2008年01月24日 18時47分 UPDATE
ニュース

NEWSNECネクサ、原価計算をサポートする「GRANDIT」アドオンモジュールを独自開発

コンプライアンス確立に必須な原価計算をサポートする「GRANDIT原価計算アドオンモジュール」。GRANDITで標準提供される各モジュールとシームレスに連携

[TechTarget]

 NECネクサソリューションズは、ERPパッケージ「GRANDIT」のアドオンモジュール「GRANDIT原価計算アドオンモジュール」を独自に開発し、1月24日より販売を開始した。

 本モジュールは、マスター連携、費用実績情報連携などにより、原価計算に必要な実データの収集機能をGRANDIT上で提供するもの。本モジュールの活用により、企業は製品、プロジェクト、サービスなどの原価を適正に把握でき、「原価計算基準」が要請する「財務諸表作成目的」の達成を実現できるとしている。

 価格は500万円(税別、SI費を含まない)で、導入には別途、GRANDIT販売、調達在庫、製造、経理の各モジュールの購入が必要となる。

関連ホワイトペーパー

ERP | コンプライアンス | 内部統制


ITmedia マーケティング新着記事

news057.jpg

男性が職場や学校、家庭で感じている「生きづらさ」について――Lean In Tokyo調べ
実は少なくない男性が生きづらさを感じているという調査結果です。

news037.jpg

2019年の消費増税前後で日本人の消費はどう動いたか――Criteo幹部が解説
若い世代を中心に増税前の消費は上昇したものの買われたのは低価格な日用品が中心。ECよ...