2008年01月24日 18時47分 UPDATE
ニュース

NEWSNECネクサ、原価計算をサポートする「GRANDIT」アドオンモジュールを独自開発

コンプライアンス確立に必須な原価計算をサポートする「GRANDIT原価計算アドオンモジュール」。GRANDITで標準提供される各モジュールとシームレスに連携

[TechTarget]

 NECネクサソリューションズは、ERPパッケージ「GRANDIT」のアドオンモジュール「GRANDIT原価計算アドオンモジュール」を独自に開発し、1月24日より販売を開始した。

 本モジュールは、マスター連携、費用実績情報連携などにより、原価計算に必要な実データの収集機能をGRANDIT上で提供するもの。本モジュールの活用により、企業は製品、プロジェクト、サービスなどの原価を適正に把握でき、「原価計算基準」が要請する「財務諸表作成目的」の達成を実現できるとしている。

 価格は500万円(税別、SI費を含まない)で、導入には別途、GRANDIT販売、調達在庫、製造、経理の各モジュールの購入が必要となる。

関連ホワイトペーパー

ERP | コンプライアンス | 内部統制


ITmedia マーケティング新着記事

news017.jpg

消費財メーカーを悩ませる「店舗」という大問題、SaaSならどう解決できる?
小売業が激動する時代の消費財メーカーにSaaSができることは何か。Salesforceの新製品「C...

news035.jpg

企業の魅力は人の魅力――電通パブリックリレーションズ「第4回魅力度ブランディング調査」
電通パブリックリレーションズ内の企業広報戦略研究所は、生活者1万人を対象とした「第4...

news023.jpg

UberとLinkedInが初ランクイン テクノロジーブランドはなぜ強い?――「Best Global Brands 2019」
世界のブランド価値評価ランキング「Best Global Brands 2019」トップ3は不動のApple、Go...