2008年04月09日 20時55分 公開
ニュース

NEWS日本IBM、新サーバプラットフォームおよび対応モデル4製品を発表

Powerアーキテクチャを採用している従来のミッドレンジサーバ「IBM System i」とUNIXサーバ「IBM System p」を統合した「IBM Power Systems」を発表。そのほかPower Systemsラインアップとして4つの新製品を発表した。

[TechTargetジャパン]
画像 IBM Power 595

 日本アイ・ビー・エムは4月9日、新ハードウェアプラットフォーム「IBM Power Systems」を発表した。

 IBM Power Systemsは、Powerアーキテクチャを採用している従来のミッドレンジサーバ「IBM System i」とUNIXサーバ「IBM System p」を統合したサーバプラットフォーム。世界の約1万5000のアプリケーションが稼働する環境を実現する。小・中規模システムからHPC(High Performance Computing)まで、あらゆる規模や要件のシステム構築/統合/拡張に対応する。

 POWER6プロセッサを搭載するサーバ上で稼働するOSをIBM AIX、IBM i(旧i5/OS)、Linuxから選べる上、Powerアーキテクチャの仮想化機能「PowerVM Edition」を活用すると、LPAR(Logical PARtition:論理パーティション)により1台のサーバ内でサポートしている複数種類のOSを混在利用できる。

 また、Power Systemsラインアップとして、5.0GHzのPOWER6プロセッサと4Tバイトのメモリを搭載し、最大64コアのマルチプロセッシング(SMP)構成が可能なハイエンドモデル「IBM Power 595」、独自の冷却技術を用い、高度高速計算に特化したHPC専用モデル「IBM Power 575」、サーバ統合やアップグレード向けモデル「IBM Power 550 Express」、コストパフォーマンスの高い「IBM Power 520 Express」の4モデルを発表している。

 なお、従来の「IBM System i 570」「IBM System p 570」は、同日より「IBM Power 570」に名称変更し、今後はPower Systemsミッドレンジモデルのラインアップの1つとして提供していく。

関連ホワイトペーパー

IBM(アイ・ビー・エム) | サーバ | UNIX | HPC | 仮想化


ITmedia マーケティング新着記事

news113.jpg

新型コロナウイルス感染拡大に関する不安 「経済への打撃」が「多くの死者が出ること」を上回る
McCann Worldgroupが世界14カ国で実施した意識調査の結果、政府の対応体制が「整っている...

news145.jpg

「70歳までの就労意識」をテーマとした調査を実施――富国生命調査
長期的に働く上でのリスクトップ3は「病気」「就業不能状態」「入院」。