2008年06月25日 18時16分 公開
ニュース

アース環境サービスが新旧拠点内線網をIP統合、拠点間の通信コストを削減NEWS

OKIのIPテレフォニーサーバ「IP CONVERGENCE Server SS9100 Type M」を中核としたIPテレフォニーシステムを構築。IPビジネスフォン「IPstage MX/SX」とのSIP連携を可能にしている。

[TechTargetジャパン]

 沖電気工業(以下、OKI)は6月25日、トータルヘルスケアサービスのアース環境サービスにIPテレフォニーシステムを納入したことを発表した。本システムはOKIウィンテックが設計、構築を行い、2008年3月より稼働を開始している。

 アース環境サービスでは、既設のPBX(内線交換機)や内線電話端末といった社内資産を有効活用しながら全国28カ所に上る拠点間の通信コスト削減を目指し、内線電話のIP化を進めてきた。今回、稼働を開始したシステムは、本社に新たにOKIのIPテレフォニーサーバ「IP CONVERGENCE Server SS9100 Type M(以下、SS9100 Type M)」を導入し、新設の4拠点に導入したIP/モバイルビジネスフォン「IPstage MX/SX」とのSIP(Session Initiation Protocol)連携を可能にしたIPセントレックスシステムとして、ユニファイドコミュニケーションを実現するインフラを整備したもの。また、従来IP化を進めてきた拠点との通信は、OKIのSIP対応VoIPゲートウェイ「BV8000 IWG」を導入し、従来のH.323プロトコルとSIPとのプロトコル変換を行うことにより、既設のVoIPゲートウェイを活用しながら現状の通信インフラの環境も維持している。

画像 アース環境サービスのIPテレフォニーシステム構成図《クリックで拡大》

 今後アース環境サービスでは、拠点ごとに点在する従来型のPBXのリプレース時期に合わせ、順次端末のIP化やSS9100 Type MとIPstage MX/SXのSIP連携を拡大していく予定だ。

関連ホワイトペーパー

VoIP | IP電話


ITmedia マーケティング新着記事

news122.jpg

「ペプシチャレンジ」で煽られて焦ったコカ・コーラの“痛恨のやらかし”とは?
長年の間「コーラ戦争」を続けてきたCoca-ColaとPepsi。マーケティング施策でも切磋琢磨...

news149.jpg

デジタル化する顧客体験に関する消費者と企業の認識ギャップ――ナイスジャパン調査
問い合わせの初動としてインターネットやFAQ検索をする人が約8割。デジタルチャネルによ...

news042.jpg

気象データは近未来のデータ 予測に基づき「役に立つ」広告を届ける
気象データを活用することでどのような広告コミュニケーションが可能になるのか。海外の...