開発が可能なため、SOAによる既存システムの再利用とシームレスな統合、既存資産を生かした新たな業務アプリケーションの構築が容易になるとしている。

 新版ではWindows CE 5.0対応のモバイルデバイスおよびDB2 Everyplace、Oracle Database Lite、EDBのデータベースをサポート。また、Wi-Fi GPRS、UMTSやBluetoothに対応したTCPコネクタを提供する。標準価格は84万3000円(税抜き、1ユーザーライセンス)から。

関連ホワイトペーパー

SOA | データベース | 統合開発ツール | Windows Mobile


ITmedia マーケティング新着記事

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...