2008年09月05日 19時09分 公開
ニュース

KDDI、日本・ロシア間を結ぶ640Gbps光海底ケーブルの運用を開始 NEWS

Rostelecomと共同建設した日本・ロシア間光海底ケーブルRJCNの運用を9月6日より開始。Rostelecomのロシア横断WDMネットワークとの接続により、日本・欧州間を最短ルートで結ぶ。

[TechTargetジャパン]

 KDDIは、ロシアの長距離通信事業者Rostelecomと共同建設した日本・ロシア間光海底ケーブル(Russia‐Japan Cable Network、以下RJCN)の運用を9月6日より開始する。

 RJCNは、日本・ロシア間を接続する回線容量640Gbpsの光海底ケーブルネットワーク。南北の2ルート構成により、一方に障害が起こっても瞬時に自動復旧するセルフヒーリング機能を有している。KDDIは、RJCNとRostelecomが所有する大容量のロシア横断光波長多重(WDM:Wavelength Division Multiplexing)ネットワークをシームレスに接続し、日本・欧州間を従来のインド洋経由や米国経由のルートと比較して最短ルートで結ぶことになる。これにより、伝送遅延は約30〜50%改善され、金融取引のディーリングなどで求められるリアルタイム双方向通信や大容量コンテンツの高速伝送などの用途に、これまで以上に品質・信頼性の高い通信サービスを提供するとしている。

 RJCNを利用したサービスとしては、9月6日より国際専用線サービス、2009年1月より日本を含むアジア諸国と欧州との間で、低遅延のレイヤー2サービスを提供するGPEN(Global Powered Ethernet Network)サービスを提供。また、2009年1月に「KDDI Global IP-VPN」の伝送路に本ルートを追加予定。これにより、アジア・欧州間で低遅延で冗長性の高い回線サービスを提供できるようになるとしている。

関連ホワイトペーパー

VPN | データ通信


ITmedia マーケティング新着記事

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...

news014.jpg

マーケティング担当者を消耗させる「商品情報」の取り扱い どうすれば解決できる?
デジタルマーケティングに携わる人にとって頭痛の種になりがちなのが、商品情報に関する...

news165.jpg

日本のデジタル広告はビューアビリティーが低くフラウド率が高い――IAS調査
日本におけるモバイルWeb環境のアドフラウド率はディスプレイで2.3%、動画で2.9%に達し...