2008年11月19日 09時00分 公開
ニュース

ウィルコムが1回線同時23通話可能なPHS内線接続サービス、月額3万1500円でNEWS

オフィスのPBXとウィルコムのPHS間を内線番号で発着信できる定額料金サービスを拡充。PRI回線を利用することで1回線で同時23通話が可能になった。

[TechTargetジャパン]

 ウィルコムとウィルコム沖縄は11月18日、モバイル内線ソリューション「W-VPN」を拡充し、新たに「PRI専用回線サービス」を提供すると発表した。11月20日から受付を開始する。

 W-VPNは、オフィスのPBX(内線交換機)とウィルコムの専用ネットワークを専用回線で結ぶことで、ウィルコムのサービスエリア内であれば、PHS端末で内線番号での発着信を可能とするFMC(Fixed Mobile Convergence)サービス。PHS間の通話は定額料金で利用でき(内線網・PHS間は無料)、外出など不在の場合が多い社員への取り次ぎが不要なため、通話料金を削減しながら業務を効率化できる。

photo W-VPNサービス概要

 これまでは1回線につき同時2通話が可能なISDN BRI(基本インタフェース)専用回線サービスを提供していたが、今回新たに、1回線同時23通話が可能なISDN PRI(一次群インタフェース)専用回線サービスを提供開始する。従来よりも1回線当たりで利用できる同時通話数が増えるため、大規模の企業においても低コストでPHSを内線として利用できる。月額料金は3万1500円(税込み)。

 W-VPNを利用するためには、ウィルコム定額プラン、もしくはウィルコムビジネスタイム定額トリプルプランへの加入、W-VPN内線オプションの契約などが必要となる。

「W-VPN」サービス料金
サービス(1回線当たり) 月額料金(税込み) 初期費用(税込み)
PRI専用回線(23ch) 3万1500円 6万3000円
BRI専用回線(2ch) 5250円 1万500円
W-VPN内線オプション 315円 1050円

関連ホワイトペーパー

VPN | ISDN | 業務効率


ITmedia マーケティング新着記事

news088.jpg

Amazon最強伝説を検証する
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news041.jpg

TwitterとShopifyが提携 米国のマーケターが熱視線を送る“ソーシャルコマース”とは?
TwitterはShopifyとの提携により、米国においてEC機能を拡張する。

news103.jpg

脱Cookie時代にデジタル広告が取り戻すべきものとは?
インターネット黎明期からデジタル広告の市場創造に携わってきた著者が今、気象データの...