日本コンピュウェア、アプリケーション開発ソリューションの新版を発売NEWS

SOAおよびモバイル対応アプリケーションの開発を実現する「Compuware Uniface 9.2 Application Platform Suite」を販売開始

2007年11月26日 11時52分 公開
[TechTarget]

 日本コンピュウェアは11月22日、企業向けのアプリケーション開発ソリューションの新版「Compuware Uniface 9.2 Application Platform Suite」を同日より販売開始したと発表した。

 本ソリューションは、アプリケーションの開発、更新、統合を可能にする統合開発環境。OS、データベース、ミドルウェア、プロトコルなど、さまざまなテクノロジーに対応するマルチチャネルサポートを提供する。技術の違いを意識することなくアプリケーション開発が可能なため、SOAによる既存システムの再利用とシームレスな統合、既存資産を生かした新たな業務アプリケーションの構築が容易になるとしている。

 新版ではWindows CE 5.0対応のモバイルデバイスおよびDB2 Everyplace、Oracle Database Lite、EDBのデータベースをサポート。また、Wi-Fi GPRS、UMTSやBluetoothに対応したTCPコネクタを提供する。標準価格は84万3000円(税抜き、1ユーザーライセンス)から。

関連ホワイトペーパー

SOA | データベース | 統合開発ツール | Windows Mobile


ITmedia マーケティング新着記事

news105.jpg

Netflixの広告付きプランが会員数34%増 成長ドライバーになるための次のステップは?
Netflixはストリーミング戦略を進化させる一方、2022年に広告付きプランを立ち上げた広告...

news094.png

夏休み予算は平均5万8561円 前年比微減の理由は?――インテージ調査
春闘での賃上げや定額減税実施にもかかわらず、2024年の夏休みは円安や物価高の影響で消...

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...