日立情報、流通BMS対応受発注EDIに出荷検品システム連携機能を追加NEWS

流通BMSに対応し、事前出荷データ作成・送信などを含む卸売業の出荷検品業務をトータルにサポートする。

2008年03月04日 19時30分 公開
[TechTarget]

 日立情報システムズは3月4日、流通ビジネスメッセージ標準(流通BMS)対応の流通業向け受発注EDI(Electronic Data Interchange)サービス「REDISuite」のメニューである卸売業向けの自社導入型サービス「JX手順クライアント提供サービス」に、サトーの出荷検品システム「大車輪 流通BMS対応版」(以下、大車輪)との連携機能を追加した。

 大車輪は、倉庫や事務所などさまざまな現場の検品業務に適合する卸売業向け出荷検品システム。大車輪とJX手順クライアント提供サービスの連携により、卸売業のユーザーは小売業からの流通BMS発注データと連動したピッキング・出荷検品、SCM(Shipping Carton Marking)ラベル印刷、検品実績データ送信などの出荷業務の効率化を実現できる。

画像 大車輪とJX手順クライアント提供サービスの連携イメージ《クリックで拡大》

 大車輪連携機能を搭載したJX手順クライアント提供サービスの価格は20万円(税込み)で、業務量の変化に応じてアウトソーシング型、ASP型サービスへの移行も可能だ。

関連ホワイトペーパー

EDI | ASP | 業務効率


ITmedia マーケティング新着記事

news135.jpg

Xが新規アカウントに課金するとユーザーはどれほど影響を受ける? そしてそれは本当にbot対策になるのか?
Xが新規利用者を対象に、課金制を導入する方針を表明した。botの排除が目的だというが、...

news095.jpg

Googleの次世代AIモデル「Gemini 1.5」を統合 コカ・コーラやロレアルにも信頼される「WPP Open」とは?
世界最大級の広告会社であるWPPはGoogle Cloudと協業を開始した。キャンペーンの最適化、...

news018.jpg

Cookie廃止で広告主とデータプロバイダ、媒体社にこれから起きることとその対策
連載の最後に、サードパーティーCookie廃止が広告主と媒体社それぞれに与える影響と今後...